イベント開催報告 20130216-03

Published on 2月 18th, 2013 | by サイエンスらいおん事務局

0

2013年2月16日 サイエンスらいおんカフェ第2回(瀬川深さん)

▼テーマ・・・「ゲノムは人体の地図、小説は人生の地図・・・医学・遺伝学・文学のよもやまばなし」
1974年生。医学研究の傍らで小説を書き続け、2007年に「チューバはうたう-mit tuba」で第23回太宰治賞を受賞された瀬川さんに、医学と文学の面白さなどをお話しいただきます。
医師になるまでのお話、海外放浪体験、遺伝学から小説と、幅広い経験を積まれてきた瀬川さんの、奇想天外な発想の源や体験談など、興味深いお話が展開されます。

▼話題提供者プロフィール
1974年生。1998年、東京医科歯科大学医学部卒業。小児科専門医、医学博士。
2007年、「mit Tuba」にて第23回太宰治賞受賞。
現在は国立大学の研究機関で遺伝学の研究を行うかたわら、小説家として執筆活動を行っている。
ウェブサイト http://segawashin.com/

▼日時・会場:2月16日(土)15:00-17:00 下野新聞News Cafe
▼参加者:15名

■学外での開催
サイエンスらいおんカフェは、帝京大学だけでなく、学外にも飛び出します。これから県内各地を回る予定です。学外第1弾は宇都宮市オリオン通りにある「下野新聞NewsCafe」。ご存知の方も多いと思いますが、オリオンスクエアに面している、元マクドナルド県内1号店の建物です。ここの2Fは普段はカフェスペースですが、小規模イベントスペースとしても提供されております。
 

■瀬川さん
普段は、医学か小説、どちらかの話しかする機会が無いとのことで、今回はどんなお話になるのか、楽しみです。
  

■旅のお話
まずは旅のお話。瀬川さんは普段あまり日本人が行かないような場所への放浪旅が趣味で、学生時代から既に51か国を訪問。それぞれの地にある面白いシチュエーションが、後の小説のプロットに活かされているようです。各地でのエピソードで笑いを誘います。
 

■自身の研究について
旅のお話に続いて、 ご自身の研究分野である遺伝子学のお話。普段よく見るようなゲノムの図なども、直接解説されると理解が深まります。また、遺伝についての一般的な認識の違いについてもお話いただきました。
 

■休憩タイム
休憩の時間になると、参加者も少し温まってきて、和やかに話も弾んできます。今回は、1Fのカフェで好きなドリンクを購入していただいていますので、ドリンクを追加される方もちらほら。休憩中も瀬川さんと談笑される参加者の皆さん。
 

■後半
後半は、小説のお話。今までの出版作品の紹介の他、この春に刊行される予定の小説のお話も。この話を作ろうと思ったきっかけがとある国への旅で、そこにちょこっとご自身の研究分野の話を絡めるという、まさに今回のテーマにふさわしい作品! この話のプロットの作り方など、前半の話を巧みに絡めているので、参加者の皆さんもグイグイ引き込まれます。

■ディスカッションタイム
最後はミニディスカッションタイム。今回のお題は「ゲノム解析の是非」。なかなかハードなお題ですが、スタートした瞬間、各テーブルとも話が白熱。今回一番の盛り上がりを見せました。
 

■最後に・・・
今回も無事終了。下は学生から、上は70代と、多彩な顔ぶれで和やかに過ごせました。瀬川さん、参加者の皆さん、ありがとうございました。

 

Tags:




Comments are closed.

Back to Top ↑
  • イベントカレンダー

    10月
    30
    2021
    10:00 サイエンスらいおんカフェ第103回... @ オンライン開催
    サイエンスらいおんカフェ第103回... @ オンライン開催
    10月 30 @ 10:00 – 11:00
    サイエンスらいおんカフェ第103回(小林良彦さん) @ オンライン開催 | 宇都宮市 | 栃木県 | 日本
    ■10月の話題提供者:小林良彦 さん (大分大学 教育学部 講師) PDFチラシ ▼テーマ:ツタエルカガク2 ▼10月30日(土)10:00-11:00 ▼開催場所:オンライン開催(zoom利用) ▼参加費:無料 ▼定員:15名 ▼ゲスト略歴 栃木県市貝町生まれ。 栃木県立真岡高等学校卒業。 新潟大学にて原子核物理の研究を行い、博士(理学)を取得。 大学院生の頃から、サイエンスカフェなどの科学技術コミュニケーション活動に取り組む。 九州大学基幹教育院・特任助教を経て、 2020年9月より北海道大学科学技術コミュニケーター養成プログラム・特任助教。 2021年10月より大分大学教育学部・講師。 個人ウェブサイト:https://www.yoshikoba113.net/ 今回のゲストは、Vol.35・Vol.92にお越しいただきました小林良彦さん。 前回から約1年ぶりの再登板です。 実は小林さん、前回は北海道大学の教員として、札幌からリモート参加していただきましたが、 この10月より、九州は大分大学の教員として着任されました。 前任の北大では、サイエンスコミュニケーションど真ん中の分野でしたが、今度の大分大では、理科教育を担当されるとのこと。 大学・大学院時代の分野に回帰することになられました。 とはいえ、学部時代からサイエンスカフェに参画し、サイエンスらいおんの活動初期から色々とサポートいただいた小林さんですから、 きっと理科教育の中にも、それらを存分に取り入れていかれるのだろうと思われます。 今回はファシリテータの私も、詳しいお話をまだ伺っておりません。 前回カフェ以降の北大での活動や、今回の移動の経緯や現在の様子、そして今後の展望などを、生トーク形式でお聞きしたいと思います。 ですので、ショートバージョンとしてお送りする予定です。 「カガクをツタエル」を一貫したテーマとして活動されている小林さんの現在(いま)をぜひ聞いてみませんか? 皆様のご参加、お待ちしています。 [紹介文文責:藤平昌寿(とちぎサイエンスらいおん客員研究員)] ▼お申込み zoomでの登録フォーム申込となります。以下のフォームからお申込みください。 http://bit.ly/lioncafe103 登録後、zoom情報がメールにて届きますので、当日はそこからアクセスしてください。 締切は当日朝9時までです。 ご質問等は info@tochigi-lion.net でも受け付けます。

    View Calendar

  • Facebookページ


  • Twitter @tochigilion


  • 第8回公開シンポジウム講演ダイジェスト

  • エンジョイ!カガク!!2013レポート

  • アーカイブ