イベント開催報告 20130316-08

Published on 3月 18th, 2013 | by サイエンスらいおん事務局

0

2013年3月16日 サイエンスらいおんカフェ第3回(瀬尾拡史さん)

▼テーマ・・・サイエンスを、正しく、楽しく・・・科学するCGが創り出す未来
医師の傍ら、「サイエンスを、正しく、楽しく」をテーマに、サイエンスCGという分野をビジネスとして開拓している瀬尾さん。東大総長賞や裁判員裁判資料採用などに至るエピソードなど、多彩なビジュアルと共に紹介予定。

▼話題提供者プロフィール

研修医として東京大学医学部附属病院に勤務する一方、学生時代に3DCGの専門スクールであるデジタルハリウッドとダブルスクールし、サイエンスCGクリエーターとしても活躍。
学生時代に裁判員裁判での3DCGの導入を最高検察庁に提案し、実用に結びつけたことが評価され、東大医学部として初の東京大学総長大賞を受賞。
サイエンスで人々に感動を与える会社を目指し、株式会社サイアメントを設立。医学の専門家としての確かな知識と経験を活かし、他では真似出来ないような「正しさ」と「楽しさ」とを両立させた様々なCGコンテンツを制作。

2004 筑波大学附属駒場高等学校卒業
2005 東京大学理科三類入学
2007 東京大学医学部医学科進学
2009 京都大学学術映像コンペティション準入選・学術映像奨励賞
2010 Johns Hopkins Medicine及びUniversity of TorontoへMedical Illustrationの短期留学
2010 第8回インディーズアニメフェスタ Scientific Visualization賞
2010 平成21年度東京大学総長賞・総長大賞
2010 第1回デジタルハリウッド学長賞
2011 東京大学医学部医学科卒業
2011 東京大学医学部附属病院初期研修医
2012 株式会社サイアメント代表

ウェブサイト http://medical3d.buzzlog.jp/

▼日時・会場:3月16日(土)15:00-17:00 帝京大学宇都宮キャンパス「メディアラボ」
▼参加者:25名

■瀬尾さんをご存じない方は予習しましょう。2013年1月27日放送のTBS系「夢の扉+」にて瀬尾さんが特集されました。

「サイエンスを、正しく、楽しく」解説動画

■今回の会場
今回は、2か月ぶりに帝京大学に戻ってきました。ヒューマン情報学科棟にある「メディアラボ」。ここには3D対応プロジェクタが設置されているため、瀬尾さんの作品を3D大画面で観ることができます。
20130316-01

■瀬尾さん
会場の関係で、今回はほぼ暗い中でのお話になりました。
20130316-02 20130316-03 

■学生時代のお話
少年時代に感銘を受けたCG番組の話から、順を追って次々とエピソードが展開されます。
 20130316-04 20130316-05
20130316-06
 
20130316-07

■CG作品について
様々な作品も見せていただきました。3D作品も見ましたが、画面上でご紹介できないのが残念!
20130316-08 20130316-11
20130316-09
 20130316-10

■ディスカッションタイム
最後はミニディスカッションタイム。時間が無かったため、あまりお話が出来ずにおりましたが、解散後に個別に瀬尾さんが対応していただきました。

 20130316-13 20130316-12

■最後に・・・
瀬尾さんが今回のために用意したスライドが150枚以上。中身が濃かったため、大幅に予定時間を超えましたが、今後のご活躍が期待される瀬尾さんのお話は、参加者それぞれに感じるモノを残していただいたようです。瀬尾さん、参加者の皆様、長時間ありがとうございました。

 

Tags:




Comments are closed.

Back to Top ↑
  • イベントカレンダー

    10月
    30
    2021
    10:00 サイエンスらいおんカフェ第103回... @ オンライン開催
    サイエンスらいおんカフェ第103回... @ オンライン開催
    10月 30 @ 10:00 – 11:00
    サイエンスらいおんカフェ第103回(小林良彦さん) @ オンライン開催 | 宇都宮市 | 栃木県 | 日本
    ■10月の話題提供者:小林良彦 さん (大分大学 教育学部 講師) PDFチラシ ▼テーマ:ツタエルカガク2 ▼10月30日(土)10:00-11:00 ▼開催場所:オンライン開催(zoom利用) ▼参加費:無料 ▼定員:15名 ▼ゲスト略歴 栃木県市貝町生まれ。 栃木県立真岡高等学校卒業。 新潟大学にて原子核物理の研究を行い、博士(理学)を取得。 大学院生の頃から、サイエンスカフェなどの科学技術コミュニケーション活動に取り組む。 九州大学基幹教育院・特任助教を経て、 2020年9月より北海道大学科学技術コミュニケーター養成プログラム・特任助教。 2021年10月より大分大学教育学部・講師。 個人ウェブサイト:https://www.yoshikoba113.net/ 今回のゲストは、Vol.35・Vol.92にお越しいただきました小林良彦さん。 前回から約1年ぶりの再登板です。 実は小林さん、前回は北海道大学の教員として、札幌からリモート参加していただきましたが、 この10月より、九州は大分大学の教員として着任されました。 前任の北大では、サイエンスコミュニケーションど真ん中の分野でしたが、今度の大分大では、理科教育を担当されるとのこと。 大学・大学院時代の分野に回帰することになられました。 とはいえ、学部時代からサイエンスカフェに参画し、サイエンスらいおんの活動初期から色々とサポートいただいた小林さんですから、 きっと理科教育の中にも、それらを存分に取り入れていかれるのだろうと思われます。 今回はファシリテータの私も、詳しいお話をまだ伺っておりません。 前回カフェ以降の北大での活動や、今回の移動の経緯や現在の様子、そして今後の展望などを、生トーク形式でお聞きしたいと思います。 ですので、ショートバージョンとしてお送りする予定です。 「カガクをツタエル」を一貫したテーマとして活動されている小林さんの現在(いま)をぜひ聞いてみませんか? 皆様のご参加、お待ちしています。 [紹介文文責:藤平昌寿(とちぎサイエンスらいおん客員研究員)] ▼お申込み zoomでの登録フォーム申込となります。以下のフォームからお申込みください。 http://bit.ly/lioncafe103 登録後、zoom情報がメールにて届きますので、当日はそこからアクセスしてください。 締切は当日朝9時までです。 ご質問等は info@tochigi-lion.net でも受け付けます。

    View Calendar

  • Facebookページ


  • Twitter @tochigilion


  • 第8回公開シンポジウム講演ダイジェスト

  • エンジョイ!カガク!!2013レポート

  • アーカイブ