イベント開催報告 20130114-03

Published on 1月 14th, 2013 | by サイエンスらいおん事務局

0

2013年1月14日 サイエンスらいおんカフェ第1回(栗原一貴さん)

▼テーマ・・・「イグノーベル賞までの道のり・・・人を笑わせ、そして考えさせる」
「人を笑わせ、そして考えさせる」研究に贈られる「イグノーベル賞」。2012年9月に「スピーチ・ジャマー」でイグノーベル賞を受賞した栗原さんが、これまでの研究内容、受賞までの紆余曲折、授賞式でのエピソードなどを踏まえて、普段からのどのような心構えが「イグノーベル」的であるかを議論します。イグノーベル賞について詳しく知りたい、そしていつか受賞したい人、および奇天烈な研究者の生態に触れたい人などにお薦め!

▼話題提供者プロフィール
独立行政法人・産業技術総合研究所 研究員
1978年栃木県生まれ。2007年東京大学大学院情報理工学系研究科コンピュータ科学専攻博士課程修了。PhD。
日本学術振興会特別研究員(DC2)を経て同年、産業技術総合研究所に入所、現在メディアインタラクション研究グループ研究員。
2007年より千葉県総合教育センター講師を兼任。2007年から2008年にかけて、東京大学大学総合教育研究センター助教および特任助教を兼任。
2009年から2010年にかけて、東京大学情報学環客員研究員を兼任。2010年より総務省フューチャースクール推進事業における東日本地区全体委員会委員。
ウェブサイト http://unryu.org

▼日時・会場:1月14日(祝)15:00-17:00 帝京大学宇都宮キャンパス
▼参加者:12名

■大雪の会場
記念すべき第1回は、本プロジェクトの拠点でもある帝京大学宇都宮キャンパスで開催されました。ですが、前夜からの雪がピークに達しており、学内も時折、強風吹き荒れる吹雪状態の中、開催されることとなってしまいました。このため、当日会場に来られなくなった参加者も居り、少人数でのスタートとなりました。
 

■栗原さん
落ち着きがありながらもユーモアたっぷりの研究・作品を創ります。
 

■前半
栗原さんの研究テーマは「メディアインタラクション」。メディアとの付き合い方や操作法などを対話型に近くするツールや技術の開発・研究のようです。ちょっと想像しにくいですが、栗原さんのwebサイトに作品の解説がズラーッと並んでおりますので、ご覧いただくのが一番早いと思いますよ。これらの作品の一部を解説していただきました。シュールなものから真面目なものまで、栗原さんの守備範囲はかなり広いです。

■休憩・体験タイム
休憩の時間に、イグ・ノーベル賞を受賞した「スピーチ・ジャマー」の体験。スピーチ・ジャマーは、しゃべっている人に対して、自分の発した声を微妙に遅らせてから返し、「絶妙に」発声を邪魔させる装置。イメージ的には、体育館や校庭でマイクで話しているような感じです。今回はPC+ヘッドホン形式でしたが、本当はガン(銃)型形式で黙らせたい相手に向けて、指向性スピーカで本人に音を返すようになっています。最初は固かった参加者の皆さんも、この体験タイムで驚きと笑いが続々発生!
下の写真は、ジャマーされる前後の様子です。真面目に原稿を読んでいると、栗原さんがJamming ON!! ヘッドホンから自分の声が微妙に遅れて流れ、見事にしゃべれなくなります。
 

■後半
後半は、イグ・ノーベル賞の歴史や授賞式の様子をお話いただきました。授賞式では本物のノーベル賞受賞者がプレゼンターだったり、記念スピーチでちょっとスベったりした話など、受賞者ならではのエピソードが満載でした。
 

■ディスカッションタイム
サイエンスカフェの最後はミニディスカッションタイムを設けています。今回のお題は「今年のイグ・ノーベル賞を受賞するためのブレインストーミング」。グループ毎に10分ほど話し合い、その後、発表をしました。なかなか面白いご意見もありましたよ。

■最後に・・・
というわけで、第1回は無事終了。栗原さん、参加者の皆さん、ありがとうございました。次回参加される方もいらっしゃり、今後がますます楽しみです。

 

Tags:




Comments are closed.

Back to Top ↑
  • イベントカレンダー

    10月
    30
    2021
    10:00 サイエンスらいおんカフェ第103回... @ オンライン開催
    サイエンスらいおんカフェ第103回... @ オンライン開催
    10月 30 @ 10:00 – 11:00
    サイエンスらいおんカフェ第103回(小林良彦さん) @ オンライン開催 | 宇都宮市 | 栃木県 | 日本
    ■10月の話題提供者:小林良彦 さん (大分大学 教育学部 講師) PDFチラシ ▼テーマ:ツタエルカガク2 ▼10月30日(土)10:00-11:00 ▼開催場所:オンライン開催(zoom利用) ▼参加費:無料 ▼定員:15名 ▼ゲスト略歴 栃木県市貝町生まれ。 栃木県立真岡高等学校卒業。 新潟大学にて原子核物理の研究を行い、博士(理学)を取得。 大学院生の頃から、サイエンスカフェなどの科学技術コミュニケーション活動に取り組む。 九州大学基幹教育院・特任助教を経て、 2020年9月より北海道大学科学技術コミュニケーター養成プログラム・特任助教。 2021年10月より大分大学教育学部・講師。 個人ウェブサイト:https://www.yoshikoba113.net/ 今回のゲストは、Vol.35・Vol.92にお越しいただきました小林良彦さん。 前回から約1年ぶりの再登板です。 実は小林さん、前回は北海道大学の教員として、札幌からリモート参加していただきましたが、 この10月より、九州は大分大学の教員として着任されました。 前任の北大では、サイエンスコミュニケーションど真ん中の分野でしたが、今度の大分大では、理科教育を担当されるとのこと。 大学・大学院時代の分野に回帰することになられました。 とはいえ、学部時代からサイエンスカフェに参画し、サイエンスらいおんの活動初期から色々とサポートいただいた小林さんですから、 きっと理科教育の中にも、それらを存分に取り入れていかれるのだろうと思われます。 今回はファシリテータの私も、詳しいお話をまだ伺っておりません。 前回カフェ以降の北大での活動や、今回の移動の経緯や現在の様子、そして今後の展望などを、生トーク形式でお聞きしたいと思います。 ですので、ショートバージョンとしてお送りする予定です。 「カガクをツタエル」を一貫したテーマとして活動されている小林さんの現在(いま)をぜひ聞いてみませんか? 皆様のご参加、お待ちしています。 [紹介文文責:藤平昌寿(とちぎサイエンスらいおん客員研究員)] ▼お申込み zoomでの登録フォーム申込となります。以下のフォームからお申込みください。 http://bit.ly/lioncafe103 登録後、zoom情報がメールにて届きますので、当日はそこからアクセスしてください。 締切は当日朝9時までです。 ご質問等は info@tochigi-lion.net でも受け付けます。

    View Calendar

  • Facebookページ


  • Twitter @tochigilion


  • 第8回公開シンポジウム講演ダイジェスト

  • エンジョイ!カガク!!2013レポート

  • アーカイブ