20180104-01_研究会04・サイエンスカフェ61-チラシ

Published on 1月 1st, 2018 | by サイエンスらいおん事務局

0

サイエンスらいおん研究会Vol.4 & サイエンスらいおんカフェ第61回(奥泉和也さん)

When:
2018年1月20日 @ 15:00 – 17:00
2018-01-20T15:00:00+09:00
2018-01-20T17:00:00+09:00
Where:
帝京大学宇都宮キャンパス
日本
〒320-0003 栃木県宇都宮市豊郷台1丁目1
Cost:
無料
Contact:
とちぎサイエンスらいおん事務局(帝京大学宇都宮キャンパス内)
028-627-7344

※1月のらいおんカフェは、「サイエンスらいおん研究会Vol.4」と併催いたします。

■1月の話題提供者:奥泉 和也(おくいずみ かずや)さん
(鶴岡市立加茂水族館 館長)
20180104-01_研究会04・サイエンスカフェ61-チラシ
チラシPDFはこちら

▼テーマ:世界一のクラゲ水族館への秘密を探る

▼1月20日(土)15:00-17:00
▼開催場所:帝京大学宇都宮キャンパス本部棟2号館201教室
▼参加費:無料
▼定員:30名

昨年度から始まりました「サイエンスらいおん研究会」。
今季も開催することになりました。
昨年度は3回開催し、今回が4回目。
今季は「科学を楽しく伝えること」をテーマに、2回ほど予定しております。

今回は、カフェ61と併催します。
カフェ60ではクラゲカフェを開催しましたが、
正にその続編ともいうべき、スペシャルなゲスト。

山形県にある鶴岡市立加茂水族館館長の奥泉和也さんをお招きいたします。

クラゲの展示数として世界一を誇る加茂水族館。
水族館としては規模は大きくなく、また冬には雪や寒さに見舞われるこの施設が、
年間50万人以上の来客を誇るまでの道のりは、紆余曲折だったそうです。
文責の私も昨年末に実際に加茂水族館を訪問してきましたが、

その魅力に引き込まれそうになりました。

なぜクラゲなのか?
なぜここまで人気になったのか?
来場者もスタッフも地元の人々も幸せになる試みとは?

そんな話をしていただきながら、皆様とも対話していきたいと思います。

研究会と名付けていますが、ご覧いただいているすべての皆様が気軽に参加可能です。(1回だけの参加でもOKです)
以下の方にはぜひともご参加いただけると面白くなると思います。

  • 「サイエンスコミュニケータ」に興味ある方
  • カガクは得意でないけど、「伝えること」に興味ある方
  • 学際的なことに興味ある方
  • 知るだけでは物足りない方
  • サイエンスカフェなどに参加するだけではなく、ちょっと参画してみたい方
  • 新しいことにワクワクする方
  • 人と人を繋ぐことが好きな方
  • もちろん、中高生や学生・教員・研究者などでもOK!!

流れや希望によっては、実際にサイエンスコミュニケーション活動に関われる機会ができるかもしれません。
まずはその一歩を踏み出してみませんか?
らいおんカフェ同様、様々な年代の方々と一緒に、ワイワイ学びましょう!

[紹介文文責:藤平昌寿(サイエンスらいおん事務局)]

▼お申込み
「こくちーず」でのお申込みとなります。

こちらからお申し込みください。(こくちーずからの返信メールが届けば申込完了です。)
締切は1月18日24時までです。
こくちーずが使えない場合は、メールにてお申込みください。

info@tochigi-lion.net




Comments are closed.

Back to Top ↑
  • イベントカレンダー

    2月
    10
    2018
    14:00 とちぎサイエンスらいおん第6回公... @ 帝京大学宇都宮キャンパス
    とちぎサイエンスらいおん第6回公... @ 帝京大学宇都宮キャンパス
    2月 10 @ 14:00 – 17:00
    とちぎサイエンスらいおん第6回公開シンポジウム「深海の科学」 @ 帝京大学宇都宮キャンパス | 宇都宮市 | 栃木県 | 日本
    チラシPDFはこちら 第6回目を迎えるサイエンスらいおん公開シンポジウム。 今回は「深海」をテーマに、海洋研究開発機構の山本正浩氏による基調講演をはじめ、県内で活躍している方々による一般講演、会場を交えてのトークセッションなどを予定しております。 また、終了後にはロビーにて意見交換会も予定しております。奮ってご参加ください。 ■主催 とちぎサイエンスらいおん・帝京大学 ■後援(予定) 栃木県教育委員会、一般社団法人栃木県商工会議所連合会、栃木県商工会議所連合会、栃木県中小企業団体中央会、公益社団法人栃木県経済同友会、一般社団法人栃木県情報サービス産業協会、大学コンソーシアムとちぎ、公益財団法人栃木県産業振興センター、株式会社下野新聞社、株式会社とちぎテレビ、株式会社栃木放送、株式会社エフエム栃木 ■日時 2018年2月10日(土) 14:00~17:00 ■会場 帝京大学宇都宮キャンパス 地域経済学科棟大講義室 ■プログラム予定 13:30 開場 14:00 開演 ▽開会挨拶 ▽とちぎサイエンスらいおん紹介 ▽基調講演 「深海の海底温泉の世界:「地球を食べる生態系」と「生命の起源」」 国立研究開発法人 海洋研究開発機構 研究員 山本 正浩 氏 ▽ブレイクタイム ▽一般講演 「栃木県は太古に海底だった」 河野 重範 氏 (栃木県立博物館 研究員) 「微細藻類の過去と未来」 篠村 知子 氏 (帝京大学理工学部 教授) ▽トークセッション ▽閉会挨拶 17:00 終了予定・意見交換会 ■お申込み 「こくちーず」でのお申込みとなります。 こちらからお申し込みください。(こくちーずからの返信メールが届けば申込完了です。) 締切は2月9日16時です。これ以降は申込は出来ませんが、当日直接参加も可能です。 こくちーずが使えない場合は、メールにてお申込みください。 info@tochigi-lion.net

    View Calendar

  • Facebookページ


  • Twitter @tochigilion


  • エンジョイ!カガク!!2013レポート

  • アーカイブ