実践講座 作品 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Published on 4月 24th, 2013 | by サイエンスらいおん事務局

0

高齢者の移動を手助け ―燃料電池カート開発中―

サイエンスらいおん実践講座 レポータコース 記事作成クラス 第1期生(平成24年度受講)
橋本直美さんの作品です。

PDFファイルでもご覧いただけます。
橋本直美さんの作品

 

帝京大学機械・精密システム工学科の青木昭夫准教授は、水素燃料電池カートの開発を進めている。二酸化炭素(CO2)を排出せず、手軽でコンパクトなこの乗り物は、自然公園や遊園地など小規模エリアでの活用が期待される。青木准教授は「子供やお年寄りの 移動を楽にしたい」と実用化を目指している。
青木准教授は現在、2台 の水素燃料電池カートを開発しており、1台は時速5〜7キロ、もう1台は時速30キロのスピードを出すことができるという。
これらの水素燃料電池カートでは、水素の車載に水素吸蔵合金を、燃料電池に固体高分子形を使用している。「水素吸蔵」の文字 通り、特殊な合金に水素がたまるといったイメージで、そして水素吸蔵合金に熱を加えると、貯蔵されている水素が放出される。この水素と空気中の酸素から発電される仕組みだ。ガソリンと違い、CO2を排出しないことが最大のメリット。
水素吸蔵合金は、車の奥に取り付けられるバッテリーに比べ取り外しが簡単で、水素が貯蔵されたものと交換すれば良いという点も特長だ。
一方、水素吸蔵合金自体とても重いというデメリットがある。これについて青木准教授は「低重心にすれば転倒しにくい。デメリットも目的や用途によってはメリットになる」と説明。重さを安定感につなげ、環境にも優しい「安全安心な乗り物」として、自然公園や遊園地などでの活用に期 待を寄せる。
このほか、市販の原付バイクにモーターを取り付けたハイブリッド型原付バイクの開発も行っている。モーターとエンジンの使い分けによって排気ガスの排出量を少なくする。世の中に何千台もある既存の原付バイクを、新しく買い替えることなく活用する点もポイントだ。
これら二つの開発について准教授は「CO2の削減は急務。研究開発を進めることで社会貢献につなげたい」と話している。




Comments are closed.

Back to Top ↑
  • イベントカレンダー

    3月
    26
    2019
    08:30 サイエンスらいおんカフェ第75回... @ 帝京大学宇都宮キャンパス
    サイエンスらいおんカフェ第75回... @ 帝京大学宇都宮キャンパス
    3月 26 @ 08:30 – 17:30
    サイエンスらいおんカフェ第75回(女子中学生のための理系企業見学会) @ 帝京大学宇都宮キャンパス | 宇都宮市 | 栃木県 | 日本
    3月のらいおんカフェは、帝京大学宇都宮キャンパスが展開している「女子中高生の理系進路選択支援プログラム」とのコラボ企画です。 本プログラムは、サイエンスらいおんが初期3年間支援を受けていた(独法)科学技術振興機構による支援プログラムです。 女子中高生を対象に様々な企画を展開しておりますが、今回は「女子中高生のための理系企業見学会」を開催します。 栃木県内の企業を訪問したり、ランチをしながら様々な交流を予定しております。 参加は女子中高生と保護者・教員限定となりますが、普段とは違う雰囲気でお楽しみいただければと思います。 今回のお申込は当プログラム事務局が担当いたします。 詳細はチラシをご覧いただき、お申込はこちらからお願いいたします。  
    3月
    30
    2019
    13:00 鹿沼 算数を楽しむ ―「ハト目返し... @ 鹿沼市民情報センター 1F 研修室
    鹿沼 算数を楽しむ ―「ハト目返し... @ 鹿沼市民情報センター 1F 研修室
    3月 30 @ 13:00 – 15:00
    鹿沼 算数を楽しむ ―「ハト目返し」を作ってみよう― @ 鹿沼市民情報センター 1F 研修室 | 鹿沼市 | 栃木県 | 日本
    [PDFチラシ] 【鹿沼 算数を楽しむ ― 「ハト目返し」を作ってみよう ―】 「ハト目返し」,昔の子供たちは楽しく遊んでいたようですが,最近あまり見かけません.算数で楽しい体験をしませんか? 日本の文化に触れながら,図形の問題を考えます.何ができるか,「自分で考えること」で,いろいろな形を作ることができるかもしれません.みんなで話し合い,考え,そして算数で楽しみましょう.「ハト目返し」を知らないなら大歓迎です.もしかすると鹿沼は日光を作った文化の残っている町,彫刻や絵画の中におもしろい算数があるかもしれません.みんなで探したいですね. ■日 時 平成31年3月30日(土) 午後1:00 ~ 3:00 終了予定 (開場12:45) ■場 所 鹿沼市民情報センター 1F 研修室 鹿沼市文化橋町1982-18 電話(0289)63-8300 駐車場あり ■参加費 無料 ※事前連絡不要(当日会場においでください) ■対 象 小学生と保護者 (一緒に算数を楽しみましょう) ■準備するもの 筆記用具 ■講師 渡辺 信(生涯学習数学研究所) 福田 千枝子(帝京大学)  垣花 京子(筑波学院大学) ■主催 生涯学習数学研究所 ■後援 鹿沼市教育委員会 【保護者の皆様へ】 鹿沼で「算数を楽しむ」会を始めて,今年で14年目を迎えます.毎年桜の咲くころに鹿沼の皆様とお会いできることが楽しくなりました.今回も春休みに,また,鹿沼の皆様と算数を楽しむことができることを楽しみにしています.小学校で好きだった算数が,中学・高校と進むにつれて嫌いになるのでは問題です.お子様方に算数を楽しく学ぶきっかけを作りたい,学校で算数が楽しくなって欲しいと思ってはじめた会です.今回は,古くから日本の文化の中にある「ハト目返し」を取り上げ,その中にある算数を探してみます.手を動かし,頭を使い実際に作業を行いながら算数を理解しようと思います.作業をしながら算数を理解することができて,算数を学ぶ動機付けになったらよいと思っています.お子さまと一緒に参加してください.そして一緒にやることによって,算数の話題を通して話をする機会がうまれます.保護者の皆様の積極的な参加をお待ちしています.

    View Calendar

  • Facebookページ


  • Twitter @tochigilion


  • エンジョイ!カガク!!2013レポート

  • アーカイブ