イベント開催報告 DSC_1107

Published on 1月 4th, 2018 | by サイエンスらいおん事務局

0

2017年12月23日 サイエンスらいおんカフェ第60回(池田一雄さん)

※事前の広報内容はこちらです。

2013年1月から始まったらいおんカフェも今回で60回、満5年を迎えました!
会場としてお世話になっているNewsCafeの関係者からも「還暦ですね」とのお言葉をいただきました。
参加してくださる皆様のおかげです。引き続き、よろしくお願いいたします。

さて、そんな年の瀬のカフェですが、ゲストはカフェ常連参加者でもある池田一雄さん。
池田さんは本職は一般企業の方ですが、その傍ら、
クラゲボランティアとして、世界一のクラゲ水族館でもある加茂水族館をはじめ、
クラゲに親しんでもらう活動を各地で行っています。
過去のカフェでも、朝採りのクラゲを持ってきていただいたりもしていました。

参加者も多様で、常連はもちろん、久々に来られた方も居られ、
また、小学生以下のお子様連れが3組もいらっしゃいました。
クラゲ、恐るべし。
この3組も、
常連さんの親子、
哲学カフェから参加している親子、
たまたま出張で栃木に来ていたという親子、
という多彩ぶり。楽しみですね。

池田さん自身、
「自分は研究者ではないので、クラゲの飼い方という話をベースに、色々展開しましょう。」
というご提案をいただきました。
もちろん、大歓迎。
サイエンスらいおんでは、科学や現象・技術などを楽しく伝えてくれる方々を、最も応援しておりますので。

いざ、自己紹介から始まり、
現在までにどのような活動をされているか、
また後半では、クラゲを実際に飼うとなると、どのようなことが必要なのか、
などお話は順調に進んでいきますが、ここで子どもパワー炸裂!
次から次へと質問が湧いてきます。
釣られて、大人からも質問が出てきます。
質問歓迎、脱線歓迎。カフェの醍醐味です。
DSC_1099 DSC_1101
DSC_1107 DSC_1103

アッという間に時間が経ち、無事に終了。
参加者の感想も、
「子どもと一緒に質問ができる場は楽しい」
「クラゲに刺されたぐらいの刺激を受けた」
などの楽しい感想をいただきました。

今回も、宇都宮市立東図書館の関連書籍展示・貸出が行われました。
DSC_1111

次回カフェも今回のテーマに関連した研究会カフェです。
どうぞお楽しみに!

[文責:藤平 昌寿(とちぎサイエンスらいおん事務局)]

 

Tags:




Comments are closed.

Back to Top ↑
  • イベントカレンダー

    8月
    24
    2018
    19:30 サイエンスらいおんカフェ第68回... @ 宇都宮市立東図書館
    サイエンスらいおんカフェ第68回... @ 宇都宮市立東図書館
    8月 24 @ 19:30 – 21:00
    サイエンスらいおんカフェ第68回(江口建さん・藤平昌寿さん) @ 宇都宮市立東図書館 | 宇都宮市 | 栃木県 | 日本
        ■8月の話題提供者:江口 建(えぐち たける)さん・藤平 昌寿(ふじひら まさとし)さん (帝京大学宇都宮キャンパス 総合基礎科目 講師)(帝京大学 とちぎサイエンスらいおん 客員研究員) PDFチラシ ▼テーマ:サイエンスびぶりお哲学カフェ~本とあなたと哲学と~ ※宇都宮市立東図書館「よるとしょ」コラボ企画 ▼8月24日(金)19:30-21:00 ▼開催場所:宇都宮市立東図書館 ▼参加費:300円(茶菓子代) ▼定員:10名(中学生以下は保護者同伴) 今回のらいおんカフェはコラボ尽くしです。 コラボその1。 ゲストのお一人がこれまでも何度かご登場いただきました、帝京大学講師の江口建さん。 哲学カフェや対話カフェにもご登場いただきました。 最近では、帝京大学でも哲学カフェを開催するようになりました。 また、宇都宮市立東図書館では、過去にサイエンスびぶりおカフェを開催していますが、 今回は、哲学カフェとびぶりおカフェがコラボして、「サイエンスびぶりお哲学カフェ」となります。 コラボその2。 宇都宮市立東図書館では、開館時間外の活用や市民に触れる機会の増加などを目的とした、 「よるとしょ」という企画を今年度より開始し、このカフェが栄えある第1弾となります。 サイエンスらいおんとしても、カフェの会場や科学に触れてもらう機会として、 今回の東図書館でのコラボ開催を進めてきました。 コラボその3。 メインゲストの江口さんの他、不肖、わたくしもダブルファシリテータとして、 コラボさせていただくことになりました。 サイエンスびぶりお哲学カフェって何やるんだ? と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、それほど難しいことはやりません。 今回は、本や読書・図書館といったテーマについて、 哲学対話の手法を用いて、色々考えたり話したりしようじゃないか? という主旨です。 対話の方法については以前同様、最初にお話しますので、特に知識は必要ありません。 普段、図書館を利用される方も、そうでない方も、ご参加可能です。 閉館後の図書館で、本に囲まれながら、ゆるやかな対話の時間を過ごしてみませんか?。 [紹介文文責:藤平昌寿(サイエンスらいおん客員研究員)] ▼お申込み 「こくちーず」でのお申込みとなります。 こちらからお申し込みください。(こくちーずからの返信メールが届けば申込完了です。) 締切は8月22日24時までです。 こくちーずが使えない場合は、メールにてお申込みください。 (お名前・お電話番号・年齢をお書き添えください。また、携帯アドレスの場合は返信メールが届くようご設定ください。) info@tochigi-lion.net

    View Calendar

  • Facebookページ


  • Twitter @tochigilion


  • エンジョイ!カガク!!2013レポート

  • アーカイブ