イベント開催報告 04

Published on 9月 26th, 2013 | by サイエンスらいおん事務局

0

2013年9月7日 観察会「土と肥料の微妙な関係」/栃木県立博物館

宇都宮大学農学部附属農場にて、「土と肥料の微妙な関係」と題した稲の観察会が行われました。この観察会に先立って、6月1日に「生きている土~その世界を探る~」という観察会が行われており、その際に土の役割や土と土壌生物の関係について学び、田植え体験を行いました。今回の観察会はその続きとして、土のはたらきによって苗がどのように成長したのかを観察し、土の力を実感するということが目的です。
講師は前回同様、宇都宮大学農学部の平井英明先生にお世話になりました。前回植えた苗1株(米3粒から1株)から何粒のお米ができているでしょうか?実際に数えてみました。その数はなんと、1500粒!なんと元の500倍にもなったのです。しかも、これは肥料も何も加えずに土の力だけで育てた結果です。その後、1人が1年間に食べる米を作るために必要な面積を計算しました。その結果に参加者一同びっくり!
この観察会を通して、私たちの食生活を支えるためにどれほどの土地にお世話になっているかを実感することができました。

01 02
6月に植えた時には小さかった苗が…            こんなに大きく成長しました!

03 04
お米は何粒?                           1人が1年間食べる米を作るのに必要な土地は…?

 

Tags:




Comments are closed.

Back to Top ↑
  • イベントカレンダー

    3月
    30
    2019
    13:00 鹿沼 算数を楽しむ ―「ハト目返し... @ 鹿沼市民情報センター 1F 研修室
    鹿沼 算数を楽しむ ―「ハト目返し... @ 鹿沼市民情報センター 1F 研修室
    3月 30 @ 13:00 – 15:00
    鹿沼 算数を楽しむ ―「ハト目返し」を作ってみよう― @ 鹿沼市民情報センター 1F 研修室 | 鹿沼市 | 栃木県 | 日本
    [PDFチラシ] 【鹿沼 算数を楽しむ ― 「ハト目返し」を作ってみよう ―】 「ハト目返し」,昔の子供たちは楽しく遊んでいたようですが,最近あまり見かけません.算数で楽しい体験をしませんか? 日本の文化に触れながら,図形の問題を考えます.何ができるか,「自分で考えること」で,いろいろな形を作ることができるかもしれません.みんなで話し合い,考え,そして算数で楽しみましょう.「ハト目返し」を知らないなら大歓迎です.もしかすると鹿沼は日光を作った文化の残っている町,彫刻や絵画の中におもしろい算数があるかもしれません.みんなで探したいですね. ■日 時 平成31年3月30日(土) 午後1:00 ~ 3:00 終了予定 (開場12:45) ■場 所 鹿沼市民情報センター 1F 研修室 鹿沼市文化橋町1982-18 電話(0289)63-8300 駐車場あり ■参加費 無料 ※事前連絡不要(当日会場においでください) ■対 象 小学生と保護者 (一緒に算数を楽しみましょう) ■準備するもの 筆記用具 ■講師 渡辺 信(生涯学習数学研究所) 福田 千枝子(帝京大学)  垣花 京子(筑波学院大学) ■主催 生涯学習数学研究所 ■後援 鹿沼市教育委員会 【保護者の皆様へ】 鹿沼で「算数を楽しむ」会を始めて,今年で14年目を迎えます.毎年桜の咲くころに鹿沼の皆様とお会いできることが楽しくなりました.今回も春休みに,また,鹿沼の皆様と算数を楽しむことができることを楽しみにしています.小学校で好きだった算数が,中学・高校と進むにつれて嫌いになるのでは問題です.お子様方に算数を楽しく学ぶきっかけを作りたい,学校で算数が楽しくなって欲しいと思ってはじめた会です.今回は,古くから日本の文化の中にある「ハト目返し」を取り上げ,その中にある算数を探してみます.手を動かし,頭を使い実際に作業を行いながら算数を理解しようと思います.作業をしながら算数を理解することができて,算数を学ぶ動機付けになったらよいと思っています.お子さまと一緒に参加してください.そして一緒にやることによって,算数の話題を通して話をする機会がうまれます.保護者の皆様の積極的な参加をお待ちしています.

    View Calendar

  • Facebookページ


  • Twitter @tochigilion


  • エンジョイ!カガク!!2013レポート

  • アーカイブ