イベント開催報告 DSC_0010

Published on 5月 29th, 2017 | by サイエンスらいおん事務局

0

2017年5月28日 サイエンスらいおんカフェ第53回(サイエンスびぶりおカフェ)

※事前の広報内容はこちらです

サイエンスらいおんカフェは50回を超える歴史の中で、色々な試みを行ってきています。
例えば、ニコニコ学会βのパブリックビューイングや、ディナーをしながら梨の木の下、中でも日本酒カフェは毎年開催するほどの人気にもなっています。
今回、新たな試みとして「びぶりおカフェ」を企画しました。
サイエンスカフェ53-チラシ

ビブリオバトル」というゲーム(イベント)をご存知でしょうか?
「知的書評合戦」とも表現されている、自分のお薦めの本を5分間でプレゼンして、
その場の観客の投票(「一番読みたくなった本」を選ぶ)によって、チャンプ本を決めるというものです。
これをサイエンスに限定して、カフェ形式でやってみたらどうだろう?
というきっかけから、今回の企画となりました。

開催の告知をしたところ、
プレゼンター(ビブリオバトルでは「バトラー」と呼ばれています)に4名参加がございました。
プレゼンを聞いてみたいという観客の皆さんにも集まっていただきました。
どんな本が出てくるか楽しみです。

会場はいつもカフェの関連書籍協力をいただいている宇都宮市立東図書館
今回のプレゼン本で書架にあるものや関連している書籍を、今回も展示・貸出いただきました。

スタートして、まずは参加者全員の自己紹介&近況報告。
常連さんも多いですが、「面白そうだと思って」「色々な本に出会いたい」という初めての方も。
ビブリオバトルでは、バトラーは演台などで話すことが多いようですが、
ビブリオカフェではいつものカフェのように、プレゼンターも観客も入り混じっての円卓形式です。
プレゼンターがジャンケンで発表順を決めて、いよいよプレゼンスタートします。
DSC_0010

5分間のプレゼンは、タイマーを使って話していただきます。
話しきれずに終わる方も居れば、キッチリ時間通りに話す方も。
プレゼン前は「ドキドキする~」なんて言っていた方もいましたが、
いざ始まると、次から次へと言葉を紡ぎ出し、聴き手側もその世界に惹かれていきます。
timer

5分間はアッという間に過ぎ、その本についての感想や質問タイムを数分間挟みます。
SFのようなネタバレを回避しなければならない本などでは、
そのギリギリのラインでのトークが展開され、時には笑いも起きたり、
また、ある本では、科学の話題から始まり、歴史や文化、国際的な話にまで広がりを見せました。
この辺りは、小規模カフェ形式ならではの醍醐味ですね。
DSC_0009 DSC_0007

4名のプレゼン・トークの後、最後に参加者全員による投票を行いました。
今回は、マンガ・小説・新書・ノンフィクションと多彩な顔ぶれの中、
プレゼンターのKさんによる「理系の子」がチャンプ本となりました。

初の試みでしたが、参加型のカフェでしたので、手応えも十分ございました。
偶然手に取る本も楽しいですが、他の人に紹介される本もワクワクが広がりますね。
(しかも、その先が気になる内容なら尚更です。)
機会があればぜひ、第2弾以降も開催したいと思います。
出張形式などでも開催可能ですので、ご興味ある方・機関の皆様、お気軽にご相談ください。

最後に、今回プレゼンされた本の一覧です(発表順)。

【レポート: 藤平 昌寿 (帝京大学サイエンスらいおん事務局)】

 

 

Tags:




Comments are closed.

Back to Top ↑
  • イベントカレンダー

    3月
    3
    2018
    13:00 サイエンスらいおんカフェ第63回... @ 帝京大学宇都宮キャンパス
    サイエンスらいおんカフェ第63回... @ 帝京大学宇都宮キャンパス
    3月 3 @ 13:00 – 14:30
    サイエンスらいおんカフェ第63回(大塚裕一さん) @ 帝京大学宇都宮キャンパス | 宇都宮市 | 栃木県 | 日本
    ※らいおんカフェ終了後、同会場にて「サイエンスらいおん研究会Vol.5」を開催します。両方参加される場合にはお手数ですが、それぞれお申し込みください。 ■3月の話題提供者:大塚 裕一(おおつか ゆういち)さん (獨協医科大学 医学部 微生物学講座 助教) チラシPDFはこちら ▼テーマ:微生物カフェ~ウイルスと細菌の終わりなき戦い~ ▼3月3日(土)13:00-14:30 ▼開催場所:帝京大学宇都宮キャンパス本部棟2号館201教室 ▼参加費:無料 ▼定員:15名 ※申込多数につき、定員増員にて受付しております。 今回のカフェは、研究会と連続開催です。 (併催ではなく、同じ会場で2連続の開催です。) カフェのテーマはウイルスと細菌。 皆さんは、ウイルスと細菌の違いを説明できますか? 一体、何を戦っているのでしょうか? そんな身近な話題を提供していただくのは、 獨協医科大学でウイルスの研究をされている大塚裕一さん。 産まれは九州の大塚さん、大阪大学やアメリカなどで研究をされながら、 ここ数年は栃木にいらっしゃいます。 分子生物学や分子遺伝学といった分野をご専門に、 様々な研究をされていらっしゃいます。 ぜひご参加ください。 [紹介文文責:藤平昌寿(サイエンスらいおん事務局)] ▼お申込み 「こくちーず」でのお申込みとなります。 こちらからお申し込みください。(こくちーずからの返信メールが届けば申込完了です。) 締切は3月1日24時までです。 こくちーずが使えない場合は、メールにてお申込みください。 info@tochigi-lion.net
    15:00 サイエンスらいおん研究会Vol.5(... @ 帝京大学宇都宮キャンパス
    サイエンスらいおん研究会Vol.5(... @ 帝京大学宇都宮キャンパス
    3月 3 @ 15:00 – 16:30
    サイエンスらいおん研究会Vol.5(猪俣大輔さん) @ 帝京大学宇都宮キャンパス | 宇都宮市 | 栃木県 | 日本
    ※らいおん研究会の前に、同会場にて「サイエンスらいおんカフェVol.63」を開催します。両方参加される場合にはお手数ですが、それぞれお申し込みください。 ■3月の話題提供者:猪俣 大輔(いのまた だいすけ)さん (すあなサイエンス 代表) PDFチラシはこちら ▼テーマ:マンガ・イラストで伝えるサイエンス ▼3月3日(土)15:00-16:30 ▼開催場所:帝京大学宇都宮キャンパス本部棟2号館201教室 ▼参加費:無料 ▼定員:15名 今回の研究会は、カフェと連続開催です。 (併催ではなく、同じ会場で2連続の開催です。) 5回目となる研究会のテーマは、マンガ・イラスト。 科学を伝える手段の一つとして、マンガやイラストを使う事例は増えているようです。 今回お招きするのは、すあなサイエンスの猪俣大輔さん。 埼玉を拠点に活動されていますが、栃木県内の大学などともお仕事をされています。 もともと普通のマンガ・イラストを描く仕事をされていた猪俣さん。 縁ときっかけがあって、サイエンス系の仕事が増えてきたそうです。 お話を聞くだけではなく、少し頭を動かすワークショップも体験してみようと企画されています。 マンガやイラストで「伝える」ということがどんなことなのか。 その事例をご紹介いただきます。 もちろん、絵が描けなくても大丈夫です。(私も描けません) 多くのご参加、お待ちしております。 [紹介文文責:藤平昌寿(サイエンスらいおん事務局)] ▼お申込み 「こくちーず」でのお申込みとなります。 こちらからお申し込みください。(こくちーずからの返信メールが届けば申込完了です。) 締切は3月1日24時までです。 こくちーずが使えない場合は、メールにてお申込みください。 info@tochigi-lion.net

    View Calendar

  • Facebookページ


  • Twitter @tochigilion


  • エンジョイ!カガク!!2013レポート

  • アーカイブ