20180201-01_研究会05-チラシ

Published on 2月 1st, 2018 | by サイエンスらいおん事務局

0

サイエンスらいおん研究会Vol.5(猪俣大輔さん)

When:
2018年3月3日 @ 15:00 – 16:30
2018-03-03T15:00:00+09:00
2018-03-03T16:30:00+09:00
Where:
帝京大学宇都宮キャンパス
日本
〒320-0003 栃木県宇都宮市豊郷台1丁目1
Cost:
無料
Contact:
とちぎサイエンスらいおん事務局(帝京大学宇都宮キャンパス内)
028-627-7344

※らいおん研究会の前に、同会場にて「サイエンスらいおんカフェVol.63」を開催します。両方参加される場合にはお手数ですが、それぞれお申し込みください。

■3月の話題提供者:猪俣 大輔(いのまた だいすけ)さん
(すあなサイエンス 代表)
20180201-01_研究会05-チラシ
PDFチラシはこちら

▼テーマ:マンガ・イラストで伝えるサイエンス

▼3月3日(土)15:00-16:30
▼開催場所:帝京大学宇都宮キャンパス本部棟2号館201教室
▼参加費:無料
▼定員:15名

今回の研究会は、カフェと連続開催です。
(併催ではなく、同じ会場で2連続の開催です。)

5回目となる研究会のテーマは、マンガ・イラスト。
科学を伝える手段の一つとして、マンガやイラストを使う事例は増えているようです。
今回お招きするのは、すあなサイエンスの猪俣大輔さん。
埼玉を拠点に活動されていますが、栃木県内の大学などともお仕事をされています。

もともと普通のマンガ・イラストを描く仕事をされていた猪俣さん。
縁ときっかけがあって、サイエンス系の仕事が増えてきたそうです。
お話を聞くだけではなく、少し頭を動かすワークショップも体験してみようと企画されています。

マンガやイラストで「伝える」ということがどんなことなのか。
その事例をご紹介いただきます。
もちろん、絵が描けなくても大丈夫です。(私も描けません)
多くのご参加、お待ちしております。
[紹介文文責:藤平昌寿(サイエンスらいおん事務局)]

▼お申込み
「こくちーず」でのお申込みとなります。

こちらからお申し込みください。(こくちーずからの返信メールが届けば申込完了です。)
締切は3月1日24時までです。
こくちーずが使えない場合は、メールにてお申込みください。

info@tochigi-lion.net




Comments are closed.

Back to Top ↑
  • イベントカレンダー

    3月
    30
    2019
    13:00 鹿沼 算数を楽しむ ―「ハト目返し... @ 鹿沼市民情報センター 1F 研修室
    鹿沼 算数を楽しむ ―「ハト目返し... @ 鹿沼市民情報センター 1F 研修室
    3月 30 @ 13:00 – 15:00
    鹿沼 算数を楽しむ ―「ハト目返し」を作ってみよう― @ 鹿沼市民情報センター 1F 研修室 | 鹿沼市 | 栃木県 | 日本
    [PDFチラシ] 【鹿沼 算数を楽しむ ― 「ハト目返し」を作ってみよう ―】 「ハト目返し」,昔の子供たちは楽しく遊んでいたようですが,最近あまり見かけません.算数で楽しい体験をしませんか? 日本の文化に触れながら,図形の問題を考えます.何ができるか,「自分で考えること」で,いろいろな形を作ることができるかもしれません.みんなで話し合い,考え,そして算数で楽しみましょう.「ハト目返し」を知らないなら大歓迎です.もしかすると鹿沼は日光を作った文化の残っている町,彫刻や絵画の中におもしろい算数があるかもしれません.みんなで探したいですね. ■日 時 平成31年3月30日(土) 午後1:00 ~ 3:00 終了予定 (開場12:45) ■場 所 鹿沼市民情報センター 1F 研修室 鹿沼市文化橋町1982-18 電話(0289)63-8300 駐車場あり ■参加費 無料 ※事前連絡不要(当日会場においでください) ■対 象 小学生と保護者 (一緒に算数を楽しみましょう) ■準備するもの 筆記用具 ■講師 渡辺 信(生涯学習数学研究所) 福田 千枝子(帝京大学)  垣花 京子(筑波学院大学) ■主催 生涯学習数学研究所 ■後援 鹿沼市教育委員会 【保護者の皆様へ】 鹿沼で「算数を楽しむ」会を始めて,今年で14年目を迎えます.毎年桜の咲くころに鹿沼の皆様とお会いできることが楽しくなりました.今回も春休みに,また,鹿沼の皆様と算数を楽しむことができることを楽しみにしています.小学校で好きだった算数が,中学・高校と進むにつれて嫌いになるのでは問題です.お子様方に算数を楽しく学ぶきっかけを作りたい,学校で算数が楽しくなって欲しいと思ってはじめた会です.今回は,古くから日本の文化の中にある「ハト目返し」を取り上げ,その中にある算数を探してみます.手を動かし,頭を使い実際に作業を行いながら算数を理解しようと思います.作業をしながら算数を理解することができて,算数を学ぶ動機付けになったらよいと思っています.お子さまと一緒に参加してください.そして一緒にやることによって,算数の話題を通して話をする機会がうまれます.保護者の皆様の積極的な参加をお待ちしています.

    View Calendar

  • Facebookページ


  • Twitter @tochigilion


  • エンジョイ!カガク!!2013レポート

  • アーカイブ