イベント開催報告 DSC_0722

Published on 11月 17th, 2017 | by サイエンスらいおん事務局

0

2017年11月12日 サイエンスらいおんカフェ第59回 サイエンスらいおんオープンカフェ「カードゲームでフェアトレードを知ろう!」

※事前の広報内容はこちらです。

今回のカフェもコラボ企画です。
第8回目を迎える「フェアトレードまつり」。
この祭りの実行委員会からコラボのオファーがございました。
image (1)
image (2)

フェアトレードについて、全く知らなかったり、言葉だけしか知らない方々に、
フラッと立ち寄りながら楽しく知ってもらいたい。
子どもたちにも楽しく学べるものが何かできないか?
というご相談でした。

以前にもオープンカフェで使用し、らいおん研究会でも取り上げたことのある、
日本サイエンスコミュニケーション協会が開発中のカードゲームプラットホームを、
初の試みとして、社会科学系のゲームとしてアレンジ試用させていただくことになりました。

実行委員の方と何度も打合せをして制作した試作品を、
実際にお手伝いいただく宇都宮大学の学生にテストプレイしていただきながら、
当日を迎えました。

当日は、穏やかな晴れ間の中、こんな雰囲気でお祭りが開催されています。
DSC_0725

こちらが今回のブース。
DSC_0720

ゲームはこんなツールを使用します。
DSC_0718

各プレイヤーが自分の「店」シートを持っており、6種類のフェアトレード商品(サッカーボール・手作りアクセサリ・オーガニックコットン・チョコレート・アイスクリーム・クレヨン)を模した「手札」カードを条件によって店に置くことができ、自分の店に6種類をいち早く揃えたプレイヤーが勝ち、というルールですが、災害やハプニングのカードにより、没収されたり交換させられたりしてしまう、というゲーム構成となっています。

オープン当初はなかなかブースに訪れる方も少なかったですが、
お昼にかけて来場者が増えると、ちょこちょことブース来訪者も増えてきました。
最初の説明では分かりにくかった子どもたちも、ゲームを始めるとどんどん熱中し、何度も繰り返し来るお子さんもいらっしゃいました。
DSC_0722 DSC_0726
DSC_0728

もちろん、親御さんらも参加したり、辺りで見ていたりしますが、
「このゲームって、どこで手に入るんですか?」
という質問を結構受けました。
残念ながら、開発中のプラットホームのため、試行以外では出来ないのですが、開発元としては将来的には公開していきたいとのことです。
それまで楽しみにしていただきたいと思います。

ご参加いただいた皆様、ご協力いただきました実行委員会・ボランティア学生の皆様、ありがとうございました。

[文責:藤平 昌寿(とちぎサイエンスらいおん事務局)]

 

Tags:




Comments are closed.

Back to Top ↑
  • イベントカレンダー

    8月
    21
    2019
    10:00 サイエンスらいおんカフェ第80回... @ ステモン陽東桜が丘教室
    サイエンスらいおんカフェ第80回... @ ステモン陽東桜が丘教室
    8月 21 @ 10:00 – 12:00
    サイエンスらいおんカフェ第80回(藤平昌寿さん) @ ステモン陽東桜が丘教室 | 宇都宮市 | 栃木県 | 日本
    ■8月の話題提供者:藤平昌寿 さん (帝京大学とちぎサイエンスらいおん客員研究員) ▼テーマ:探Q対話~カガクについてナンダカンダ~ ▼8月21日(水)10:00-12:00(9:50開場) ▼開催場所:ステモン陽東桜が丘教室(宇都宮ベルモール前) ※駐車場はございません。近隣の駐車場などをご利用ください。 ▼参加費:無料 ▼定員:10組 今回は、宇都宮でプログラミング教育を行っている「ステモン宇都宮」さんからのコラボ企画です。 らいおんカフェでも何度か哲学的対話を行ってきましたが、ステモンさんでもぜひやってみたいとのご提案があり、 不肖、私が担当させていただくことになりました。 私も哲学対話を知る前は、哲学に対してものすごくハードルの高い印象を持っていました。 高校時代の夏休みの課題に、哲学者・デカルトの方法序説という本を読んで感想文を提出する、というものがあり、 それはそれは高尚な学問であると感じておりました。 ところが、哲学対話を体験したところ、 「あ、な~んだ、こんな簡単で良いんだ。」という肩の力が抜ける感覚になりました。 と同時に、頭の中が思考でグルグル回るという感覚も味わいました。 「問い続ける」という作業が、言い換えれば、スポーツジムでの大変さと爽快感を同時に味わうような感覚になるのです。 学校の授業だけでは味わえず、社会に出てからもなかなか余裕が無い、この感覚。 「学ぶ」「考える」ということの原点を、ほんの少しだけですが、垣間見ることができます。 今回はカガクをテーマにしていますが、もちろん脱線あり、結論なしという対話ルールはそのままに、 偶然集まった参加者同士のトークと思考の探検隊、そのライブ感を味わっていただきたいと思います。 ステモンさんに素敵なチラシを作っていただきました。 子どもだけ、親子参加、大人だけ、どの参加形態でも結構です。全ての参加者が平等な立場になります。 哲学対話が初めての方も、経験ありの方も、ぜひぜひどうぞ。 皆様のお越しをお待ちしております。 [紹介文文責:藤平昌寿(帝京大学サイエンスらいおん客員研究員)] ▼お申込み 今回はステモンさんで申込受付をしております。こちらからお申込みください。

    View Calendar

  • Facebookページ


  • Twitter @tochigilion


  • エンジョイ!カガク!!2013レポート

  • アーカイブ