20160226-01_里山の未来会議-チラシ最終稿_ページ_2

Published on 3月 7th, 2016 | by サイエンスらいおん事務局

0

第1回里山の未来会議 ~栃木の里山を科学する~

When:
2016年3月21日 @ 10:00 – 16:40
2016-03-21T10:00:00+09:00
2016-03-21T16:40:00+09:00
Where:
葛の里壱番館
日本
〒327-0501 栃木県佐野市葛生東1丁目13−3
Cost:
無料
Contact:
赤堀(谷)雅人 (猪鹿鳥獣共生ネット)
090-6116-3876

近年,里山を守ることが注目されている一方で,人々の生活の変化や土地開発を前にして里山生態系は危機に直面しています。今一度里山の重要性を見直し,より有効的に活用するためにはどうすればよいのか? 今回は,里山の利活用の実例(栃木市大柿地区・佐野地区の紹介)や生物多様性の保全など,科学的な視点を交えて,里山の未来についてみなさんと考えたいと思います。

20160226-01_里山の未来会議-チラシ最終稿_ページ_1 20160226-01_里山の未来会議-チラシ最終稿_ページ_2

平成28年3月21日(月・祝)

【午前の部】
10:00~ ①佐野地区視察会(多田・長坂) 集合場所:葛の里駐車場
12:00~ 昼休憩(昼食持参)

【午後の部】 場所:葛の里・2階
13:00~ ②シンポジウム
総合司会 石川直樹 (猪鹿鳥獣共生ネット副事務局長)
コーディネーター 深田陽平 (東京農工大学大学院連合農学研究科)

『佐野市内の里山活用事例紹介』(猪鹿鳥獣共生ネット事務局長 赤堀(谷)雅人)
『生物から見た里山』(NPO法人自然史データバンクアニマnet代表 渡邊秀昭・事務局長 田中恵)
『とちぎサイエンスらいおんの活動とGISによる里山研究』(とちぎサイエンスらいおん事務局 藤平昌寿)
『大学は里山の未来のために何ができるか?』(宇都宮大学 飯郷雅之,人見愛,梅津輝 他)

14:00~ 休憩
14:15~ ③ワークショップ
専門家を交えていくつかのグループに分かれ,意見交換や意見集約を行う予定です。各グループでまとまった意見は代表者に発表していただき,参加者全員で「栃木の里山の未来」について考えていきたいと思います。
16:10~ 発表会
17:00~ ④懇親会 (3000~4000円*参加人数による)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Back to Top ↑
  • イベントカレンダー

  • Facebookページ


  • Twitter @tochigilion


  • エンジョイ!カガク!!2013レポート

  • アーカイブ