サイエンスらいおん研究会・実践講座

サイエンスらいおんでは2012-2014年度の3カ年度にわたり、分野を横断して「科学を知り、伝え、普及できるサイエンスコミュニケータ」の育成を目指す、【サイエンスらいおん実践講座】を開講いたしました。
「レポータコース」と「プロデューサコース」の2コースを開講し、多くの修了生が輩出されました。修了生の一部は実際に現場でサイエンスコミュニケーション活動を続けております。

実践講座の実績を踏まえ、2016年度より新たなサイエンスコミュニケータ育成プロジェクトとして、【サイエンスらいおん研究会】を開催しております。
当面はコースやクラスを設けず、様々なサイエンスコミュニケーション活動の事例を学び、希望者によるサイエンスコミュニケーション活動をサポートする予定です。


★サイエンスらいおん実践講座(2012-2014)

<募集要項>
各年度の募集要項です。

2012年度 実践講座(レポータコース)募集要項
2013年度 実践講座(レポータコース・プロデューサコース)募集要項
2014年度 実践講座(レポータコース・プロデューサコース)募集要項

<レポータコース>
栃木県内の研究者・技術者またはサイエンスイベントを取材し、新聞、テレビ、ウェブサイト等を通じてその魅力を発信することができる人の育成を目指します。

2012年度開講 レポータコース第1期レポート
2013年度開講 レポータコース第2期レポート
2014年度開講 レポータコース第3期レポート

★2012年度 映像制作クラス第1期作品
★2012年度 記事作成クラス第1期作品

★2013年度 映像制作クラス第2期作品
★2013年度 記事作成クラス第2期作品

★2014年度 映像制作クラス第3期作品
★2014年度 記事作成クラス第3期作品

<プロデューサコース>
サイエンスカフェ、研究者・技術者によるミニ講演会、体験イベント(簡単な実験のデモ、体験等)など、サイエンスの魅力を伝えるイベントを企画・運営できる人の育成を目指しています。

2013年度開講 プロデューサコース第1期レポート
2014年度開講 プロデューサコース第2期レポート

★2013年度 プロデューサクラス第1期イベント
世にも奇妙な実験道具(柳田史乃さん)2013/12/21開催
連結リングの不思議(市川義章さん)2013/12/22開催
数学コンテスト(関口宗孝さん)2013/12/22開催


★サイエンスらいおん研究会(2016-)

Back to Top ↑
  • イベントカレンダー

    8月
    24
    2018
    19:30 サイエンスらいおんカフェ第68回... @ 宇都宮市立東図書館
    サイエンスらいおんカフェ第68回... @ 宇都宮市立東図書館
    8月 24 @ 19:30 – 21:00
    サイエンスらいおんカフェ第68回(江口建さん・藤平昌寿さん) @ 宇都宮市立東図書館 | 宇都宮市 | 栃木県 | 日本
        ■8月の話題提供者:江口 建(えぐち たける)さん・藤平 昌寿(ふじひら まさとし)さん (帝京大学宇都宮キャンパス 総合基礎科目 講師)(帝京大学 とちぎサイエンスらいおん 客員研究員) PDFチラシ ▼テーマ:サイエンスびぶりお哲学カフェ~本とあなたと哲学と~ ※宇都宮市立東図書館「よるとしょ」コラボ企画 ▼8月24日(金)19:30-21:00 ▼開催場所:宇都宮市立東図書館 ▼参加費:300円(茶菓子代) ▼定員:10名(中学生以下は保護者同伴) 今回のらいおんカフェはコラボ尽くしです。 コラボその1。 ゲストのお一人がこれまでも何度かご登場いただきました、帝京大学講師の江口建さん。 哲学カフェや対話カフェにもご登場いただきました。 最近では、帝京大学でも哲学カフェを開催するようになりました。 また、宇都宮市立東図書館では、過去にサイエンスびぶりおカフェを開催していますが、 今回は、哲学カフェとびぶりおカフェがコラボして、「サイエンスびぶりお哲学カフェ」となります。 コラボその2。 宇都宮市立東図書館では、開館時間外の活用や市民に触れる機会の増加などを目的とした、 「よるとしょ」という企画を今年度より開始し、このカフェが栄えある第1弾となります。 サイエンスらいおんとしても、カフェの会場や科学に触れてもらう機会として、 今回の東図書館でのコラボ開催を進めてきました。 コラボその3。 メインゲストの江口さんの他、不肖、わたくしもダブルファシリテータとして、 コラボさせていただくことになりました。 サイエンスびぶりお哲学カフェって何やるんだ? と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、それほど難しいことはやりません。 今回は、本や読書・図書館といったテーマについて、 哲学対話の手法を用いて、色々考えたり話したりしようじゃないか? という主旨です。 対話の方法については以前同様、最初にお話しますので、特に知識は必要ありません。 普段、図書館を利用される方も、そうでない方も、ご参加可能です。 閉館後の図書館で、本に囲まれながら、ゆるやかな対話の時間を過ごしてみませんか?。 [紹介文文責:藤平昌寿(サイエンスらいおん客員研究員)] ▼お申込み 「こくちーず」でのお申込みとなります。 こちらからお申し込みください。(こくちーずからの返信メールが届けば申込完了です。) 締切は8月22日24時までです。 こくちーずが使えない場合は、メールにてお申込みください。 (お名前・お電話番号・年齢をお書き添えください。また、携帯アドレスの場合は返信メールが届くようご設定ください。) info@tochigi-lion.net

    View Calendar

  • Facebookページ


  • Twitter @tochigilion


  • エンジョイ!カガク!!2013レポート

  • アーカイブ