2014年度 プロデューサコース

2014年7月13日(日)
プロデューサコース 基礎講座

第2期となりました、サイエンスらいおん実践講座プロデューサコースの初日です!
プロデューサクラスは3名の参加となり、学生・研究員・一般とそれぞれバックボーンも異なるメンバーが集いました。

レポータコースと異なり、本コースは午後からの開講。少し早めに集まり、全コース・スタッフ合同の交流会に参加後、午後からプロデューサコースが開講いたしました。
科学技術イベントの地域活動の担い手としてのプロデューサ養成を目指すこのコース。初日の前半は、科学技術イベントを企画・実施する際に意識すべきポイントについてのレクチャーを受け、後半はディスカッションをしながら、それぞれの希望を聞いて終了しました。
8月末の中間ディスカッションに向け、個別に企画を練り、必要に応じてメンターと相談しながら、それぞれの企画を形にしていく予定です。

DSC_0608

 

 

2014年7月~8月
プロデューサコース 個別相談

基礎講座の後、各自の企画について、個別に相談を実施しました。
初日から数日経ち、受講生それぞれがリサーチや考察を行い、少し具体的な案を出して、メンターと相談を行います。
相談は各自1回ずつでしたが、必要に応じてメール等でやり取りをし、会場や人員など、動ける部分は先行して動き出しています。

 

2014年8月31日(日)
プロデューサコース 中間ディスカッション

初回講座から1か月半、再び集合形式での講座となりました。
この日は企画の中間段階を発表し、他の参加者から質問やレビューを受けます。

まずは、昼の時間帯に、レポータコースの方々にも参加していただき、公開プレゼンを行いました。
プレゼン+質疑という形で、3名がそれぞれの企画を出します。
企画自体を全く知らない方にプレゼンすることにより、新たな視点や検討課題も投げかけられ、企画のブラッシュアップための参考となりました。

続いて、プロデューサコースだけで集まり、各企画について、企画の詰めを相互レビュー的に話し合いました。
もともと科学に興味ある参加者が集まるコースなので、時々脱線しながらも、次々と面白い話題が出てきて、「へぇ」の数も多い科学談義となり、予定を大幅に超えながら終了しました。

DSC02838 DSC02846

 

 

2014年10月18日(土)
プロデューサコース イベント実施(1)

宇都宮大学農学部において「サイエンスらいおんカフェVol.22」をプロデューサ実習として実施いたしました。
受講生の武谷真由美さんは、本コース受講目的が「サイエンスカフェをやりたい!」でしたので、毎月開催しているらいおんカフェの1回を武谷さんにプロデュースしてもらうことになりました。
ゲストの候補出しから始まり、打合せ・会場設定・チラシづくりなど、ほとんどの準備を進め、当日に臨みます。
企画を進める中で出来た仲間が、当日は受付などのサポートもしていただき、武谷さん自身はゲストと共に進行も担当しました。
カフェは座学だけでなく、ラボ見学を取り入れるなど、非常に工夫された2時間で、参加者の満足度も高かったようです。
イベントレポートはこちら

 

 

 

 

2014年12月23日(火・祝)
最終講座「リフレクションカフェ」開催

実践講座のまとめとして、各クラスの発表・講評などの他、グループディスカッションを行う一般公開のイベントを開催しました。当日の様子を、こちらに掲載いたしました。

 

Back to Top ↑
  • イベントカレンダー

    7月
    11
    2020
    10:00 サイエンスらいおんカフェ第88回... @ zoom上(リモート開催)
    サイエンスらいおんカフェ第88回... @ zoom上(リモート開催)
    7月 11 @ 10:00 – 12:00
    サイエンスらいおんカフェ第88回(藤平昌寿さん) @ zoom上(リモート開催) | 宇都宮市 | 栃木県 | 日本
    ■7月の話題提供者:藤平 昌寿(ふじひら まさとし)さん (帝京大学 とちぎサイエンスらいおん客員研究員) PDFチラシ ▼テーマ:科学と社会をつなぐ対話推理ゲーム ▼7月11日(土)10:00-12:00 ▼開催場所:zoom上(リモート開催) ▼参加費:無料 ▼定員:15名 皆様、大変ご無沙汰しております。 2月のらいおんカフェ以来、新型コロナウイルスの影響により休止しておりましたが、 7月より当面、リモートで復活することになりました。 初めての試みですが、全国どこからでもご参加いただけますので、 新たな出会いや発見もできるかな?と楽しみにもしております。 さて、復帰第1弾は、対話による科学推理ゲームをリモートでご紹介、体験いたします。 今年年初に出版されました「残された酸素ボンベ」という書籍です。 表紙には 「主体的・対話的で深い学びのための科学と社会をつなぐ推理ゲームの使い方」 と副題が打たれております。 今回の案内人は不肖・わたくしが務めます。 実は2月上旬に開催されました、筆者らによるワークショップにも参加してきました。 少人数のグループに分かれ、1人が出題者、他のメンバーは回答者になります。 出題者は予め記載されている科学にまつわる問題を口頭で伝え、 それに対して回答者が疑問を次々と出題者に投げかけます。 出題者だけは答えを知っているので、その疑問に対してYes・Noで答えていくことにより、 回答者たちは答えを推理していく・・・・という対話型ゲームです。 詳しくは、カフェの場でお話いたします。 このゲームが初めての方はもちろん、既に知っている方や体験済みの方もご参加いただけます。 その方々には、グループワーク時に出題のお手伝いをお願いするかもしれません。 また、初めての方は、書籍をすぐに購入する必要はございません。 むしろ新鮮な感覚でご参加いただき、体験後にご購入いただけると、終了後もさらに楽しめます。 zoomでの開催が初めてですので、接続に不安な方もいらっしゃるかもしれません。 事前に接続テストをすることが可能です。 お申し込みの際、接続テスト希望とお書き添えください。 日時調整の上、接続確認をさせていただきます。 というわけで、お近くの方も、そうでない方も、ぜひお気軽にご参加ください。 久しぶりに皆さんにお会いできるのを楽しみにしております。 [紹介文文責:藤平昌寿(サイエンスらいおん客員研究員)] ▼お申込み 今回はメールにてお申込みください。(7/10 17時締切) (お名前・お電話番号・年齢をお書き添えください。また、携帯アドレスの場合は返信メールが届くようご設定ください。) ※zoomの事前接続テストをご希望の方は、その旨をお書き添えください。開催直前のお申込みの場合は、テストができないこともございますので、ご了承ください。 ※当日朝までに、zoomの入室URLを申込メール宛にお送りいたします。 info@tochigi-lion.net

    View Calendar

  • Facebookページ


  • Twitter @tochigilion


  • エンジョイ!カガク!!2013レポート

  • アーカイブ