実践講座 作品 小川あゆみ-写真2

Published on 4月 24th, 2013 | by サイエンスらいおん事務局

0

「脳のメカニズム解明したい」 ―ロボットの動きに応用も―

サイエンスらいおん実践講座 レポータコース 記事作成クラス 第1期生(平成24年度受講)
小川あゆみさんの作品です。

PDFファイルでもご覧いただけます。
小川あゆみさんの作品

 

まくりあげたシャツの腕に八対の電極をつけたまま、帝京大学理工学部ヒューマン情報システム学科の山根健助教は楽しそうな笑顔で迎えてくれた。長い名称のこの学科、文字通り人間の情報処理のシステムを工学で応用すること。つまり人と機械、情報が調和して快適で豊かにするものづくりを目指している。人工知能の開発により、機械が思考することで人間とより協調して動くことを可能にしようと研究にあたる山根助教を尋ね、現状と展望などを聞いた。
筋肉を動かす時に流れる微弱な電位(筋電位)を腕に付けられた電極で読み取り、それぞれの筋電の強弱が赤い濃淡でモニターに表示され動作のパターンを認識する。三回ほど、動作をコンピューターに学習させることで、「絶対に負けないじゃんけんロボットもできる」と山根助教。手を出そうとする時に既に筋電が出ている為、先読みしてコンピューターが勝てる手を判断してしまうのである。
一方、人工知能を搭載した賢い機械でもプログラムにないルールは実行できない。人や動物のように未知の状況にも予測して経験から考え行動するということは、あらゆる状況に対応する指示を機械にプログラムすることは不可能だからだ。
こうした弱点を少しでも克服したいと山根助教が研究を進めるのが ニューラルネットと呼ばれる脳をモデル化したプログラムを使った脳型推論である。同じ動作でも毎回微妙に違う筋電を学習したパターンを基に類推し、脳と同様の複雑な情報処理をする。様々な状況で変化する人間の動作を機械が理解できるようになれば、より人の動 作に近く柔軟性の高い筋電義手への応用も期待されるという。
なぜこの研究を始めたのか、山根助教に尋ねてみた。
「元々、脳でどのように情報処理がされているのか興味があった。学生の頃、基礎的な推論のモデルづくりをしていて、ただ好きだというだけでやっていた。さらに発展 させて、脳の柔軟な働きをモデル化することで生 理学とは別の角度から人 間の脳のメカニズムを解 明したい」山根助教の探究は続く。




Comments are closed.

Back to Top ↑
  • イベントカレンダー

    3月
    29
    2020
    14:00 とちぎサイエンスらいおん第8回公... @ 帝京大学宇都宮キャンパス
    とちぎサイエンスらいおん第8回公... @ 帝京大学宇都宮キャンパス
    3月 29 @ 14:00 – 16:40
    とちぎサイエンスらいおん第8回公開シンポジウム「自動車の未来」 @ 帝京大学宇都宮キャンパス | 宇都宮市 | 栃木県 | 日本
    事前申込は3/26 17:00で締め切りますが、当日参加も可能ですので、直接会場にご来場ください。 第8回目を迎えるサイエンスらいおん公開シンポジウム。 例年の2月開催から3月末開催になりました。 今回は「自動車の未来」をテーマに、3名のご講演を予定しております。 今回もトークセッションを実施しない代わりに、終了後のロビーでの意見交換会(軽食付・どなたでも参加可能)でゲストや来場者とのトークが可能です。奮ってご参加ください。 ■主催 とちぎサイエンスらいおん・帝京大学 ■後援 栃木県教育委員会、一般社団法人栃木県商工会議所連合会、栃木県商工会議所連合会、栃木県中小企業団体中央会、公益社団法人栃木県経済同友会、一般社団法人栃木県情報サービス産業協会、大学コンソーシアムとちぎ、公益財団法人栃木県産業振興センター、株式会社下野新聞社、株式会社とちぎテレビ、株式会社栃木放送、株式会社エフエム栃木 ■日時 2020年3月29日(日) 14:00~16:40 ■会場 帝京大学宇都宮キャンパス 地域経済学科棟大講義室 ■プログラム予定 13:30 開場 14:00 開演 ▽開会挨拶 ▽とちぎサイエンスらいおん紹介 ▽基調講演 「自動運転の課題とその取組み」 井上 秀明 氏(株式会社自研センター 取締役・技術調査部長) ▽ブレイクタイム ▽講演 「自動車の安全対策の状況」 牧田 匡史 氏(帝京大学 理工学部機械・精密システム工学科 講師) 「自動車の電動化について」 米川明之氏(株式会社 本田技術研究所 オートモービルセンター 主任研究員) ▽閉会挨拶 16:40 終了予定・意見交換会(登壇者・参加者と直接お話いただけます) ■お申込み 「こくちーず」でのお申込みとなります。 こちらからお申し込みください。(こくちーずからの返信メールが届けば申込完了です。) 締切は3月26日17時です。これ以降は申込は出来ませんが、当日直接参加も可能です。 こくちーずが使えない場合は、メールにてお申込みください。 info@tochigi-lion.net
    4月
    4
    2020
    13:00 鹿沼 算数を楽しむ ―いろいろな紙... @ 鹿沼市民情報センター 1F 研修室
    鹿沼 算数を楽しむ ―いろいろな紙... @ 鹿沼市民情報センター 1F 研修室
    4月 4 @ 13:00 – 15:00
    鹿沼 算数を楽しむ ―いろいろな紙テープの輪を切ってみよう― @ 鹿沼市民情報センター 1F 研修室 | 鹿沼市 | 栃木県 | 日本
    [PDFチラシ] 【鹿沼 算数を楽しむ ― いろいろな紙テープの輪を切ってみよう ―】 紙テープで作った「いろいろな輪を切る」ことは、小学校の教科書に「メビウスの輪」や「つないだ2つの輪」を切る問題が出ています。もっといろいろなつなぎ方をした紙テープの輪を切ってみたらどうなるでしょう? 算数では自分で考えて、その考えたことを試してみることによって楽しい体験をすることができます。今回は、図形の問題を考えますが、何ができるか,「自分で考えること」と「実際にやってみたこと」に違いがあるかもしれません。みんなで話し合い,考え,そして算数で楽しみましょう. ■日 時 2020年4月4日(土) 午後1:00 ~ 3:00 終了予定 (開場12:45) ■場 所 鹿沼市民情報センター 1F 研修室 鹿沼市文化橋町1982-18 電話(0289)63-8300 駐車場あり ■参加費 無料 ※事前連絡不要(当日会場においでください) ■対 象 小学生と保護者 (一緒に算数・図形を楽しみましょう) ■準備するもの 筆記用具 ■講師 渡辺 信(生涯学習数学研究所) 福田 千枝子(帝京大学)  垣花 京子(筑波学院大学) ■主催 生涯学習数学研究所 ■後援 鹿沼市教育委員会 【保護者の皆様へ】 鹿沼で「算数を楽しむ」会を始めて,今年で15年目を迎えます.毎年桜の咲くころに鹿沼の皆様とお会いできることが楽しくなりました.今回は春休みの前になりましたが,鹿沼の皆様と算数を楽しむことができることを楽しみにしています.小学校で好きだった算数が,中学・高校と進むにつれて嫌いになるのでは問題です.お子様方に算数を楽しく学ぶきっかけを作りたい,学校で算数が楽しくなって欲しいと思ってはじめた会です.今回は,教科書に出てくる「メビウスの帯」を取り上げ,その中にあるこの種の性質を探してみます.手を動かし,頭を使い実際に作業を行いながら算数を理解しようと思います.作業をしながら算数を理解することができて,算数を学ぶ動機付けになったらよいと思っています.お子さまと一緒に参加してください.そして一緒にやることによって,算数の話題を通して話をする機会がうまれます.保護者の皆様の積極的な参加をお待ちしています.

    View Calendar

  • Facebookページ


  • Twitter @tochigilion


  • エンジョイ!カガク!!2013レポート

  • アーカイブ