実践講座 作品 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Published on 4月 24th, 2013 | by サイエンスらいおん事務局

0

高齢者の移動を手助け ―燃料電池カート開発中―

サイエンスらいおん実践講座 レポータコース 記事作成クラス 第1期生(平成24年度受講)
橋本直美さんの作品です。

PDFファイルでもご覧いただけます。
橋本直美さんの作品

 

帝京大学機械・精密システム工学科の青木昭夫准教授は、水素燃料電池カートの開発を進めている。二酸化炭素(CO2)を排出せず、手軽でコンパクトなこの乗り物は、自然公園や遊園地など小規模エリアでの活用が期待される。青木准教授は「子供やお年寄りの 移動を楽にしたい」と実用化を目指している。
青木准教授は現在、2台 の水素燃料電池カートを開発しており、1台は時速5〜7キロ、もう1台は時速30キロのスピードを出すことができるという。
これらの水素燃料電池カートでは、水素の車載に水素吸蔵合金を、燃料電池に固体高分子形を使用している。「水素吸蔵」の文字 通り、特殊な合金に水素がたまるといったイメージで、そして水素吸蔵合金に熱を加えると、貯蔵されている水素が放出される。この水素と空気中の酸素から発電される仕組みだ。ガソリンと違い、CO2を排出しないことが最大のメリット。
水素吸蔵合金は、車の奥に取り付けられるバッテリーに比べ取り外しが簡単で、水素が貯蔵されたものと交換すれば良いという点も特長だ。
一方、水素吸蔵合金自体とても重いというデメリットがある。これについて青木准教授は「低重心にすれば転倒しにくい。デメリットも目的や用途によってはメリットになる」と説明。重さを安定感につなげ、環境にも優しい「安全安心な乗り物」として、自然公園や遊園地などでの活用に期 待を寄せる。
このほか、市販の原付バイクにモーターを取り付けたハイブリッド型原付バイクの開発も行っている。モーターとエンジンの使い分けによって排気ガスの排出量を少なくする。世の中に何千台もある既存の原付バイクを、新しく買い替えることなく活用する点もポイントだ。
これら二つの開発について准教授は「CO2の削減は急務。研究開発を進めることで社会貢献につなげたい」と話している。




Comments are closed.

Back to Top ↑
  • イベントカレンダー

    2月
    10
    2018
    14:00 とちぎサイエンスらいおん第6回公... @ 帝京大学宇都宮キャンパス
    とちぎサイエンスらいおん第6回公... @ 帝京大学宇都宮キャンパス
    2月 10 @ 14:00 – 17:00
    [ポスターは間もなく掲載予定です] 第6回目を迎えるサイエンスらいおん公開シンポジウム。 今回は「深海」をテーマに、海洋研究開発機構の山本正浩氏による基調講演をはじめ、県内で活躍している方々による一般講演、会場を交えてのトークセッションなどを予定しております。 また、終了後にはロビーにて意見交換会も予定しております。奮ってご参加ください。 ■主催 とちぎサイエンスらいおん・帝京大学 ■後援(予定) 栃木県教育委員会、一般社団法人栃木県商工会議所連合会、栃木県商工会議所連合会、栃木県中小企業団体中央会、公益社団法人栃木県経済同友会、一般社団法人栃木県情報サービス産業協会、大学コンソーシアムとちぎ、公益財団法人栃木県産業振興センター、株式会社下野新聞社、株式会社とちぎテレビ、株式会社栃木放送、株式会社エフエム栃木 ■日時 2018年2月10日(土) 14:00~17:00 ■会場 帝京大学宇都宮キャンパス 地域経済学科棟大講義室 ■プログラム予定 13:30 開場 14:00 開演 ▽開会挨拶 ▽とちぎサイエンスらいおん紹介 ▽基調講演 「深海の海底温泉の世界:「地球を食べる生態系」と「生命の起源」」 国立研究開発法人 海洋研究開発機構 研究員 山本 正浩 氏 ▽ブレイクタイム ▽一般講演 「栃木県は太古に海底だった」 河野 重範 氏 (栃木県立博物館 研究員) 「微細藻類の過去と未来」 篠村 知子 氏 (帝京大学理工学部 教授) ▽トークセッション ▽閉会挨拶 17:00 終了予定・意見交換会 ■お申込み 受付開始まで、しばらくお待ちください。

    View Calendar

  • Facebookページ


  • Twitter @tochigilion


  • エンジョイ!カガク!!2013レポート

  • アーカイブ