実践講座 作品 直井宏騏-写真2

Published on 4月 24th, 2013 | by サイエンスらいおん事務局

0

災害時対応の夢開くか? ―常時活用非常時残存技術への挑戦―

サイエンスらいおん実践講座 レポータコース 記事作成クラス 第1期生(平成24年度受講)
直井宏騏さんの作品です。

PDFファイルでもご覧いただけます。
直井宏騏さんの作品

 

宇大工学部では、災害が発生し電源や水などのライフラインが喪失しても必要最小限の機能が残る「非常時残存機能」を持たせる新しいデザインコンセプトを提唱し、そのための研究プロジェクトを立ち上げた。
デザインコンセプトを「ZEROデザイン」と命名し、新しく研究開発するものは、災害発生時のみに利用するので無く、常時活用しながらライフラインの供給が断たれたときには、残された一部のエルネギーなどを活用して最低限の機能を維持させるというものだ。ライフライの喪失があっても必要最小限の機能が残るようにデザインするものである。
ライフラインの喪失がもたらす問題は複合的であるため、異なる専門分野の連携が必須であるが各研究室が横断的に参加して研究開発できる仕組みを作り上げるには、想像以上の困難があるという。プロジェクトとりまとめ役の機械力学が専門の吉田勝俊教授にスタートから1年間の経過を聞いた。
プロジェクト開始の背景には、工学部の「見える化」の一環として行われた「看板プロジェクト募集」事業の進行中と、東日本大震災発生による学内の停電・断水による機能停止が重なり、新しい発想でのプロジェクト立ち上げが必要であったという。
しかし、工学部は独立したテーマを持った研究者の集まりであり、120名以上の研究者がいる。共通の課題を解決するには各研究者が賛同し、その意義を共有できないとプロジェクトを進めることはできない。研究者は各分野でナンバーワンを目指しており、それぞれは先鋭化しようとしている。また、専門分野は、機械・化学・電気・建築・情報・国際交流(留学生担当)などと多岐に亘っており、工学部全体で連携するのは非常に難しいのが現実である。
そこで、各研究室に新しいテーマを研究の一部として追加してもらうには、工学部内に実験場をつくり各研究室の要素技術を自由に持ち寄って参加して貰うことにした。同じ実験場内で研究開発を進める機会を作れば、少なくともお互いに触発しながら新しいアイデアが出るだろうという読みも含まれているという。
初年度の実績は、応募研究開発テーマが20数あり、研究者間の研究開発コンセプトの共有が確立し始めてきたことだという。今まで、学内で顔と名前は知っているが研究開発については話をしたことがないという研究者が殆どだったようなので素晴らしい進展であることは間違いなさそうだ。また、研究開発の成果としては、災害発生時に災害情報速報を電源自立型で発信出来るシステム「環境防災情報キオスク」の開発が他大学との共同研究のなかで進みつつあり、実用化が期待されるところであるという。




Comments are closed.

Back to Top ↑
  • イベントカレンダー

    3月
    26
    2019
    08:30 サイエンスらいおんカフェ第75回... @ 帝京大学宇都宮キャンパス
    サイエンスらいおんカフェ第75回... @ 帝京大学宇都宮キャンパス
    3月 26 @ 08:30 – 17:30
    サイエンスらいおんカフェ第75回(女子中学生のための理系企業見学会) @ 帝京大学宇都宮キャンパス | 宇都宮市 | 栃木県 | 日本
    3月のらいおんカフェは、帝京大学宇都宮キャンパスが展開している「女子中高生の理系進路選択支援プログラム」とのコラボ企画です。 本プログラムは、サイエンスらいおんが初期3年間支援を受けていた(独法)科学技術振興機構による支援プログラムです。 女子中高生を対象に様々な企画を展開しておりますが、今回は「女子中高生のための理系企業見学会」を開催します。 栃木県内の企業を訪問したり、ランチをしながら様々な交流を予定しております。 参加は女子中高生と保護者・教員限定となりますが、普段とは違う雰囲気でお楽しみいただければと思います。 今回のお申込は当プログラム事務局が担当いたします。 詳細はチラシをご覧いただき、お申込はこちらからお願いいたします。  
    3月
    30
    2019
    13:00 鹿沼 算数を楽しむ ―「ハト目返し... @ 鹿沼市民情報センター 1F 研修室
    鹿沼 算数を楽しむ ―「ハト目返し... @ 鹿沼市民情報センター 1F 研修室
    3月 30 @ 13:00 – 15:00
    鹿沼 算数を楽しむ ―「ハト目返し」を作ってみよう― @ 鹿沼市民情報センター 1F 研修室 | 鹿沼市 | 栃木県 | 日本
    [PDFチラシ] 【鹿沼 算数を楽しむ ― 「ハト目返し」を作ってみよう ―】 「ハト目返し」,昔の子供たちは楽しく遊んでいたようですが,最近あまり見かけません.算数で楽しい体験をしませんか? 日本の文化に触れながら,図形の問題を考えます.何ができるか,「自分で考えること」で,いろいろな形を作ることができるかもしれません.みんなで話し合い,考え,そして算数で楽しみましょう.「ハト目返し」を知らないなら大歓迎です.もしかすると鹿沼は日光を作った文化の残っている町,彫刻や絵画の中におもしろい算数があるかもしれません.みんなで探したいですね. ■日 時 平成31年3月30日(土) 午後1:00 ~ 3:00 終了予定 (開場12:45) ■場 所 鹿沼市民情報センター 1F 研修室 鹿沼市文化橋町1982-18 電話(0289)63-8300 駐車場あり ■参加費 無料 ※事前連絡不要(当日会場においでください) ■対 象 小学生と保護者 (一緒に算数を楽しみましょう) ■準備するもの 筆記用具 ■講師 渡辺 信(生涯学習数学研究所) 福田 千枝子(帝京大学)  垣花 京子(筑波学院大学) ■主催 生涯学習数学研究所 ■後援 鹿沼市教育委員会 【保護者の皆様へ】 鹿沼で「算数を楽しむ」会を始めて,今年で14年目を迎えます.毎年桜の咲くころに鹿沼の皆様とお会いできることが楽しくなりました.今回も春休みに,また,鹿沼の皆様と算数を楽しむことができることを楽しみにしています.小学校で好きだった算数が,中学・高校と進むにつれて嫌いになるのでは問題です.お子様方に算数を楽しく学ぶきっかけを作りたい,学校で算数が楽しくなって欲しいと思ってはじめた会です.今回は,古くから日本の文化の中にある「ハト目返し」を取り上げ,その中にある算数を探してみます.手を動かし,頭を使い実際に作業を行いながら算数を理解しようと思います.作業をしながら算数を理解することができて,算数を学ぶ動機付けになったらよいと思っています.お子さまと一緒に参加してください.そして一緒にやることによって,算数の話題を通して話をする機会がうまれます.保護者の皆様の積極的な参加をお待ちしています.

    View Calendar

  • Facebookページ


  • Twitter @tochigilion


  • エンジョイ!カガク!!2013レポート

  • アーカイブ