実践講座 作品 直井宏騏-写真2

Published on 4月 24th, 2013 | by サイエンスらいおん事務局

0

災害時対応の夢開くか? ―常時活用非常時残存技術への挑戦―

サイエンスらいおん実践講座 レポータコース 記事作成クラス 第1期生(平成24年度受講)
直井宏騏さんの作品です。

PDFファイルでもご覧いただけます。
直井宏騏さんの作品

 

宇大工学部では、災害が発生し電源や水などのライフラインが喪失しても必要最小限の機能が残る「非常時残存機能」を持たせる新しいデザインコンセプトを提唱し、そのための研究プロジェクトを立ち上げた。
デザインコンセプトを「ZEROデザイン」と命名し、新しく研究開発するものは、災害発生時のみに利用するので無く、常時活用しながらライフラインの供給が断たれたときには、残された一部のエルネギーなどを活用して最低限の機能を維持させるというものだ。ライフライの喪失があっても必要最小限の機能が残るようにデザインするものである。
ライフラインの喪失がもたらす問題は複合的であるため、異なる専門分野の連携が必須であるが各研究室が横断的に参加して研究開発できる仕組みを作り上げるには、想像以上の困難があるという。プロジェクトとりまとめ役の機械力学が専門の吉田勝俊教授にスタートから1年間の経過を聞いた。
プロジェクト開始の背景には、工学部の「見える化」の一環として行われた「看板プロジェクト募集」事業の進行中と、東日本大震災発生による学内の停電・断水による機能停止が重なり、新しい発想でのプロジェクト立ち上げが必要であったという。
しかし、工学部は独立したテーマを持った研究者の集まりであり、120名以上の研究者がいる。共通の課題を解決するには各研究者が賛同し、その意義を共有できないとプロジェクトを進めることはできない。研究者は各分野でナンバーワンを目指しており、それぞれは先鋭化しようとしている。また、専門分野は、機械・化学・電気・建築・情報・国際交流(留学生担当)などと多岐に亘っており、工学部全体で連携するのは非常に難しいのが現実である。
そこで、各研究室に新しいテーマを研究の一部として追加してもらうには、工学部内に実験場をつくり各研究室の要素技術を自由に持ち寄って参加して貰うことにした。同じ実験場内で研究開発を進める機会を作れば、少なくともお互いに触発しながら新しいアイデアが出るだろうという読みも含まれているという。
初年度の実績は、応募研究開発テーマが20数あり、研究者間の研究開発コンセプトの共有が確立し始めてきたことだという。今まで、学内で顔と名前は知っているが研究開発については話をしたことがないという研究者が殆どだったようなので素晴らしい進展であることは間違いなさそうだ。また、研究開発の成果としては、災害発生時に災害情報速報を電源自立型で発信出来るシステム「環境防災情報キオスク」の開発が他大学との共同研究のなかで進みつつあり、実用化が期待されるところであるという。




Comments are closed.

Back to Top ↑
  • イベントカレンダー

    1月
    23
    2021
    15:00 サイエンスらいおんカフェ第94回... @ オンライン開催
    サイエンスらいおんカフェ第94回... @ オンライン開催
    1月 23 @ 15:00 – 17:00
    サイエンスらいおんカフェ第94回(畑中洋亮さん・田中大介さん) @ オンライン開催 | 宇都宮市 | 栃木県 | 日本
    ■1月の話題提供者: 畑中洋亮 さん(神奈川県 医療危機対策統括官・厚生労働省健康局 参与[コロナ対策・情報戦略]・内閣官房副長官補付 情報戦略調整官) 田中大介 さん(自治医科大学 医学部総合教育部門文化人類学研究室 教授) PDFチラシ ▼テーマ:いのちの技術:終活のこれまで・今・これから ▼1月23日(土)15:00-17:00 ▼開催場所:オンライン開催(zoom利用) ▼参加費:無料 ▼定員:30名 ▼ゲスト略歴 【畑中洋亮さん】 2006年3月 慶應義塾大学理工学部化学科 卒業(理学) 2008年9月 東京大学医科学研究所 ヒトゲノム解析センター 修士課程修了(生命科学) 2008年10月 株式会社アップルジャパン入社 2010年10月 Team 医療3.0設立、共同発起人(現在) 2011年11月 福岡発ベンチャー 株式会社アイキューブドシステムズへ入社 2013年10月 株式会社コトブキ入社 (椅子のコトブキ)取締役社長室長(現在) 2015年4月 佐賀大学医学部非常勤講師(現在) 2016年4月 東京慈恵会医科大学 後期博士課程(医学)入学 (現在) 2018年4月 神戸アイセンター病院社会環境研究室 客員研究員(現在) 2018年10月 衆議院議員小泉進次郎アドバイザー(厚生労働分野)(~2019年6月) 2019年5月 一般財団法人「あなたの医療」設立、代表理事(現在) 2019年8月 神奈川県 顧問(未来創生担当)(現在) 2020年3月 神奈川県 新型コロナウイルス対策本部 医療危機対策統括官(~2020年6月) 2020年6月 厚生労働省 健康局参与(新型コロナウイルス感染症対策担当)(現在) 同月 神奈川県 新型コロナウイルス対策本部 医療危機対策特別顧問 【田中大介さん】 1995年3月 金沢大学 経済学部 経済学科 卒業 1995年4月 三菱商事株式会社社員 2003年3月 東京大学大学院総合文化研究科 超域文化科学専攻 修士課程 修了 2005年4月 日本学術振興会DC2特別研究員 2011年3月 東京大学大学院総合文化研究科 超域文化科学専攻 博士課程 修了 2012年4月 早稲田大学人間科学学術院 助手 2017年4月 東京大学大学院総合文化研究科 学術研究員 2018年4月 – 現在 東京大学教養学部 非常勤講師 2020年4月 – 現在 栃木県立衛生福祉大学校 非常勤講師 2020年4月 – 現在 自治医科大学医学部・大学院医学研究科教授 人は、その歴史のはじまりから、より善い最期を求め、そのための技術を様々に作って来ました。それは、どのようなものであり、そして、これからどのようなものであり得るのでしょうか? 今回も前回に引き続き、2021年3月にオンライン開催予定の公開シンポジウムに関連したゲストをお招きいたしました。 前回も説明いたしましたが、自治医科大学では今年度、 JST-RISTEX 科学技術の倫理的・法的・社会的課題への包括的実践研究開発プロジェクト「技術構成主義」に立つ「生と死」をめぐる倫理の分析と社会的議論の啓発に向けた企画調査 というプロジェクトを実施しており、技術死生学という分野にちなんだシンポジウムを予定しております。 今回のカフェは、このプロジェクトで開催するセミナーとの共催となります。 ゲストの畑中さんは、医療分野を中心に、様々な企業・大学・病院等での経験を経て、あなたの医療という保険手続にまつわる一般社団法人の代表理事を務められております。また、現在は、厚労省や神奈川県の新型コロナウイルス対策の担当などもされており、大変お忙しい中かとは思われますが、「技術で支える人のいのち」というテーマで話題提供いただきます。 田中さんは文化人類学がご専門で、早稲田大学などを経て、昨春、栃木県にある自治医科大学の教授として着任されました。「弔いの文化と技術」と題したテーマで、看取り・見送り・弔いなどに関する話題を、硬軟交えてお話いただく予定です。 前回ゲストの渡部麻衣子さんと私のダブルファシリテータで進行する予定です。 「終活」というと一見、重いテーマに感じる方も多いと思いますが、向き合い方の選択肢が増える機会となれば幸いです。 栃木県内に限らず、全国どこからでもご参加可能ですので、皆様のご参加、お待ちしています。 [紹介文文責:藤平昌寿(とちぎサイエンスらいおん客員研究員)] ▼お申込み 今回のお申込は自治医科大学の方で取りまとめをしております。 以下のフォームからお申込みください。 https://forms.gle/YbBmRkBp2yQdRTQA9 ご質問等は info@tochigi-lion.net でも受け付けます。
    3月
    13
    2021
    14:00 とちぎサイエンスらいおん第8回公... @ オンライン開催
    とちぎサイエンスらいおん第8回公... @ オンライン開催
    3月 13 @ 14:00 – 16:30
    前回、新型コロナウイルスの影響により中止となりました第8回サイエンスらいおん公開シンポジウム。 今回はオンラインでの開催を予定しております。 「技術といのち」をテーマに、帝京大学と自治医科大学のコラボレーション企画として予定しております。 ■主催 とちぎサイエンスらいおん・帝京大学・自治医科大学 ■後援(予定) 栃木県教育委員会、一般社団法人栃木県商工会議所連合会、栃木県商工会議所連合会、栃木県中小企業団体中央会、公益社団法人栃木県経済同友会、一般社団法人栃木県情報サービス産業協会、大学コンソーシアムとちぎ、公益財団法人栃木県産業振興センター、株式会社下野新聞社、株式会社とちぎテレビ、株式会社栃木放送、株式会社エフエム栃木 ■日時 2021年3月13日(土) 14:00~16:30 ■会場 オンライン開催 ■プログラム 後日掲載 ■お申込 後日掲載

    View Calendar

  • Facebookページ


  • Twitter @tochigilion


  • エンジョイ!カガク!!2013レポート

  • アーカイブ