イベント開催報告 DSC_1955

Published on 2月 20th, 2018 | by サイエンスらいおん事務局

0

2018年2月10日 とちぎサイエンスらいおん第6回公開シンポジウム「深海の科学」

2018年2月10日(土)に第6回とちぎサイエンスらいおん公開シンポジウムが帝京大学宇都宮キャンパスで開催されました。
事前告知内容はこちらです。
今回のシンポジウムについて、サイエンスらいおん運営メンバーのお一人で、第54回らいおんカフェのゲストにもお越しいただきました、帝京大学宇都宮キャンパス講師の佐野和美さんからわくわくするレポートをいただきましたので、掲載させていただきます。


2月10日(土)、とちぎサイエンスらいおんの第6回公開シンポジウムが開催されました。
テーマは『深海の科学』。地球上に残された最後のフロンティアともいわれている深海がテーマとあって、過去最高の150名超の方にご来場いただきました。
中でも、高校生のグループの方や、最前列に陣取って目を輝かせて話に聞き入る小学生のお子さんなど、若い方の参加が多かったのも特徴的でした。
当日、予定が合わず参加できなかった方もおられると思いますので、内容を簡単にレポートしたいと思います。

招待講演は、海洋研究開発機構(JAMSTEC)の深海・地殻内生物研究分野研究員の山本正浩さん。深海とは何かという話から深海探査の歴史へと話が展開していきました。
DSC_1955

深海と聞くと、何千メートルというすごく深い海を想像するかもしれませんが、定義的には、大陸棚が終わる200メートルより深い海のことを指します。その定義に従うと、海表面積の実に80%以上が深海にあたります。
DSC_1965

深海は、光が届かない暗く冷たい海です。水温は4 ℃前後で有機物も少なく、高水圧で暗黒の世界。山本さんはこのような深海のことを、「砂漠に近い」と表現しました。平均水深、約3,800メートルの海洋で、最も深い場所は、マリアナ海溝にあるチャレンジャー海淵の11,000メートル。この場所にたどり着いたことがある人類は、これまでにわずか3人。山本さんの話は、私たちをどんどん深い海へと誘っていきます。そして、ついに、深海の暗黒砂漠に聳えるオアシスともいえる存在、熱水噴出孔に話が及びます。
DSC_1968

深海熱水噴出口とは、海底から熱水が噴出する、いわば海底の温泉ともいえる場所です。ただ、「温泉」と「熱水」には、大きな違いがあります。地上の温泉は、100 ℃を超えることはありませんが、高水圧の海底から吹き出る「熱水」は、高水圧のために100 ℃以上になりうるのです(圧力鍋と同じ原理ですね)。山本さんのお話では、これまで観測された中での最高水温は、407 ℃だそうです。熱水は、ただ高温なだけではありません。金、銀、銅、鉛、亜鉛など、貴重な金属が多く溶け込んでいます。高温の熱水は、吹き出すとともに冷やされて固形化し、煙突状の構造物「チムニー」を作り出します。黒い煙のようなものを大量に吹き出すチムニー、いわゆる「ブラックスモーカー」の写真や動画を示しながら、山本さんの説明は続きます。このチムニーの周りには、硫黄などを餌とする化学合成細菌を体内に共生させた生物、チューブワームや真っ白い姿をしたエビやカニなどが無数に生息し、豊かな生態系を作り上げています。私たちが、テレビの深海特集などで目にする不可思議な姿形をした深海生物たちも、このような局地的なオアシスで生息する生物たちを餌にして生き残っています。
DSC_1969

ここで、山本さんは、地球上の生物を3つに分類しました。その分類方法が少し変わっていたので紹介します。
まず1つ目は、「太陽を食べる」生物です。これは、太陽の光の下で光合成を行い有機物を生産する生物のことで、植物や、植物を食べる動物が含まれます。私たち人間も、この「太陽を食べる」生物に分類されます。
2つ目は、「地球を食べる」生物です。これは、先ほど紹介した、チムニーの周りで地球内部から噴き出してくる硫化水素やメタンなどの化学物質を利用して化学合成を行う生物のことです。少し生物に詳しい人なら、そして深海に興味を持っている人なら、何度か目にしたことがある分類です。地球の内部から作られる化学物質を餌にするという点で、「地球を食べる」と分類されました。会場に集まった深海好きの人たちも、大きく頷きながら話に聞き入っています。
しかし、その後登場したもう一つの分類に、多くの人が度肝を抜かれたのではないかと思います。山本さんが示した第3の生物は、「電気を食べる」生物だというのです。これこそが、山本さんのご専門。話はどんどん深まっていき、深海で行われている発電を測定するという、山本さんたちの研究内容についての解説が続きます。
深海に聳え立つチムニーの壁は、金属を豊富に含んでいるため、非常に電気をよく通す物質で形作られています。地球内部から湧き上がってきた硫化水素は、この壁を経由して、電子を失い、イオンに分離します。一方、チムニーの外側の海水は、常に電子を欲している状態で、硫化水素が放した電子を受け取っています。このようにして、チムニーの周囲では、電子のやりとりが行われ、常に電気が発生しているのです。山本さんたちの研究グループは、実際に、チムニーの周りで電位を測定し、発電が行われている事実を確認しているそうです。
それと同時に、チムニーの周囲に生息するある種の微生物は、電子を直接取り込んでエネルギーを作ることができるというのです。この話には、物理や化学を専門的に学んできた大学教員の中からも驚きの声が漏れました。電流を直接食べてエネルギーを作る生物が存在する。つまり、直接電気を食べる「電気合成生物」という第3の生産者が、暗く冷たい深海底に豊かな生態系を作る手助けをしているというのです。
もうワクワクが止まりません。
DSC_1971

山本さんは、何度か、ウルトラマンに登場するウルトラ怪獣の例をあげながら、大人たちをまるで子供のような好奇心溢れる表情に変えていきます。
第3の生産者の存在は、生物の進化の謎を解く鍵となる大きな発見につながるだけでなく、光が届かない遠い惑星、例えば木星の衛星エウロパや土星の衛星エンケラドスにも、生命が生存している可能性がより一層高まることにもなります。
山本さんたちの研究はまだ始まったばかり。深海での電気合成生物の研究には、これから本格的に取り組んでいく予定だそうです。
まさに最後のフロンティア「深海」。今後の研究にますます目が離せなくなりました。
DSC_1966

シンポジウムでは、この後、コーヒーブレイクを挟んで、栃木県立博物館研究員の河野重範さんと帝京大学理工学部教授の篠村知子さんの講演が行われました。
河野さんの講演では、海から遠く離れた栃木県もかつては海の底だったという話が、実際に発掘される化石の種類などから丁寧に説明されました。栃木県南部には古生代、中生代の地層が、また宇都宮市周辺など中部から北部にかけては新生代の地層が広がっているそうです。古生代の地層からは、サンゴやウミユリ、三葉虫の化石などが発掘されています。新生代の地層からは、複数のクジラの化石が見つかるそうです。それでも、大型の化石の発掘はそれほど多くはないということでした。特に、1億5000万年前くらいの中生代の地層は、化石が出にくい硬い地層だそうで、ほとんど化石が見つかっていません。中生代の代表的な生物であるアンモナイトの化石は、益子町と佐野市から1個体ずつ、わずか2例しか発掘実績がない貴重なものだそうです。およそ30年に1個の割合でしか見つかっていないこれらの化石は、「まだまだ探せば見つかるはず」とのことで、化石発掘への夢を膨らませる講演でした。
DSC_1982 DSC_1990

続いて行われたバイオサイエンス学科の篠村知子さんの講演は、自身が研究対象としている微細藻類の美しい写真から話が始まりました。特に、20μmから30μmほどの小さな珪藻類はケイ酸ガラスの殻に覆われています。正三角形、正六角形など、およそ生物が作り出すとは思えないような正確な形状をした美しい骨格は、それを並べてアートにする人が現れるなど、昔から多くの人の興味を惹いてきたそうです。
微細藻類は、海水中にも淡水中にも暮らしている生物で、一般的には、植物プランクトンと呼ばれています。招待講演の山本さんの言葉を借りれば、「太陽を食べる」生物のひとつです。動物プランクトンの餌となり大型生物を支える生物であるだけでなく、何億年も前に死んだ微細藻類の死骸は、石油となって我々の生活に欠かせないものになっています。現代でも、バイオ燃料の原料として、微細藻類が注目を集めています。
そんな中、篠村さんが没入している微生物はクンショウモという緑藻の仲間だそうです。宇都宮美術館近くの、うつのみや文化の森の池「森の池」にも生息する身近な動物であるクンショウモは、小さな個体がたくさん集まって群体を形成しています。
生活環(生物の繁殖の仕方)が変わっていて、まず核だけが大量に分裂し肥大化、そのまましばらく時を過ごし、ある時期、細胞質が急速に分裂して無数の個体に分かれるそうです。クンショウモもまた、脂質を溜める性質があるそうで、研究対象として大変魅力的な生物とのこと。時間の関係で、詳しい研究内容まで聞けなかったのが大変残念です。オープンキャンパスや学園祭では、もっと深い内容まで聞けるかもしれませんので、研究室を訪ねてみたいと思いました。
DSC_2000 DSC_2011

以上、簡単ですが第6回の公開シンポジウムのレポートでした。
来年度のテーマはまだ未定ですが、来年度も魅力的なテーマで、皆様がワクワクを感じられるシンポジウムになるといいですね。


以上、佐野さんからのレポートでした。
今回のシンポジウムは6回目ですが、過去最高のご来場をいただきました。
その他のパートのご紹介です。

会場案内。
DSC_1914 DSC_1911

今回もロビーコーナーを設け、JAMSTEC・栃木県立博物館・帝京大学篠村研究室からの展示、宇都宮市立東図書館による関連書籍の閲覧・貸出を行いました。
DSC_1921 DSC_4155
DSC_4135 DSC_4138

帝京大学・冲永佳史学長からの開会挨拶と、帝京大学・渡辺博芳教授によるサイエンスらいおんの活動紹介。
DSC_1944 DSC_1950 DSC_1949

休憩・コーヒーブレイクです。
小さなお子様から年配の方々まで、幅広くお越しいただきました。
DSC_4157 DSC_4162 DSC_4165

シンポジウム最後のトークセッション。
来場者の増加に伴い、質問なども多数いただき、ごく一部しかご紹介できませんでしたが、ご協力いただきました皆様、ありがとうございました。
栃木県総合教育センター・植木淳主幹による閉会挨拶で、シンポジウムは幕を閉じました。
DSC_2029 DSC_2033
DSC_2038 DSC_2044

閉会後にはロビーにて意見交換会が開催されました。
実は、登壇者・スタッフなどと一番触れ合えるのがこの場であります。
今回も各所で、様々な話題に花が咲きました。
来場者はどなたでもご参加いただけますので、ぜひ次回は足をお運びください。
DSC_4190 DSC_4203
DSC_2052 DSC_2067

ご参加いただきました皆様、誠にありがとうございました。
また次回のシンポジウムをお楽しみに!!

Tags:




Comments are closed.

Back to Top ↑
  • イベントカレンダー

    1月
    23
    2021
    15:00 サイエンスらいおんカフェ第94回... @ オンライン開催
    サイエンスらいおんカフェ第94回... @ オンライン開催
    1月 23 @ 15:00 – 17:00
    サイエンスらいおんカフェ第94回(畑中洋亮さん・田中大介さん) @ オンライン開催 | 宇都宮市 | 栃木県 | 日本
    ■1月の話題提供者: 畑中洋亮 さん(神奈川県 医療危機対策統括官・厚生労働省健康局 参与[コロナ対策・情報戦略]・内閣官房副長官補付 情報戦略調整官) 田中大介 さん(自治医科大学 医学部総合教育部門文化人類学研究室 教授) PDFチラシ ▼テーマ:いのちの技術:終活のこれまで・今・これから ▼1月23日(土)15:00-17:00 ▼開催場所:オンライン開催(zoom利用) ▼参加費:無料 ▼定員:30名 ▼ゲスト略歴 【畑中洋亮さん】 2006年3月 慶應義塾大学理工学部化学科 卒業(理学) 2008年9月 東京大学医科学研究所 ヒトゲノム解析センター 修士課程修了(生命科学) 2008年10月 株式会社アップルジャパン入社 2010年10月 Team 医療3.0設立、共同発起人(現在) 2011年11月 福岡発ベンチャー 株式会社アイキューブドシステムズへ入社 2013年10月 株式会社コトブキ入社 (椅子のコトブキ)取締役社長室長(現在) 2015年4月 佐賀大学医学部非常勤講師(現在) 2016年4月 東京慈恵会医科大学 後期博士課程(医学)入学 (現在) 2018年4月 神戸アイセンター病院社会環境研究室 客員研究員(現在) 2018年10月 衆議院議員小泉進次郎アドバイザー(厚生労働分野)(~2019年6月) 2019年5月 一般財団法人「あなたの医療」設立、代表理事(現在) 2019年8月 神奈川県 顧問(未来創生担当)(現在) 2020年3月 神奈川県 新型コロナウイルス対策本部 医療危機対策統括官(~2020年6月) 2020年6月 厚生労働省 健康局参与(新型コロナウイルス感染症対策担当)(現在) 同月 神奈川県 新型コロナウイルス対策本部 医療危機対策特別顧問 【田中大介さん】 1995年3月 金沢大学 経済学部 経済学科 卒業 1995年4月 三菱商事株式会社社員 2003年3月 東京大学大学院総合文化研究科 超域文化科学専攻 修士課程 修了 2005年4月 日本学術振興会DC2特別研究員 2011年3月 東京大学大学院総合文化研究科 超域文化科学専攻 博士課程 修了 2012年4月 早稲田大学人間科学学術院 助手 2017年4月 東京大学大学院総合文化研究科 学術研究員 2018年4月 – 現在 東京大学教養学部 非常勤講師 2020年4月 – 現在 栃木県立衛生福祉大学校 非常勤講師 2020年4月 – 現在 自治医科大学医学部・大学院医学研究科教授 人は、その歴史のはじまりから、より善い最期を求め、そのための技術を様々に作って来ました。それは、どのようなものであり、そして、これからどのようなものであり得るのでしょうか? 今回も前回に引き続き、2021年3月にオンライン開催予定の公開シンポジウムに関連したゲストをお招きいたしました。 前回も説明いたしましたが、自治医科大学では今年度、 JST-RISTEX 科学技術の倫理的・法的・社会的課題への包括的実践研究開発プロジェクト「技術構成主義」に立つ「生と死」をめぐる倫理の分析と社会的議論の啓発に向けた企画調査 というプロジェクトを実施しており、技術死生学という分野にちなんだシンポジウムを予定しております。 今回のカフェは、このプロジェクトで開催するセミナーとの共催となります。 ゲストの畑中さんは、医療分野を中心に、様々な企業・大学・病院等での経験を経て、あなたの医療という保険手続にまつわる一般社団法人の代表理事を務められております。また、現在は、厚労省や神奈川県の新型コロナウイルス対策の担当などもされており、大変お忙しい中かとは思われますが、「技術で支える人のいのち」というテーマで話題提供いただきます。 田中さんは文化人類学がご専門で、早稲田大学などを経て、昨春、栃木県にある自治医科大学の教授として着任されました。「弔いの文化と技術」と題したテーマで、看取り・見送り・弔いなどに関する話題を、硬軟交えてお話いただく予定です。 前回ゲストの渡部麻衣子さんと私のダブルファシリテータで進行する予定です。 「終活」というと一見、重いテーマに感じる方も多いと思いますが、向き合い方の選択肢が増える機会となれば幸いです。 栃木県内に限らず、全国どこからでもご参加可能ですので、皆様のご参加、お待ちしています。 [紹介文文責:藤平昌寿(とちぎサイエンスらいおん客員研究員)] ▼お申込み 今回のお申込は自治医科大学の方で取りまとめをしております。 以下のフォームからお申込みください。 https://forms.gle/YbBmRkBp2yQdRTQA9 ご質問等は info@tochigi-lion.net でも受け付けます。
    3月
    13
    2021
    14:00 とちぎサイエンスらいおん第8回公... @ オンライン開催
    とちぎサイエンスらいおん第8回公... @ オンライン開催
    3月 13 @ 14:00 – 16:30
    前回、新型コロナウイルスの影響により中止となりました第8回サイエンスらいおん公開シンポジウム。 今回はオンラインでの開催を予定しております。 「技術といのち」をテーマに、帝京大学と自治医科大学のコラボレーション企画として予定しております。 ■主催 とちぎサイエンスらいおん・帝京大学・自治医科大学 ■後援(予定) 栃木県教育委員会、一般社団法人栃木県商工会議所連合会、栃木県商工会議所連合会、栃木県中小企業団体中央会、公益社団法人栃木県経済同友会、一般社団法人栃木県情報サービス産業協会、大学コンソーシアムとちぎ、公益財団法人栃木県産業振興センター、株式会社下野新聞社、株式会社とちぎテレビ、株式会社栃木放送、株式会社エフエム栃木 ■日時 2021年3月13日(土) 14:00~16:30 ■会場 オンライン開催 ■プログラム 後日掲載 ■お申込 後日掲載

    View Calendar

  • Facebookページ


  • Twitter @tochigilion


  • エンジョイ!カガク!!2013レポート

  • アーカイブ