イベント開催報告 DSC_1221

Published on 3月 31st, 2018 | by サイエンスらいおん事務局

0

2018年3月3日 サイエンスらいおんカフェ第63回(大塚裕一さん)

※事前の広報内容はこちらです。

今年度最後のサイエンスらいおんカフェ第63回は、研究会Vol.5と連続開催しました。
ゲストは、獨協医科大学医学部助教の大塚裕一さん。
会場は、帝京大学宇都宮キャンパスで開催いたしました。

前月に行われた「サイエンスらいおんシンポジウム」からカフェに参加された方も多かったようで、
何と、40名近くの参加者になりました!
いつものNewsCafeでは入りきらない人数です。
小学生のお子さんからシニア層まで、多彩な顔触れです。
自己紹介も皆様のご協力で短時間で終わり、早速、大塚先生のお話を・・・

最初は先生の自己紹介。
福岡生まれの大塚さんは、大学時代は大阪、途中アメリカにも行かれて、現在は栃木、と徐々に北上してきました。
実は大塚さん、この4月からは埼玉大学へ異動することが決まっており、少し南下することになります。
DSC_1221 DSC_1217

前半はウィルスって何?というお話を中心に。
DSC_1224 DSC_1226

休憩時には、お馴染みの宇都宮市立東図書館の書籍展示・貸出が行われました。
人数も多いので、盛況です。
DSC_1228

後半は、先生のご専門でもあるファージについて。
クイズなども交えて、大きな数字も分かりやすくイメージさせてくれました。
DSC_1229 DSC_1231

ファージの造りはロボットのような形をしているものもあり、それを模したクラフトペーパーがあるくらいだそうです。
DSC_1233 DSC_1237

途中、培養シャーレの実物も見せていただきました。
DSC_1241 DSC_1246

ファージと細菌の戦いは、日々進化しており、ファージ療法という医療分野にも大きく影響しているそうです。
ファージの研究が進められると、将来の創薬など、未来への希望にもつながるかも・・・というお話で締められました。
DSC_1247 DSC_1253
DSC_1254 DSC_1259

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

[文責:藤平 昌寿(とちぎサイエンスらいおん事務局)]

 

Tags:




Comments are closed.

Back to Top ↑
  • イベントカレンダー

    8月
    24
    2018
    19:30 サイエンスらいおんカフェ第68回... @ 宇都宮市立東図書館
    サイエンスらいおんカフェ第68回... @ 宇都宮市立東図書館
    8月 24 @ 19:30 – 21:00
    サイエンスらいおんカフェ第68回(江口建さん・藤平昌寿さん) @ 宇都宮市立東図書館 | 宇都宮市 | 栃木県 | 日本
        ■8月の話題提供者:江口 建(えぐち たける)さん・藤平 昌寿(ふじひら まさとし)さん (帝京大学宇都宮キャンパス 総合基礎科目 講師)(帝京大学 とちぎサイエンスらいおん 客員研究員) PDFチラシ ▼テーマ:サイエンスびぶりお哲学カフェ~本とあなたと哲学と~ ※宇都宮市立東図書館「よるとしょ」コラボ企画 ▼8月24日(金)19:30-21:00 ▼開催場所:宇都宮市立東図書館 ▼参加費:300円(茶菓子代) ▼定員:10名(中学生以下は保護者同伴) 今回のらいおんカフェはコラボ尽くしです。 コラボその1。 ゲストのお一人がこれまでも何度かご登場いただきました、帝京大学講師の江口建さん。 哲学カフェや対話カフェにもご登場いただきました。 最近では、帝京大学でも哲学カフェを開催するようになりました。 また、宇都宮市立東図書館では、過去にサイエンスびぶりおカフェを開催していますが、 今回は、哲学カフェとびぶりおカフェがコラボして、「サイエンスびぶりお哲学カフェ」となります。 コラボその2。 宇都宮市立東図書館では、開館時間外の活用や市民に触れる機会の増加などを目的とした、 「よるとしょ」という企画を今年度より開始し、このカフェが栄えある第1弾となります。 サイエンスらいおんとしても、カフェの会場や科学に触れてもらう機会として、 今回の東図書館でのコラボ開催を進めてきました。 コラボその3。 メインゲストの江口さんの他、不肖、わたくしもダブルファシリテータとして、 コラボさせていただくことになりました。 サイエンスびぶりお哲学カフェって何やるんだ? と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、それほど難しいことはやりません。 今回は、本や読書・図書館といったテーマについて、 哲学対話の手法を用いて、色々考えたり話したりしようじゃないか? という主旨です。 対話の方法については以前同様、最初にお話しますので、特に知識は必要ありません。 普段、図書館を利用される方も、そうでない方も、ご参加可能です。 閉館後の図書館で、本に囲まれながら、ゆるやかな対話の時間を過ごしてみませんか?。 [紹介文文責:藤平昌寿(サイエンスらいおん客員研究員)] ▼お申込み 「こくちーず」でのお申込みとなります。 こちらからお申し込みください。(こくちーずからの返信メールが届けば申込完了です。) 締切は8月22日24時までです。 こくちーずが使えない場合は、メールにてお申込みください。 (お名前・お電話番号・年齢をお書き添えください。また、携帯アドレスの場合は返信メールが届くようご設定ください。) info@tochigi-lion.net

    View Calendar

  • Facebookページ


  • Twitter @tochigilion


  • エンジョイ!カガク!!2013レポート

  • アーカイブ