イベント開催報告 DSC_0489

Published on 4月 11th, 2017 | by サイエンスらいおん事務局

0

2017年4月8日 サイエンスらいおんカフェ第52回(長田哲平さん)・さくらフェスタ2017

※事前の広報内容はこちらです→らいおんカフェさくらフェスタ

毎年4月恒例、宇都宮大学さくらフェスタとらいおんカフェのコラボも3年目になりました。
宇都宮大学「さくらフェスタ2017」内にて、サイエンスらいおんカフェ vol.52が開催されました。
(さくらフェスタは4/8・9の2日間開催されましたが、レポートは初日4/8分です。)
DSC_0480

この日は朝から雨が降ったり止んだり。
人出も少なく予想されましたが、昼頃から雨もほぼ止み、多くの来場者がありました。
例年より1週遅い開催でしたが、桜の開花も遅かったため、この週末が一番見頃でしたね。
DSC_0477 DSC_0471
DSC_0472 DSC_0474

屋内外では様々なコーナーで賑わいました。
DSC_0509 DSC_0478
DSC_0483 DSC_0507

カフェ会場のアカデミアホールも恒例ですが、らいおんカフェ史上、一番大きな会場。
ゆうに200名は入るホールですが、そんな入ったら、講演会です(笑)。
今回も直前までバンド演奏が開催されていました。

今回のゲストは、宇都宮大学地域デザイン科学部社会基盤デザイン学科助教の長田哲平さん。
地域デザイン科学部は昨春開設された学部ですが、社会基盤デザイン学科は、工学部建設学科建設工学コースが前身の学科です。
長田さんはこのコースのご出身で博士号を取られた後、いくつかの機関を巡って、母校に着任されています。
長田1

長田さんの専門は、交通や都市。
まず、都市や交通とは学問的にどのような位置づけなのか、お話いただきました。
DSC_0489 DSC_0491

中盤では、宇都宮の交通現状や分析、現在行っているオリオン通りでの交通量調査などの事例紹介をしていただきました。
DSC_0494 DSC_0498

後半は、会場からの質問などに答えるフリートークを行い、幕を閉じました。
また、宇都宮市立東図書館からの書籍閲覧コーナーも開設されました。
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

【レポート: 藤平 昌寿 (帝京大学サイエンスらいおん事務局)】

 

 

Tags:




Comments are closed.

Back to Top ↑
  • イベントカレンダー

    3月
    3
    2018
    13:00 サイエンスらいおんカフェ第63回... @ 帝京大学宇都宮キャンパス
    サイエンスらいおんカフェ第63回... @ 帝京大学宇都宮キャンパス
    3月 3 @ 13:00 – 14:30
    サイエンスらいおんカフェ第63回(大塚裕一さん) @ 帝京大学宇都宮キャンパス | 宇都宮市 | 栃木県 | 日本
    ※らいおんカフェ終了後、同会場にて「サイエンスらいおん研究会Vol.5」を開催します。両方参加される場合にはお手数ですが、それぞれお申し込みください。 ■3月の話題提供者:大塚 裕一(おおつか ゆういち)さん (獨協医科大学 医学部 微生物学講座 助教) チラシPDFはこちら ▼テーマ:微生物カフェ~ウイルスと細菌の終わりなき戦い~ ▼3月3日(土)13:00-14:30 ▼開催場所:帝京大学宇都宮キャンパス本部棟2号館201教室 ▼参加費:無料 ▼定員:15名 ※申込多数につき、定員増員にて受付しております。 今回のカフェは、研究会と連続開催です。 (併催ではなく、同じ会場で2連続の開催です。) カフェのテーマはウイルスと細菌。 皆さんは、ウイルスと細菌の違いを説明できますか? 一体、何を戦っているのでしょうか? そんな身近な話題を提供していただくのは、 獨協医科大学でウイルスの研究をされている大塚裕一さん。 産まれは九州の大塚さん、大阪大学やアメリカなどで研究をされながら、 ここ数年は栃木にいらっしゃいます。 分子生物学や分子遺伝学といった分野をご専門に、 様々な研究をされていらっしゃいます。 ぜひご参加ください。 [紹介文文責:藤平昌寿(サイエンスらいおん事務局)] ▼お申込み 「こくちーず」でのお申込みとなります。 こちらからお申し込みください。(こくちーずからの返信メールが届けば申込完了です。) 締切は3月1日24時までです。 こくちーずが使えない場合は、メールにてお申込みください。 info@tochigi-lion.net
    15:00 サイエンスらいおん研究会Vol.5(... @ 帝京大学宇都宮キャンパス
    サイエンスらいおん研究会Vol.5(... @ 帝京大学宇都宮キャンパス
    3月 3 @ 15:00 – 16:30
    サイエンスらいおん研究会Vol.5(猪俣大輔さん) @ 帝京大学宇都宮キャンパス | 宇都宮市 | 栃木県 | 日本
    ※らいおん研究会の前に、同会場にて「サイエンスらいおんカフェVol.63」を開催します。両方参加される場合にはお手数ですが、それぞれお申し込みください。 ■3月の話題提供者:猪俣 大輔(いのまた だいすけ)さん (すあなサイエンス 代表) PDFチラシはこちら ▼テーマ:マンガ・イラストで伝えるサイエンス ▼3月3日(土)15:00-16:30 ▼開催場所:帝京大学宇都宮キャンパス本部棟2号館201教室 ▼参加費:無料 ▼定員:15名 今回の研究会は、カフェと連続開催です。 (併催ではなく、同じ会場で2連続の開催です。) 5回目となる研究会のテーマは、マンガ・イラスト。 科学を伝える手段の一つとして、マンガやイラストを使う事例は増えているようです。 今回お招きするのは、すあなサイエンスの猪俣大輔さん。 埼玉を拠点に活動されていますが、栃木県内の大学などともお仕事をされています。 もともと普通のマンガ・イラストを描く仕事をされていた猪俣さん。 縁ときっかけがあって、サイエンス系の仕事が増えてきたそうです。 お話を聞くだけではなく、少し頭を動かすワークショップも体験してみようと企画されています。 マンガやイラストで「伝える」ということがどんなことなのか。 その事例をご紹介いただきます。 もちろん、絵が描けなくても大丈夫です。(私も描けません) 多くのご参加、お待ちしております。 [紹介文文責:藤平昌寿(サイエンスらいおん事務局)] ▼お申込み 「こくちーず」でのお申込みとなります。 こちらからお申し込みください。(こくちーずからの返信メールが届けば申込完了です。) 締切は3月1日24時までです。 こくちーずが使えない場合は、メールにてお申込みください。 info@tochigi-lion.net

    View Calendar

  • Facebookページ


  • Twitter @tochigilion


  • エンジョイ!カガク!!2013レポート

  • アーカイブ