イベント開催報告 DSC_3025

Published on 10月 29th, 2019 | by サイエンスらいおん事務局

0

2019年10月26日 サイエンスらいおんカフェ第82回(森忍さん)

※事前の広報内容はこちらです。
サイエンスカフェ82-チラシ

今回のカフェは、「美しさ」について、対話を通して知見を深めていこうという試みでした。
栃木県内在住の森忍さんをゲストにお招きしました。
森さんは何度かサイエンスらいおんカフェに参加されており、色々とお話を伺う中で、今回のカフェゲストにお越しいただきました。 (らいおんカフェでは何度か、このようなゲスト招聘の例がございます。)

森さんは企業研究員として、生物関連の研究をされております。一方で、絵画などの芸術にも通じていることなどもあり、「美しさって何?」という哲学的なテーマで対話することになりました。

まずはお互いに自己紹介。皆さんバックボーンも様々ですが、「美」について興味ある方々ばかりです(当たり前ですが)。 森さん自身も研究・開発のほか、個人としてのアウトドアや環境にまつわる活動や、今回のテーマに至る理由などをお話しいただきました。
DSC_3025

いよいよ本題。 そのものズバリ、「美しいと感じるものってどんなもの?」という問いからスタートしました。
DSC_3027

それぞれの参加者から、それぞれの視点でお話が出され、ボードに書き込まれていきます。「ほう」「なるほど」などの相槌も自然と出てきます。 一通り出された後、その中の共通点や相違点、新たな気付きなども出されながら、メモが増えていきます。

話をある程度出し切った後、森さんから予め用意していただいていたスライドを基に、森さんなりの美しさの捉え方についてお話しいただきました。
DSC_3032

今回は、何度かカフェでも行っている哲学対話的手法で進めてみました。一応用意したぬいぐるみは出番がありませんでしたが^^
DSC_3061

対話中に頭が少し痺れるような、軽く混乱するような感覚に陥ります。常識だと思っていたことや思いこんでいたことが「揺さぶられる」感覚です。最初は少し戸惑うこともありますが、大抵は思考や問い、対話を進めていくことによって、スッキリすることが多いようです。「ランナーズハイ」ならぬ「思考ハイ」とも言えるこの現象、慣れてくると対話が楽しくなってきます。 (実は私、事前の森さんとの打合せでも、この感覚を楽しめました^^)

残念ながらボードの内容については、外部に公開しないことになりましたので、参加者だけの「お土産」としてお持ち帰りいただいております。これも参加者だけが共有できる感覚ですので、またの機会にぜひご参加くださいね。

最後に、ゲストの森さんからの感想です。
「初めての試みでしたが、充実した時間でした。講演や講義でなく、自由な対話から多彩なものが見えてきて、それぞれが異なる思いを持ち帰られたような気がします。そしてまた、ヒトという生き物は深く、不思議なものだなと再認識しました。参加された皆様に感謝致します。」

ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。

[文責:藤平 昌寿(とちぎサイエンスらいおん客員研究員)]

 

Tags:




Comments are closed.

Back to Top ↑
  • イベントカレンダー

    7月
    11
    2020
    10:00 サイエンスらいおんカフェ第88回... @ zoom上(リモート開催)
    サイエンスらいおんカフェ第88回... @ zoom上(リモート開催)
    7月 11 @ 10:00 – 12:00
    サイエンスらいおんカフェ第88回(藤平昌寿さん) @ zoom上(リモート開催) | 宇都宮市 | 栃木県 | 日本
    ■7月の話題提供者:藤平 昌寿(ふじひら まさとし)さん (帝京大学 とちぎサイエンスらいおん客員研究員) PDFチラシ ▼テーマ:科学と社会をつなぐ対話推理ゲーム ▼7月11日(土)10:00-12:00 ▼開催場所:zoom上(リモート開催) ▼参加費:無料 ▼定員:15名 皆様、大変ご無沙汰しております。 2月のらいおんカフェ以来、新型コロナウイルスの影響により休止しておりましたが、 7月より当面、リモートで復活することになりました。 初めての試みですが、全国どこからでもご参加いただけますので、 新たな出会いや発見もできるかな?と楽しみにもしております。 さて、復帰第1弾は、対話による科学推理ゲームをリモートでご紹介、体験いたします。 今年年初に出版されました「残された酸素ボンベ」という書籍です。 表紙には 「主体的・対話的で深い学びのための科学と社会をつなぐ推理ゲームの使い方」 と副題が打たれております。 今回の案内人は不肖・わたくしが務めます。 実は2月上旬に開催されました、筆者らによるワークショップにも参加してきました。 少人数のグループに分かれ、1人が出題者、他のメンバーは回答者になります。 出題者は予め記載されている科学にまつわる問題を口頭で伝え、 それに対して回答者が疑問を次々と出題者に投げかけます。 出題者だけは答えを知っているので、その疑問に対してYes・Noで答えていくことにより、 回答者たちは答えを推理していく・・・・という対話型ゲームです。 詳しくは、カフェの場でお話いたします。 このゲームが初めての方はもちろん、既に知っている方や体験済みの方もご参加いただけます。 その方々には、グループワーク時に出題のお手伝いをお願いするかもしれません。 また、初めての方は、書籍をすぐに購入する必要はございません。 むしろ新鮮な感覚でご参加いただき、体験後にご購入いただけると、終了後もさらに楽しめます。 zoomでの開催が初めてですので、接続に不安な方もいらっしゃるかもしれません。 事前に接続テストをすることが可能です。 お申し込みの際、接続テスト希望とお書き添えください。 日時調整の上、接続確認をさせていただきます。 というわけで、お近くの方も、そうでない方も、ぜひお気軽にご参加ください。 久しぶりに皆さんにお会いできるのを楽しみにしております。 [紹介文文責:藤平昌寿(サイエンスらいおん客員研究員)] ▼お申込み 今回はメールにてお申込みください。(7/10 17時締切) (お名前・お電話番号・年齢をお書き添えください。また、携帯アドレスの場合は返信メールが届くようご設定ください。) ※zoomの事前接続テストをご希望の方は、その旨をお書き添えください。開催直前のお申込みの場合は、テストができないこともございますので、ご了承ください。 ※当日朝までに、zoomの入室URLを申込メール宛にお送りいたします。 info@tochigi-lion.net

    View Calendar

  • Facebookページ


  • Twitter @tochigilion


  • エンジョイ!カガク!!2013レポート

  • アーカイブ