2014年度 プロデューサコース

2014年7月13日(日)
プロデューサコース 基礎講座

第2期となりました、サイエンスらいおん実践講座プロデューサコースの初日です!
プロデューサクラスは3名の参加となり、学生・研究員・一般とそれぞれバックボーンも異なるメンバーが集いました。

レポータコースと異なり、本コースは午後からの開講。少し早めに集まり、全コース・スタッフ合同の交流会に参加後、午後からプロデューサコースが開講いたしました。
科学技術イベントの地域活動の担い手としてのプロデューサ養成を目指すこのコース。初日の前半は、科学技術イベントを企画・実施する際に意識すべきポイントについてのレクチャーを受け、後半はディスカッションをしながら、それぞれの希望を聞いて終了しました。
8月末の中間ディスカッションに向け、個別に企画を練り、必要に応じてメンターと相談しながら、それぞれの企画を形にしていく予定です。

DSC_0608

 

 

2014年7月~8月
プロデューサコース 個別相談

基礎講座の後、各自の企画について、個別に相談を実施しました。
初日から数日経ち、受講生それぞれがリサーチや考察を行い、少し具体的な案を出して、メンターと相談を行います。
相談は各自1回ずつでしたが、必要に応じてメール等でやり取りをし、会場や人員など、動ける部分は先行して動き出しています。

 

2014年8月31日(日)
プロデューサコース 中間ディスカッション

初回講座から1か月半、再び集合形式での講座となりました。
この日は企画の中間段階を発表し、他の参加者から質問やレビューを受けます。

まずは、昼の時間帯に、レポータコースの方々にも参加していただき、公開プレゼンを行いました。
プレゼン+質疑という形で、3名がそれぞれの企画を出します。
企画自体を全く知らない方にプレゼンすることにより、新たな視点や検討課題も投げかけられ、企画のブラッシュアップための参考となりました。

続いて、プロデューサコースだけで集まり、各企画について、企画の詰めを相互レビュー的に話し合いました。
もともと科学に興味ある参加者が集まるコースなので、時々脱線しながらも、次々と面白い話題が出てきて、「へぇ」の数も多い科学談義となり、予定を大幅に超えながら終了しました。

DSC02838 DSC02846

 

 

2014年10月18日(土)
プロデューサコース イベント実施(1)

宇都宮大学農学部において「サイエンスらいおんカフェVol.22」をプロデューサ実習として実施いたしました。
受講生の武谷真由美さんは、本コース受講目的が「サイエンスカフェをやりたい!」でしたので、毎月開催しているらいおんカフェの1回を武谷さんにプロデュースしてもらうことになりました。
ゲストの候補出しから始まり、打合せ・会場設定・チラシづくりなど、ほとんどの準備を進め、当日に臨みます。
企画を進める中で出来た仲間が、当日は受付などのサポートもしていただき、武谷さん自身はゲストと共に進行も担当しました。
カフェは座学だけでなく、ラボ見学を取り入れるなど、非常に工夫された2時間で、参加者の満足度も高かったようです。
イベントレポートはこちら

 

 

 

 

2014年12月23日(火・祝)
最終講座「リフレクションカフェ」開催

実践講座のまとめとして、各クラスの発表・講評などの他、グループディスカッションを行う一般公開のイベントを開催しました。当日の様子を、こちらに掲載いたしました。

 

Back to Top ↑
  • イベントカレンダー

    8月
    21
    2019
    10:00 サイエンスらいおんカフェ第80回... @ ステモン陽東桜が丘教室
    サイエンスらいおんカフェ第80回... @ ステモン陽東桜が丘教室
    8月 21 @ 10:00 – 12:00
    サイエンスらいおんカフェ第80回(藤平昌寿さん) @ ステモン陽東桜が丘教室 | 宇都宮市 | 栃木県 | 日本
    ■8月の話題提供者:藤平昌寿 さん (帝京大学とちぎサイエンスらいおん客員研究員) ▼テーマ:探Q対話~カガクについてナンダカンダ~ ▼8月21日(水)10:00-12:00(9:50開場) ▼開催場所:ステモン陽東桜が丘教室(宇都宮ベルモール前) ※駐車場はございません。近隣の駐車場などをご利用ください。 ▼参加費:無料 ▼定員:10組 今回は、宇都宮でプログラミング教育を行っている「ステモン宇都宮」さんからのコラボ企画です。 らいおんカフェでも何度か哲学的対話を行ってきましたが、ステモンさんでもぜひやってみたいとのご提案があり、 不肖、私が担当させていただくことになりました。 私も哲学対話を知る前は、哲学に対してものすごくハードルの高い印象を持っていました。 高校時代の夏休みの課題に、哲学者・デカルトの方法序説という本を読んで感想文を提出する、というものがあり、 それはそれは高尚な学問であると感じておりました。 ところが、哲学対話を体験したところ、 「あ、な~んだ、こんな簡単で良いんだ。」という肩の力が抜ける感覚になりました。 と同時に、頭の中が思考でグルグル回るという感覚も味わいました。 「問い続ける」という作業が、言い換えれば、スポーツジムでの大変さと爽快感を同時に味わうような感覚になるのです。 学校の授業だけでは味わえず、社会に出てからもなかなか余裕が無い、この感覚。 「学ぶ」「考える」ということの原点を、ほんの少しだけですが、垣間見ることができます。 今回はカガクをテーマにしていますが、もちろん脱線あり、結論なしという対話ルールはそのままに、 偶然集まった参加者同士のトークと思考の探検隊、そのライブ感を味わっていただきたいと思います。 ステモンさんに素敵なチラシを作っていただきました。 子どもだけ、親子参加、大人だけ、どの参加形態でも結構です。全ての参加者が平等な立場になります。 哲学対話が初めての方も、経験ありの方も、ぜひぜひどうぞ。 皆様のお越しをお待ちしております。 [紹介文文責:藤平昌寿(帝京大学サイエンスらいおん客員研究員)] ▼お申込み 今回はステモンさんで申込受付をしております。こちらからお申込みください。

    View Calendar

  • Facebookページ


  • Twitter @tochigilion


  • エンジョイ!カガク!!2013レポート

  • アーカイブ