イベント開催報告 DSC_0010

Published on 5月 29th, 2017 | by サイエンスらいおん事務局

0

2017年5月28日 サイエンスらいおんカフェ第53回(サイエンスびぶりおカフェ)

※事前の広報内容はこちらです

サイエンスらいおんカフェは50回を超える歴史の中で、色々な試みを行ってきています。
例えば、ニコニコ学会βのパブリックビューイングや、ディナーをしながら梨の木の下、中でも日本酒カフェは毎年開催するほどの人気にもなっています。
今回、新たな試みとして「びぶりおカフェ」を企画しました。
サイエンスカフェ53-チラシ

ビブリオバトル」というゲーム(イベント)をご存知でしょうか?
「知的書評合戦」とも表現されている、自分のお薦めの本を5分間でプレゼンして、
その場の観客の投票(「一番読みたくなった本」を選ぶ)によって、チャンプ本を決めるというものです。
これをサイエンスに限定して、カフェ形式でやってみたらどうだろう?
というきっかけから、今回の企画となりました。

開催の告知をしたところ、
プレゼンター(ビブリオバトルでは「バトラー」と呼ばれています)に4名参加がございました。
プレゼンを聞いてみたいという観客の皆さんにも集まっていただきました。
どんな本が出てくるか楽しみです。

会場はいつもカフェの関連書籍協力をいただいている宇都宮市立東図書館
今回のプレゼン本で書架にあるものや関連している書籍を、今回も展示・貸出いただきました。

スタートして、まずは参加者全員の自己紹介&近況報告。
常連さんも多いですが、「面白そうだと思って」「色々な本に出会いたい」という初めての方も。
ビブリオバトルでは、バトラーは演台などで話すことが多いようですが、
ビブリオカフェではいつものカフェのように、プレゼンターも観客も入り混じっての円卓形式です。
プレゼンターがジャンケンで発表順を決めて、いよいよプレゼンスタートします。
DSC_0010

5分間のプレゼンは、タイマーを使って話していただきます。
話しきれずに終わる方も居れば、キッチリ時間通りに話す方も。
プレゼン前は「ドキドキする~」なんて言っていた方もいましたが、
いざ始まると、次から次へと言葉を紡ぎ出し、聴き手側もその世界に惹かれていきます。
timer

5分間はアッという間に過ぎ、その本についての感想や質問タイムを数分間挟みます。
SFのようなネタバレを回避しなければならない本などでは、
そのギリギリのラインでのトークが展開され、時には笑いも起きたり、
また、ある本では、科学の話題から始まり、歴史や文化、国際的な話にまで広がりを見せました。
この辺りは、小規模カフェ形式ならではの醍醐味ですね。
DSC_0009 DSC_0007

4名のプレゼン・トークの後、最後に参加者全員による投票を行いました。
今回は、マンガ・小説・新書・ノンフィクションと多彩な顔ぶれの中、
プレゼンターのKさんによる「理系の子」がチャンプ本となりました。

初の試みでしたが、参加型のカフェでしたので、手応えも十分ございました。
偶然手に取る本も楽しいですが、他の人に紹介される本もワクワクが広がりますね。
(しかも、その先が気になる内容なら尚更です。)
機会があればぜひ、第2弾以降も開催したいと思います。
出張形式などでも開催可能ですので、ご興味ある方・機関の皆様、お気軽にご相談ください。

最後に、今回プレゼンされた本の一覧です(発表順)。

【レポート: 藤平 昌寿 (帝京大学サイエンスらいおん事務局)】

 

 

Tags:




Comments are closed.

Back to Top ↑
  • イベントカレンダー

    12月
    23
    2017
    16:00 サイエンスらいおんカフェ第60回... @ 下野新聞NewsCafe
    サイエンスらいおんカフェ第60回... @ 下野新聞NewsCafe
    12月 23 @ 16:00 – 17:30
    サイエンスらいおんカフェ第60回(池田一雄さん) @ 下野新聞NewsCafe | 宇都宮市 | 栃木県 | 日本
    ■12月の話題提供者:池田 一雄(いけだ かずお)さん (クラゲボランティア) チラシPDFはこちら ▼テーマ:クラゲカフェ ▼12月23日(祝)16:00-17:30 ▼開催場所:下野新聞NewsCafe ▼参加費:無料(1ドリンクオーダー制) ▼定員:15名 今回のカフェは、知る人ぞ知る方がゲストです。 らいおんカフェの常連参加者で、クラゲボランティアとして活動されている池田一雄さん。 過去のカフェでも、朝取りのクラゲを持参いただいたこともございます。 本業はクラゲとは無縁のエンジニア。 なぜクラゲに魅力を感じ、ボランティアとして活動するに至ったのか? そもそもクラゲってどういう生き物? 知っているようで知らないクラゲの魅力をお話しいただく予定です。 また、近々告知予定ですが、 1月からサイエンスらいおん研究会の2017年度版がスタートし、 1/20午後にカフェ61・研究会04を合同開催予定です。 このゲスト講師に、クラゲで有名な、山形県鶴岡市立加茂水族館の奥泉和哉館長をお招きいたします。 池田さんは、加茂水族館でもクラゲボランティアとして活動されています。 というわけで、2カ月連続のクラゲシリーズとなりますので、 12月からご参加いただくと、大いに楽しめるかと思います。 どうぞご参加ください! 追伸 2/10開催予定の第6回公開シンポジウムのテーマは「深海の科学」です。 海つながりが続きます! [紹介文文責:藤平昌寿(サイエンスらいおん事務局)] ▼お申込み 「こくちーず」でのお申込みとなります。 こちらからお申し込みください。(こくちーずからの返信メールが届けば申込完了です。) 締切は12月21日24時までです。 こくちーずが使えない場合は、メールにてお申込みください。 (お名前・お電話番号・年齢をお書き添えください。また、携帯アドレスの場合は返信メールが届くようご設定ください。) info@tochigi-lion.net
    2月
    10
    2018
    14:00 とちぎサイエンスらいおん第6回公... @ 帝京大学宇都宮キャンパス
    とちぎサイエンスらいおん第6回公... @ 帝京大学宇都宮キャンパス
    2月 10 @ 14:00 – 17:00
    とちぎサイエンスらいおん第6回公開シンポジウム「深海の科学」 @ 帝京大学宇都宮キャンパス | 宇都宮市 | 栃木県 | 日本
    チラシPDFはこちら 第6回目を迎えるサイエンスらいおん公開シンポジウム。 今回は「深海」をテーマに、海洋研究開発機構の山本正浩氏による基調講演をはじめ、県内で活躍している方々による一般講演、会場を交えてのトークセッションなどを予定しております。 また、終了後にはロビーにて意見交換会も予定しております。奮ってご参加ください。 ■主催 とちぎサイエンスらいおん・帝京大学 ■後援(予定) 栃木県教育委員会、一般社団法人栃木県商工会議所連合会、栃木県商工会議所連合会、栃木県中小企業団体中央会、公益社団法人栃木県経済同友会、一般社団法人栃木県情報サービス産業協会、大学コンソーシアムとちぎ、公益財団法人栃木県産業振興センター、株式会社下野新聞社、株式会社とちぎテレビ、株式会社栃木放送、株式会社エフエム栃木 ■日時 2018年2月10日(土) 14:00~17:00 ■会場 帝京大学宇都宮キャンパス 地域経済学科棟大講義室 ■プログラム予定 13:30 開場 14:00 開演 ▽開会挨拶 ▽とちぎサイエンスらいおん紹介 ▽基調講演 「深海の海底温泉の世界:「地球を食べる生態系」と「生命の起源」」 国立研究開発法人 海洋研究開発機構 研究員 山本 正浩 氏 ▽ブレイクタイム ▽一般講演 「栃木県は太古に海底だった」 河野 重範 氏 (栃木県立博物館 研究員) 「微細藻類の過去と未来」 篠村 知子 氏 (帝京大学理工学部 教授) ▽トークセッション ▽閉会挨拶 17:00 終了予定・意見交換会 ■お申込み 「こくちーず」でのお申込みとなります。 こちらからお申し込みください。(こくちーずからの返信メールが届けば申込完了です。) 締切は2月9日16時です。これ以降は申込は出来ませんが、当日直接参加も可能です。 こくちーずが使えない場合は、メールにてお申込みください。 info@tochigi-lion.net

    View Calendar

  • Facebookページ


  • Twitter @tochigilion


  • エンジョイ!カガク!!2013レポート

  • アーカイブ