20180104-01_研究会04・サイエンスカフェ61-チラシ

Published on 1月 1st, 2018 | by サイエンスらいおん事務局

0

サイエンスらいおん研究会Vol.4 & サイエンスらいおんカフェ第61回(奥泉和也さん)

When:
2018年1月20日 @ 15:00 – 17:00
2018-01-20T15:00:00+09:00
2018-01-20T17:00:00+09:00
Where:
帝京大学宇都宮キャンパス
日本
〒320-0003 栃木県宇都宮市豊郷台1丁目1
Cost:
無料
Contact:
とちぎサイエンスらいおん事務局(帝京大学宇都宮キャンパス内)
028-627-7344

※1月のらいおんカフェは、「サイエンスらいおん研究会Vol.4」と併催いたします。

■1月の話題提供者:奥泉 和也(おくいずみ かずや)さん
(鶴岡市立加茂水族館 館長)
20180104-01_研究会04・サイエンスカフェ61-チラシ
チラシPDFはこちら

▼テーマ:世界一のクラゲ水族館への秘密を探る

▼1月20日(土)15:00-17:00
▼開催場所:帝京大学宇都宮キャンパス本部棟2号館201教室
▼参加費:無料
▼定員:30名

昨年度から始まりました「サイエンスらいおん研究会」。
今季も開催することになりました。
昨年度は3回開催し、今回が4回目。
今季は「科学を楽しく伝えること」をテーマに、2回ほど予定しております。

今回は、カフェ61と併催します。
カフェ60ではクラゲカフェを開催しましたが、
正にその続編ともいうべき、スペシャルなゲスト。

山形県にある鶴岡市立加茂水族館館長の奥泉和也さんをお招きいたします。

クラゲの展示数として世界一を誇る加茂水族館。
水族館としては規模は大きくなく、また冬には雪や寒さに見舞われるこの施設が、
年間50万人以上の来客を誇るまでの道のりは、紆余曲折だったそうです。
文責の私も昨年末に実際に加茂水族館を訪問してきましたが、

その魅力に引き込まれそうになりました。

なぜクラゲなのか?
なぜここまで人気になったのか?
来場者もスタッフも地元の人々も幸せになる試みとは?

そんな話をしていただきながら、皆様とも対話していきたいと思います。

研究会と名付けていますが、ご覧いただいているすべての皆様が気軽に参加可能です。(1回だけの参加でもOKです)
以下の方にはぜひともご参加いただけると面白くなると思います。

  • 「サイエンスコミュニケータ」に興味ある方
  • カガクは得意でないけど、「伝えること」に興味ある方
  • 学際的なことに興味ある方
  • 知るだけでは物足りない方
  • サイエンスカフェなどに参加するだけではなく、ちょっと参画してみたい方
  • 新しいことにワクワクする方
  • 人と人を繋ぐことが好きな方
  • もちろん、中高生や学生・教員・研究者などでもOK!!

流れや希望によっては、実際にサイエンスコミュニケーション活動に関われる機会ができるかもしれません。
まずはその一歩を踏み出してみませんか?
らいおんカフェ同様、様々な年代の方々と一緒に、ワイワイ学びましょう!

[紹介文文責:藤平昌寿(サイエンスらいおん事務局)]

▼お申込み
「こくちーず」でのお申込みとなります。

こちらからお申し込みください。(こくちーずからの返信メールが届けば申込完了です。)
締切は1月18日24時までです。
こくちーずが使えない場合は、メールにてお申込みください。

info@tochigi-lion.net




Comments are closed.

Back to Top ↑
  • イベントカレンダー

    5月
    16
    2021
    10:00 サイエンスらいおんカフェ第98回... @ オンライン開催
    サイエンスらいおんカフェ第98回... @ オンライン開催
    5月 16 @ 10:00 – 12:00
    サイエンスらいおんカフェ第98回(岡部祥太さん) @ オンライン開催 | 宇都宮市 | 栃木県 | 日本
    ■5月の話題提供者: 岡部祥太 さん(自治医科大学 医学部生理学講座 助教) PDFチラシ ▼テーマ:ロボットに心はあるのか?~対話で紡ぐソーシャルロボットの世界~ ▼5月16日(日)10:00-12:00 ▼開催場所:オンライン開催(zoom利用) ▼参加費:無料 ▼定員:30名 2021年3月13日オンライン開催の公開シンポジウム関連カフェの第6弾です。 自治医科大学では今年度、 JST-RISTEX 科学技術の倫理的・法的・社会的課題への包括的実践研究開発プロジェクト「技術構成主義」に立つ「生と死」をめぐる倫理の分析と社会的議論の啓発に向けた企画調査 というプロジェクトを実施しており、技術死生学という分野にちなんだシンポジウムを予定しております。 今回のカフェも、このプロジェクトで開催するセミナーとの共催となります。 2月にもゲストにお越しいただいた岡部祥太さん。 前回は動物実験についてのお話をいただきましたが、その後のお話の中で、ソーシャルロボットの話題にも触れ、対話もしてみたい、ということで、今回は久々に哲学対話形式で開催します。 はじめに、岡部さんから簡単にソーシャルロボットに関する話題提供をいただき、その後は対話を重ねていく予定です。 当カフェの対話と言えば、老若男女ウェルカム。 今回も、小学生から大人まで、様々な方々にご参加いただけると盛り上がるかもしれません。 哲学対話が初めての方にもはじめに説明しますので、大丈夫です! 半年にわたってお送りしてきた技術死生学関連カフェも今回で一旦ピリオドを打ちます。 (もちろん今後も取り上げる可能性はありますよ^^) 栃木県内に限らず、全国どこからでもご参加可能ですので、皆様のご参加、お待ちしています。 [紹介文文責:藤平昌寿(とちぎサイエンスらいおん客員研究員)] ▼お申込み 今回からzoomでの登録フォーム申込となります。以下のフォームからお申込みください。 http://bit.ly/lioncafe98 登録後、zoom情報がメールにて届きますので、当日はそこからアクセスしてください。 締切は当日午前8時までです。 ご質問等は info@tochigi-lion.net でも受け付けます。

    View Calendar

  • Facebookページ


  • Twitter @tochigilion


  • 第8回公開シンポジウム講演ダイジェスト

  • エンジョイ!カガク!!2013レポート

  • アーカイブ