20180119-01_サイエンスカフェ62-チラシ

Published on 1月 22nd, 2018 | by サイエンスらいおん事務局

0

サイエンスらいおんカフェ第62回(小松田隆夫さん)

When:
2018年2月3日 @ 16:30 – 18:00
2018-02-03T16:30:00+09:00
2018-02-03T18:00:00+09:00
Where:
下野新聞NewsCafe
日本
〒320-0802 栃木県宇都宮市江野町8−12
Cost:
無料(1ドリンクオーダー制)
Contact:
とちぎサイエンスらいおん事務局(帝京大学宇都宮キャンパス内)
028-627-7344

■2月の話題提供者:小松田 隆夫(こまつだ たかお)さん
(国立研究開発法人農研機構 次世代作物開発研究センター 基盤研究領域 遺伝子機能解析ユニット 主席研究員)

20180119-01_サイエンスカフェ62-チラシ
チラシPDFはこちら

▼テーマ:大麦の起源と改良

▼2月3日(祝)16:30-18:00
▼開催場所:下野新聞NewsCafe
▼参加費:無料(1ドリンクオーダー制)
▼定員:15名

栃木県は、工業県であり、農業県でもあります。
内陸型の大きな工業団地もあれば、いちごなどの生産も日本一です。
サイエンスらいおんもスタート当初の正式名称は、
「栃木の自然と先端技術に学ぶサイエンスらいおんプロジェクト」
でしたので、自然科学と科学技術の両輪を持っている地域でもあります。

そんな農業県の一面を持つ栃木県は、
大麦、特に二条大麦の生産量が日本一となりました(H28)。
二条大麦はビール麦とも言われ、ビールの原料として使われます。
皆さんの呑んでいるビールの原料も栃木産の可能性は大いにあるわけですね。

今回のゲストは、そんな大麦の研究をされている小松田隆夫さんです。
所属の正式名称は
「国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 次世代作物開発研究センター 基盤研究領域 遺伝子機能解析ユニット」
と、一息で言うのも大変なほど長い名前ですが、
大麦の起源や改良などについて研究されています。

こんな記事を見ることができました。
岡山大、「人類最古の農業」で収穫されていた栽培オオムギの起源を解明(マイナビニュース)
オオムギはビール製造用に改良された際に休眠期間が短くなった – 岡山大ら(マイナビニュース)
なかなか興味深い研究内容ですね。

ビールを飲まれる方も、もちろんそうでない方も、ご参加いただけます。
(むしろビールの話メインにはなりませんので・・・)
土曜の夕方、ドリンク片手に大麦談議を楽しみましょう。

【予告】
3月3日、らいおんカフェ63とらいおん研究会05を連続開催します。
カフェ63は、獨協医科大学の大塚裕一さんによる、ウィルスや微生物学のお話、
研究会05は、すあなサイエンス代表の猪俣大輔さんによる、サイエンスとイラスト・マンガについてのお話やワークショップ、
を予定しています。
会場は帝京大学宇都宮キャンパス、13:00-14:30カフェ63、15:00-16:30研究会05の予定です。

[紹介文文責:藤平昌寿(サイエンスらいおん事務局)]

▼お申込み
「こくちーず」でのお申込みとなります。

こちらからお申し込みください。(こくちーずからの返信メールが届けば申込完了です。)
締切は2月1日24時までです。
こくちーずが使えない場合は、メールにてお申込みください。
(お名前・お電話番号・年齢をお書き添えください。また、携帯アドレスの場合は返信メールが届くようご設定ください。)
info@tochigi-lion.net




Comments are closed.

Back to Top ↑
  • イベントカレンダー

  • Facebookページ


  • Twitter @tochigilion


  • エンジョイ!カガク!!2013レポート

  • アーカイブ