サイエンスらいおん研究会・実践講座

サイエンスらいおんでは2012-2014年度の3カ年度にわたり、分野を横断して「科学を知り、伝え、普及できるサイエンスコミュニケータ」の育成を目指す、【サイエンスらいおん実践講座】を開講いたしました。
「レポータコース」と「プロデューサコース」の2コースを開講し、多くの修了生が輩出されました。修了生の一部は実際に現場でサイエンスコミュニケーション活動を続けております。

実践講座の実績を踏まえ、2016年度より新たなサイエンスコミュニケータ育成プロジェクトとして、【サイエンスらいおん研究会】を開催しております。
当面はコースやクラスを設けず、様々なサイエンスコミュニケーション活動の事例を学び、希望者によるサイエンスコミュニケーション活動をサポートする予定です。


★サイエンスらいおん実践講座(2012-2014)

<募集要項>
各年度の募集要項です。

2012年度 実践講座(レポータコース)募集要項
2013年度 実践講座(レポータコース・プロデューサコース)募集要項
2014年度 実践講座(レポータコース・プロデューサコース)募集要項

<レポータコース>
栃木県内の研究者・技術者またはサイエンスイベントを取材し、新聞、テレビ、ウェブサイト等を通じてその魅力を発信することができる人の育成を目指します。

2012年度開講 レポータコース第1期レポート
2013年度開講 レポータコース第2期レポート
2014年度開講 レポータコース第3期レポート

★2012年度 映像制作クラス第1期作品
★2012年度 記事作成クラス第1期作品

★2013年度 映像制作クラス第2期作品
★2013年度 記事作成クラス第2期作品

★2014年度 映像制作クラス第3期作品
★2014年度 記事作成クラス第3期作品

<プロデューサコース>
サイエンスカフェ、研究者・技術者によるミニ講演会、体験イベント(簡単な実験のデモ、体験等)など、サイエンスの魅力を伝えるイベントを企画・運営できる人の育成を目指しています。

2013年度開講 プロデューサコース第1期レポート
2014年度開講 プロデューサコース第2期レポート

★2013年度 プロデューサクラス第1期イベント
世にも奇妙な実験道具(柳田史乃さん)2013/12/21開催
連結リングの不思議(市川義章さん)2013/12/22開催
数学コンテスト(関口宗孝さん)2013/12/22開催


★サイエンスらいおん研究会(2016-)

Back to Top ↑
  • イベントカレンダー

    8月
    21
    2019
    10:00 サイエンスらいおんカフェ第80回... @ ステモン陽東桜が丘教室
    サイエンスらいおんカフェ第80回... @ ステモン陽東桜が丘教室
    8月 21 @ 10:00 – 12:00
    サイエンスらいおんカフェ第80回(藤平昌寿さん) @ ステモン陽東桜が丘教室 | 宇都宮市 | 栃木県 | 日本
    ■8月の話題提供者:藤平昌寿 さん (帝京大学とちぎサイエンスらいおん客員研究員) ▼テーマ:探Q対話~カガクについてナンダカンダ~ ▼8月21日(水)10:00-12:00(9:50開場) ▼開催場所:ステモン陽東桜が丘教室(宇都宮ベルモール前) ※駐車場はございません。近隣の駐車場などをご利用ください。 ▼参加費:無料 ▼定員:10組 今回は、宇都宮でプログラミング教育を行っている「ステモン宇都宮」さんからのコラボ企画です。 らいおんカフェでも何度か哲学的対話を行ってきましたが、ステモンさんでもぜひやってみたいとのご提案があり、 不肖、私が担当させていただくことになりました。 私も哲学対話を知る前は、哲学に対してものすごくハードルの高い印象を持っていました。 高校時代の夏休みの課題に、哲学者・デカルトの方法序説という本を読んで感想文を提出する、というものがあり、 それはそれは高尚な学問であると感じておりました。 ところが、哲学対話を体験したところ、 「あ、な~んだ、こんな簡単で良いんだ。」という肩の力が抜ける感覚になりました。 と同時に、頭の中が思考でグルグル回るという感覚も味わいました。 「問い続ける」という作業が、言い換えれば、スポーツジムでの大変さと爽快感を同時に味わうような感覚になるのです。 学校の授業だけでは味わえず、社会に出てからもなかなか余裕が無い、この感覚。 「学ぶ」「考える」ということの原点を、ほんの少しだけですが、垣間見ることができます。 今回はカガクをテーマにしていますが、もちろん脱線あり、結論なしという対話ルールはそのままに、 偶然集まった参加者同士のトークと思考の探検隊、そのライブ感を味わっていただきたいと思います。 ステモンさんに素敵なチラシを作っていただきました。 子どもだけ、親子参加、大人だけ、どの参加形態でも結構です。全ての参加者が平等な立場になります。 哲学対話が初めての方も、経験ありの方も、ぜひぜひどうぞ。 皆様のお越しをお待ちしております。 [紹介文文責:藤平昌寿(帝京大学サイエンスらいおん客員研究員)] ▼お申込み 今回はステモンさんで申込受付をしております。こちらからお申込みください。

    View Calendar

  • Facebookページ


  • Twitter @tochigilion


  • エンジョイ!カガク!!2013レポート

  • アーカイブ