20170208-01_サイエンスカフェ51-チラシ

Published on 1月 25th, 2017 | by サイエンスらいおん事務局

0

サイエンスらいおんカフェ第51回(高溝正さん)

When:
2017年3月11日 @ 15:00 – 17:00
2017-03-11T15:00:00+09:00
2017-03-11T17:00:00+09:00
Where:
下野新聞NewsCafe
日本
〒320-0802 栃木県宇都宮市江野町8−12
Cost:
無料(1ドリンクオーダー制)
Contact:
とちぎサイエンスらいおん事務局(帝京大学宇都宮キャンパス内)
028-627-7344

■3月の話題提供者:高溝 正(たかみぞ ただし)さん
(国立研究開発法人農研機構 畜産研究部門 飼料作物研究領域 飼料作物ゲノムユニット 主席研究員)

20170208-01_サイエンスカフェ51-チラシ
PDFチラシ

▼テーマ:牧草カフェ~未来の食卓を考える~

▼3月11日(土)15:00-17:00
▼開催場所:下野新聞NewsCafe
▼参加費:無料(1ドリンクオーダー制)
▼定員:15名

▼ゲスト略歴
1956年 東京都武蔵野市生まれ
1975年 私立武蔵高校卒業
1981年 東京大学農学部農業生物学科園芸第1研究室卒業
1986年 同 博士課程単位取得退学
1986年 農林水産省草地試験場育種工学研究室採用
1990年 スイス連邦工科大学チューリヒ校客員研究員
1991年 草地試験場主任研究官
1994年 農学博士
1997年 農林水産技術会議事務局研究調査官
2001年 独立行政法人畜産草地研究所育種工学研究室長
2006年 同 育種工学研究チーム長
2011年 同 上席研究員
2016年 同 主席研究員
2017年3月31日 定年退職予定
趣味:ピアノ、囲碁、家庭菜園、ドイツ語

皆さんは飼料作物という言葉をご存知でしょうか?
「飼料」という文字から分かる通り、エサを指します。
牛や豚などに代表される家畜や家禽(かきん)に与えるためのエサを飼料作物と言うそうです。
家畜のエサというと、牧草などを思い浮かべる方が多いと思われますが、他にも、トウモロコシやマメ科植物なども該当します。

今回のゲストの高溝さんは、これらの飼料作物についての研究を長年行っている方です。
栃木県の北の方、東北道の西那須野塩原インターのすぐ隣に、農研機構の畜産草地研究所があります。
更にすぐ隣には民間牧場や公営公園があるので、この研究所の敷地もてっきり牧場だと思っていましたが、貴重な研究の場となっているようです。

この地で多くの研究を行ってきた高溝さん。
牧草や飼料というと、あまり馴染みの無い話題かも知れませんが、
皆さんの食卓に多く上るお肉などの基になっていると考えると、少し身近に感じられませんか?
普段なかなか聞けない話も聞けるかもしれません。どうぞご参加ください!

[紹介文文責:藤平昌寿(サイエンスらいおん事務局)]

▼お申込み
「こくちーず」でのお申込みとなります。

こちらからお申し込みください。(こくちーずからの返信メールが届けば申込完了です。)
締切は3月8日24時までです。
こくちーずが使えない場合は、メールにてお申込みください。
(お名前・お電話番号・年齢をお書き添えください。また、携帯アドレスの場合は返信メールが届くようご設定ください。)
info@tochigi-lion.net




Comments are closed.

Back to Top ↑
  • イベントカレンダー

    3月
    4
    2017
    13:30 スパコンを知る集い in宇都宮 〜「... @ コンセーレ(栃木県青年会館)
    スパコンを知る集い in宇都宮 〜「... @ コンセーレ(栃木県青年会館)
    3月 4 @ 13:30 – 16:00
    スパコンを知る集い in宇都宮 〜「京」からポスト「京」へ〜 @ コンセーレ(栃木県青年会館) | 宇都宮市 | 栃木県 | 日本
    理化学研究所主催のイベントです。 スパコン=スーパーコンピュータといえば「京」が有名ですが、ポスト「京」を目指して、様々な研究や取り組みが行われています。 スパコンの現状と未来を知る全国巡回イベント スパコンを知る集い  〜「京」からポスト「京」へ〜 が宇都宮にやってきます。 どなたでも参加可能ですので、ぜひご参加ください。 詳しくはこちらをご覧ください。
    3月
    11
    2017
    15:00 サイエンスらいおんカフェ第51回... @ 下野新聞NewsCafe
    サイエンスらいおんカフェ第51回... @ 下野新聞NewsCafe
    3月 11 @ 15:00 – 17:00
    サイエンスらいおんカフェ第51回(高溝正さん) @ 下野新聞NewsCafe | 宇都宮市 | 栃木県 | 日本
    ■3月の話題提供者:高溝 正(たかみぞ ただし)さん (国立研究開発法人農研機構 畜産研究部門 飼料作物研究領域 飼料作物ゲノムユニット 主席研究員) PDFチラシ ▼テーマ:牧草カフェ~未来の食卓を考える~ ▼3月11日(土)15:00-17:00 ▼開催場所:下野新聞NewsCafe ▼参加費:無料(1ドリンクオーダー制) ▼定員:15名 ▼ゲスト略歴 1956年 東京都武蔵野市生まれ 1975年 私立武蔵高校卒業 1981年 東京大学農学部農業生物学科園芸第1研究室卒業 1986年 同 博士課程単位取得退学 1986年 農林水産省草地試験場育種工学研究室採用 1990年 スイス連邦工科大学チューリヒ校客員研究員 1991年 草地試験場主任研究官 1994年 農学博士 1997年 農林水産技術会議事務局研究調査官 2001年 独立行政法人畜産草地研究所育種工学研究室長 2006年 同 育種工学研究チーム長 2011年 同 上席研究員 2016年 同 主席研究員 2017年3月31日 定年退職予定 趣味:ピアノ、囲碁、家庭菜園、ドイツ語 皆さんは飼料作物という言葉をご存知でしょうか? 「飼料」という文字から分かる通り、エサを指します。 牛や豚などに代表される家畜や家禽(かきん)に与えるためのエサを飼料作物と言うそうです。 家畜のエサというと、牧草などを思い浮かべる方が多いと思われますが、他にも、トウモロコシやマメ科植物なども該当します。 今回のゲストの高溝さんは、これらの飼料作物についての研究を長年行っている方です。 栃木県の北の方、東北道の西那須野塩原インターのすぐ隣に、農研機構の畜産草地研究所があります。 更にすぐ隣には民間牧場や公営公園があるので、この研究所の敷地もてっきり牧場だと思っていましたが、貴重な研究の場となっているようです。 この地で多くの研究を行ってきた高溝さん。 牧草や飼料というと、あまり馴染みの無い話題かも知れませんが、 皆さんの食卓に多く上るお肉などの基になっていると考えると、少し身近に感じられませんか? 普段なかなか聞けない話も聞けるかもしれません。どうぞご参加ください! [紹介文文責:藤平昌寿(サイエンスらいおん事務局)] ▼お申込み 「こくちーず」でのお申込みとなります。 こちらからお申し込みください。(こくちーずからの返信メールが届けば申込完了です。) 締切は3月8日24時までです。 こくちーずが使えない場合は、メールにてお申込みください。 (お名前・お電話番号・年齢をお書き添えください。また、携帯アドレスの場合は返信メールが届くようご設定ください。) info@tochigi-lion.net
    3月
    12
    2017
    13:00 リケジョが支える日本の未来! @ 帝京大学宇都宮キャンパス
    リケジョが支える日本の未来! @ 帝京大学宇都宮キャンパス
    3月 12 @ 13:00 – 15:30
    リケジョが支える日本の未来! @ 帝京大学宇都宮キャンパス | 宇都宮市 | 栃木県 | 日本
    2017年3月12日(日)、帝京大学宇都宮キャンパスにおいて、リケジョが支える日本の未来!を開催します。 女性が活躍できる理系の仕事って何があるか知っていますか? 看護師さん?お医者さん?薬剤師さん? 実は現在様々な仕事の場で理系女子(リケジョ)の活躍が期待されています。普段はあまり知られていない理系の仕事や企業についてお仕事の話や生活について聞いてみましょう! 理系の仕事、理系女子に関わるお仕事をされている方をお招きして講演会を開催します。 理系の仕事に興味のある女子中高生、理系の仕事をもっと知りたい保護者・教員の皆様、奮ってご参加ください。 詳しくはこちらをご覧ください。
    3月
    14
    2017
    18:00 サイエンスらいおん研究会Vol.3(... @ 帝京大学宇都宮キャンパス
    サイエンスらいおん研究会Vol.3(... @ 帝京大学宇都宮キャンパス
    3月 14 @ 18:00 – 20:00
    サイエンスらいおん研究会Vol.3(高尾戸美さん) @ 帝京大学宇都宮キャンパス | 宇都宮市 | 栃木県 | 日本
    ※今回の研究会はいつもより30分早い開始です。ご注意ください。 ■3月の話題提供者:高尾 戸美(たかお ひろみ)さん (日本サイエンスコミュニケーション協会理事・合同会社マーブルワークショップ代表) PDFチラシ ▼テーマ:展示で科学を伝えよう ▼3月14日(水)18:00-20:00 ▼開催場所:帝京大学宇都宮キャンパス本部棟2号館201教室 ▼参加費:無料 ▼定員:20名 ※今回は直前の17:15頃から、リフレクションタイムとして、前回Vol.2でのカードゲームの体験タイムを設けます。前回参加できなかった方など、今回の研究会に参加される方ならば、こちらにもご参加いただけます。 ▼ゲスト略歴 北海道教育大学大学院教育学研究科修了。 学部時代にインフォーマル・ラーニングの場としてのミュージアムに興味を持ち、札幌市豊平川さけ科学館のボランティア活動後、スタッフとして調査研究・飼育展示・教育プログラムの運営に携わる。 東京に拠点を移してからは、国立科学博物館での勤務、国内外のチルドレンズミュージアムの視察調査、全国の様々なミュージアムの展示プロジェクト等に従事。 ミュージアムと人の関わり方を捉えなおすために2011年にワークショップを通じてミュージアムに関わる人々の学びの場の創出を目指した任意団体マーブルワークショップを設立。 以後全国で様々なプロジェクトを展開し、2014年に法人化(http://www.marblews.com/)。 2017年2月より、多摩六都科学館の研究・交流グループリーダーとしてミュージアムの現場に復帰。 帝京科学大学学芸員養成課程の講師として人材育成にも携わっている。 現在: 多摩六都科学館研究・交流グループリーダー 合同会社マーブルワークショップ代表 ワークショップデザイナー ミュージアム・プランナー 帝京科学大学非常勤講師 日本サイエンスコミュニケーション協会理事。 サイエンスらいおん研究会も3回目を迎え、今年度としては最後の開催となります。 実践研究の第2段は「展示」を考えながら、伝えることを考えます。 ゲストの高尾戸美さんは、科学館や博物館・ミュージアムなどの現場経験を持ちながら、事業を起こしたり、大学で講義をしたり、国内外での活動など、多彩なアクティビティをお持ちです。 また、この2月より、前回ゲストの齋藤さんと同じ多摩六都科学館での業務も始められています。 今回は、参加者の皆さんそれぞれに、オリジナルの展示企画を考えていただき、伝え方の多様性を感じていただくワークショップ形式で進める予定です。 研究会と名付けていますが、ご覧いただいているすべての皆様が気軽に参加可能です。(1回だけの参加でもOKです) 以下の方にはぜひともご参加いただけると面白くなると思います。 「サイエンスコミュニケータ」に興味ある方 カガクは得意でないけど、「伝えること」に興味ある方 学際的なことに興味ある方 知るだけでは物足りない方 サイエンスカフェなどに参加するだけではなく、ちょっと参画してみたい方 新しいことにワクワクする方 人と人を繋ぐことが好きな方 もちろん、中高生や学生・教員・研究者などでもOK!! 流れや希望によっては、実際にサイエンスコミュニケーション活動に関われる機会ができるかもしれません。 まずはその一歩を踏み出してみませんか? らいおんカフェ同様、様々な年代の方々と一緒に、ワイワイ学びましょう! [紹介文文責:藤平昌寿(サイエンスらいおん事務局)] ▼お申込み 「こくちーず」でのお申込みとなります。 こちらからお申し込みください。(こくちーずからの返信メールが届けば申込完了です。) 締切は3月12日24時までです。 こくちーずが使えない場合は、メールにてお申込みください。 info@tochigi-lion.net
    4月
    1
    2017
    13:00 鹿沼 算数を楽しむ ―「あみだくじ... @ 鹿沼市民情報センター 1F 研修室
    鹿沼 算数を楽しむ ―「あみだくじ... @ 鹿沼市民情報センター 1F 研修室
    4月 1 @ 13:00 – 15:00
    鹿沼 算数を楽しむ ―「あみだくじ」を作ろう― @ 鹿沼市民情報センター 1F 研修室 | 鹿沼市 | 栃木県 | 日本
    [PDFチラシ] 【鹿沼 算数を楽しむ ― 「あみだくじ」を作ろう ―】 みんなで算数を楽しみませんか。1つだけあるプレゼントをだれがもらうか決めるときあみだくじを作るでしょう。あみだくじを使えば必ずひとりを選ぶことができます。教室の席順を決めるときあみだくじを作るでしょう。あみだくじを使ったときに、ふたりが同じ席になることはないのでしょうか。いろいろなあみだくじを作ってみると、いくつかの規則がかくされていることがわかります。その中にある算数を探してみましょう。あなたがプレゼントに当たるようなあみだくじを作ることができるかもしれません。 ■日 時 4月1日(土) 午後1:00 ~ 3:00 終了予定 (開場12:45) ■場 所 市民情報センター 1F 研修室 鹿沼市文化橋町1982-18 電話(0289)63-8300 駐車場あり ■参加費 無料 ※事前連絡不要(当日会場においでください) ■対 象 小学生と保護者 (一緒に算数を楽しみましょう) ■準備するもの 筆記用具 ■講師 渡辺 信(生涯学習数学研究所) 福田 千枝子(帝京大学)  垣花 京子(筑波学院大学) ■主催 生涯学習数学研究所 ■後援 鹿沼市教育委員会 【保護者の皆様へ】 鹿沼で「算数を楽しむ」会を始めて、今年で12年目を迎えます。毎年3月頃に鹿沼の皆様とお会いできることが楽しくなりました。お子様方に算数を楽しく学ぶきっかけを作りたい、学校で算数が楽しくなってほしいと思ってはじめた会です。今回は、あみだくじをとりあげ、その中にある算数を探してみます.身近なあみだくじの中にさまざまな規則や美しさがかくれていることに気付くことでしょう. 手を動かし、頭を使い実際に作業を行いながら算数を理解しようと思います。作業をしながら算数を理解することができて、算数を学ぶ動機付けになったらよいと思っています。お子さまと一緒に参加され、算数の話題を通して話をする機会にもなります。保護者の皆様の積極的な参加をお待ちしています。

    View Calendar

  • Facebookページ


  • Twitter @tochigilion


  • エンジョイ!カガク!!2013レポート

  • アーカイブ