本プロジェクトについて

栃木県の形は、どことなくライオンの顔に似ていると思いませんか?
本プロジェクトの名称「とちぎサイエンスらいおん」は、そこから名付けられました。
サイエンスらいおんプロジェクトの足あとを解説していきます。


2012-2014年度(JST支援期間)

本プロジェクトは、独立行政法人(現:国立研究開発法人)科学技術振興機構[JST]の「科学技術コミュニケーション推進事業・ネットワーク形成地域型」により、2012年7月からスタートしたプロジェクトです。

栃木県は、自然が豊かな農業県であると同時に、先端技術を有する企業が多いという強みを有しています。
本プロジェクトでは、その強みを活かして、栃木県域に科学技術コミュニケーションネットワークを構築し、県民の科学技術に対する理解・興味の促進、科学技術リテラシーの向上のための活動を行うため、【栃木の自然と先端技術に学ぶ「サイエンスらいおんプロジェクト」】という事業名にてJSTに採択され、通称を「とちぎサイエンスらいおん」と呼ぶことになりました。

事業内では、帝京大学宇都宮キャンパスを提案機関・運営機関、栃木県総合教育センターを連携自治体とし、16の参加機関によりスタートしました。
JSTによる支援は3か年度に及び、この期間中には多彩な企画を実施いたしました。

  •  エンジョイ!カガク!!
    年に1度、帝京大学で実施してきた「エンジョイ!カガク!!」を発展させたイベントを開催しました。
    学内だけではなく、サイエンスらいおん参加機関にも出展を促し、1日限りの科学の祭典を、現在に至るまで毎年開催しています。
  • プログラムライブラリ
    各参加機関から提供される出前講座や施設見学の受け入れ等のプログラムのメニューをウェブサイトで公開し、学校や地域コミュニティなどの要望に応じて実施しました。
  • 連携イベント
    参加機関が単独または連携して行う、一般市民向けの科学技術イベントの一部をレポートしました。
  • シンポジウム
    年に1度、あるテーマに基づいた公開シンポジウムを、現在に至るまで開催しています。
    講演だけでなく、コーヒーブレイクや意見交換会などを通して、普段触れることの少ない方々との交流を深めています。
  • サイエンスらいおんカフェ
    2
    013年1月より毎月1回、話題提供者(ゲスト)を招き、比較的少人数の一般市民の方々とドリンクを飲みながらざっくばらんに交流するサイエンスカフェを、現在に至るまで開催を続けています。
  • らいおん実践講座
    研究者や技術者、またはサイエンスイベントや施設などを取材し、その魅力を発信できる「レポータ」およびサイエンスを伝えるイベント企画を立案、実施できる「プロデューサ」を育成する講座を開講しました。
  • とちぎサイエンス通信
    下野新聞紙上に2013年1月~2015年3月までの毎月2回、参加機関に所属する研究者,技術者,教育者,学芸員が,科学技術に関するトピックを紹介する記事を連載しました。
  • その他
    プロジェクトを円滑に進めるための会務活動、JSTによる他プロジェクトとの意見交換、自己評価や外部評価などを含めた報告作成、参加機関訪問等による交流、webやSNSなどを活用した情報受発信などを通じて、プロジェクトのスタートアップの3か年度が無事に終了しました。

JSTに提出した3か年度分の終了報告書をこちらから閲覧できます。→終了報告書[本編](資料編準備中)


2015年度~(JST支援終了後)

JST支援期間終了後の2015年度以降は、帝京大学を運営機関、栃木県総合教育センターを連携機関として、引き続きプロジェクトを継続しております。
通称であった【とちぎサイエンスらいおん】を正式プロジェクト名とし、より市民の皆様に親しんでいただけるよう、活動をしています。
現在の参加機関はこちらから閲覧できます。→とちぎサイエンスらいおん参加機関

現在の主な活動内容は以下の通りです。

  •  エンジョイ!カガク!!
    「エンジョイ!カガク!!」は引き続き、サイエンスらいおん参加機関とともに、毎年開催しています。
  • 参加機関イベント
    参加機関が単独または連携して行う一般市民向けの科学技術イベントの一部をレポートしています。
  • シンポジウム
    年に1度、あるテーマに基づいた公開シンポジウムを、現在も開催しています。
    講演だけでなく、コーヒーブレイクや意見交換会などを通して、普段触れることの少ない方々との交流を深めています。
  • サイエンスらいおんカフェ
    2
    013年1月より毎月1回、話題提供者(ゲスト)を招き、比較的少人数の一般市民の方々とドリンクを飲みながらざっくばらんに交流するサイエンスカフェを、現在に至るまで開催を続けています。
  • らいおん研究会
    らいおん実践講座の後を継ぎ、サイエンスコミュニケータに興味を持っていただく企画を不定期に開催しています。
  • その他
    プロジェクトを円滑に進めるための会務活動、参加機関による交流、webやSNSなどを活用した情報受発信などを継続し、プロジェクトを遂行しています。
Back to Top ↑
  • イベントカレンダー

    10月
    30
    2021
    10:00 サイエンスらいおんカフェ第103回... @ オンライン開催
    サイエンスらいおんカフェ第103回... @ オンライン開催
    10月 30 @ 10:00 – 11:00
    サイエンスらいおんカフェ第103回(小林良彦さん) @ オンライン開催 | 宇都宮市 | 栃木県 | 日本
    ■10月の話題提供者:小林良彦 さん (大分大学 教育学部 講師) PDFチラシ ▼テーマ:ツタエルカガク2 ▼10月30日(土)10:00-11:00 ▼開催場所:オンライン開催(zoom利用) ▼参加費:無料 ▼定員:15名 ▼ゲスト略歴 栃木県市貝町生まれ。 栃木県立真岡高等学校卒業。 新潟大学にて原子核物理の研究を行い、博士(理学)を取得。 大学院生の頃から、サイエンスカフェなどの科学技術コミュニケーション活動に取り組む。 九州大学基幹教育院・特任助教を経て、 2020年9月より北海道大学科学技術コミュニケーター養成プログラム・特任助教。 2021年10月より大分大学教育学部・講師。 個人ウェブサイト:https://www.yoshikoba113.net/ 今回のゲストは、Vol.35・Vol.92にお越しいただきました小林良彦さん。 前回から約1年ぶりの再登板です。 実は小林さん、前回は北海道大学の教員として、札幌からリモート参加していただきましたが、 この10月より、九州は大分大学の教員として着任されました。 前任の北大では、サイエンスコミュニケーションど真ん中の分野でしたが、今度の大分大では、理科教育を担当されるとのこと。 大学・大学院時代の分野に回帰することになられました。 とはいえ、学部時代からサイエンスカフェに参画し、サイエンスらいおんの活動初期から色々とサポートいただいた小林さんですから、 きっと理科教育の中にも、それらを存分に取り入れていかれるのだろうと思われます。 今回はファシリテータの私も、詳しいお話をまだ伺っておりません。 前回カフェ以降の北大での活動や、今回の移動の経緯や現在の様子、そして今後の展望などを、生トーク形式でお聞きしたいと思います。 ですので、ショートバージョンとしてお送りする予定です。 「カガクをツタエル」を一貫したテーマとして活動されている小林さんの現在(いま)をぜひ聞いてみませんか? 皆様のご参加、お待ちしています。 [紹介文文責:藤平昌寿(とちぎサイエンスらいおん客員研究員)] ▼お申込み zoomでの登録フォーム申込となります。以下のフォームからお申込みください。 http://bit.ly/lioncafe103 登録後、zoom情報がメールにて届きますので、当日はそこからアクセスしてください。 締切は当日朝9時までです。 ご質問等は info@tochigi-lion.net でも受け付けます。

    View Calendar

  • Facebookページ


  • Twitter @tochigilion


  • 第8回公開シンポジウム講演ダイジェスト

  • エンジョイ!カガク!!2013レポート

  • アーカイブ