イベント開催報告 04

Published on 2月 22nd, 2016 | by サイエンスらいおん事務局

0

2016年2月13日 サイエンスらいおんカフェ第38回(桑原奈見さん)

※事前の広報内容はこちらです。

サイエンスらいおんカフェ vol.38
かがく絵本カフェを開催しました!

今回のゲストは、宇都宮大学で科学絵本の研究をされている桑原奈見さん。

科学絵本とは、例えば『にじが見える仕組み』や『種から芽が出る様子』など、科学的な事象が物語の中に織り交ぜられていることで、読者へ再発見・新発見を与えられる本のことを指すそうです。

今回のカフェでは、そんな科学絵本の読み聞かせと、科学絵本に出てくる「不思議」が体験出来る工作実験を皆で楽しみました♫

会場は、宇都宮大学 陽東キャンパス近くの「陽東書林」さん。
まるで秘密の図書館のような素敵な空間です。
01

まずは、桑原さんオススメの科学絵本、『にじ』の読み聞かせ。

02
『にじ』(さくらいじゅんじ文 /いせひでこ絵 福音館書店)

皆真剣な眼差しで聞いています。
03

「にじはどんな時にできる?」
「どこにできるかな?」

本を読みながら問いかけると、「うーん、雨のとき!」「空!」など元気な答えが返ってきます。

読み終わったら、今度は皆でにじを作る工作実験です!

04
(写真:分光フィルムを通して見た部屋の様子)

分光フィルムを通して、光が七色に分かれて見える様子を楽しみました。
雨上がりには、空中の水蒸気(水滴)が分光フィルムの役割を果たしてくれて、空に虹が見えるのですね。

☆虹ができる仕組みについて分かりやすく解説しているサイトはこちら
http://www.nikon.co.jp/channel/kids/wonder/rainbow/ (外部サイト)

続いて読んだ絵本は、
『みずたまレンズ』。
05
(今森光彦作、福音館書店)

雨上がりの葉っぱに乗ったみずたま(水滴)や、アクセサリーのように蜘蛛の巣を飾るみずたまなどのきれいな写真がたくさん載っています。

そのみずたまを覗き込むと、あれ?向こう側の景色が逆さまに見えるよ!
きれいな花も逆さまに、お友達の顔も逆さまに見えます。

皆の顔はどうかな?
今回はみずたまの代わりにビー玉を使って、オリジナルレンズを作りました。

06 07

おうちに帰った後も、家の中や公園など、色んな場所を分光フィルムやみずたまレンズで観察してみてくださいね♫

⭐︎みずたまレンズで逆さまに見えるのはなぜ?と気になった方はこちらもご覧ください。
http://web.canon.jp/technology/kids/experiment/e_02_08.html(外部サイト)

今回も東図書館から科学絵本の貸し出しをご協力いただきました。ありがとうございました。

科学絵本の面白いところは、絵本を読むことで身の回りのちょっとした不思議や面白さに気づき、日々をもっと楽しむことができることだと思います。
大人も楽しめる工夫がたくさんですので、ぜひ図書館や本屋さん等で『これ、科学絵本かな?』と思ったらぜひお手にとってみてください♬

【レポート: 武谷 真由美 (サイエンスらいおんカフェスタッフ)】

 

 

Tags:




Comments are closed.

Back to Top ↑
  • イベントカレンダー

    5月
    16
    2021
    10:00 サイエンスらいおんカフェ第98回... @ オンライン開催
    サイエンスらいおんカフェ第98回... @ オンライン開催
    5月 16 @ 10:00 – 12:00
    サイエンスらいおんカフェ第98回(岡部祥太さん) @ オンライン開催 | 宇都宮市 | 栃木県 | 日本
    ■5月の話題提供者: 岡部祥太 さん(自治医科大学 医学部生理学講座 助教) PDFチラシ ▼テーマ:ロボットに心はあるのか?~対話で紡ぐソーシャルロボットの世界~ ▼5月16日(日)10:00-12:00 ▼開催場所:オンライン開催(zoom利用) ▼参加費:無料 ▼定員:30名 2021年3月13日オンライン開催の公開シンポジウム関連カフェの第6弾です。 自治医科大学では今年度、 JST-RISTEX 科学技術の倫理的・法的・社会的課題への包括的実践研究開発プロジェクト「技術構成主義」に立つ「生と死」をめぐる倫理の分析と社会的議論の啓発に向けた企画調査 というプロジェクトを実施しており、技術死生学という分野にちなんだシンポジウムを予定しております。 今回のカフェも、このプロジェクトで開催するセミナーとの共催となります。 2月にもゲストにお越しいただいた岡部祥太さん。 前回は動物実験についてのお話をいただきましたが、その後のお話の中で、ソーシャルロボットの話題にも触れ、対話もしてみたい、ということで、今回は久々に哲学対話形式で開催します。 はじめに、岡部さんから簡単にソーシャルロボットに関する話題提供をいただき、その後は対話を重ねていく予定です。 当カフェの対話と言えば、老若男女ウェルカム。 今回も、小学生から大人まで、様々な方々にご参加いただけると盛り上がるかもしれません。 哲学対話が初めての方にもはじめに説明しますので、大丈夫です! 半年にわたってお送りしてきた技術死生学関連カフェも今回で一旦ピリオドを打ちます。 (もちろん今後も取り上げる可能性はありますよ^^) 栃木県内に限らず、全国どこからでもご参加可能ですので、皆様のご参加、お待ちしています。 [紹介文文責:藤平昌寿(とちぎサイエンスらいおん客員研究員)] ▼お申込み 今回からzoomでの登録フォーム申込となります。以下のフォームからお申込みください。 http://bit.ly/lioncafe98 登録後、zoom情報がメールにて届きますので、当日はそこからアクセスしてください。 締切は当日午前8時までです。 ご質問等は info@tochigi-lion.net でも受け付けます。

    View Calendar

  • Facebookページ


  • Twitter @tochigilion


  • 第8回公開シンポジウム講演ダイジェスト

  • エンジョイ!カガク!!2013レポート

  • アーカイブ