イベント開催報告 20130114-03

Published on 1月 14th, 2013 | by サイエンスらいおん事務局

0

2013年1月14日 サイエンスらいおんカフェ第1回(栗原一貴さん)

▼テーマ・・・「イグノーベル賞までの道のり・・・人を笑わせ、そして考えさせる」
「人を笑わせ、そして考えさせる」研究に贈られる「イグノーベル賞」。2012年9月に「スピーチ・ジャマー」でイグノーベル賞を受賞した栗原さんが、これまでの研究内容、受賞までの紆余曲折、授賞式でのエピソードなどを踏まえて、普段からのどのような心構えが「イグノーベル」的であるかを議論します。イグノーベル賞について詳しく知りたい、そしていつか受賞したい人、および奇天烈な研究者の生態に触れたい人などにお薦め!

▼話題提供者プロフィール
独立行政法人・産業技術総合研究所 研究員
1978年栃木県生まれ。2007年東京大学大学院情報理工学系研究科コンピュータ科学専攻博士課程修了。PhD。
日本学術振興会特別研究員(DC2)を経て同年、産業技術総合研究所に入所、現在メディアインタラクション研究グループ研究員。
2007年より千葉県総合教育センター講師を兼任。2007年から2008年にかけて、東京大学大学総合教育研究センター助教および特任助教を兼任。
2009年から2010年にかけて、東京大学情報学環客員研究員を兼任。2010年より総務省フューチャースクール推進事業における東日本地区全体委員会委員。
ウェブサイト http://unryu.org

▼日時・会場:1月14日(祝)15:00-17:00 帝京大学宇都宮キャンパス
▼参加者:12名

■大雪の会場
記念すべき第1回は、本プロジェクトの拠点でもある帝京大学宇都宮キャンパスで開催されました。ですが、前夜からの雪がピークに達しており、学内も時折、強風吹き荒れる吹雪状態の中、開催されることとなってしまいました。このため、当日会場に来られなくなった参加者も居り、少人数でのスタートとなりました。
 

■栗原さん
落ち着きがありながらもユーモアたっぷりの研究・作品を創ります。
 

■前半
栗原さんの研究テーマは「メディアインタラクション」。メディアとの付き合い方や操作法などを対話型に近くするツールや技術の開発・研究のようです。ちょっと想像しにくいですが、栗原さんのwebサイトに作品の解説がズラーッと並んでおりますので、ご覧いただくのが一番早いと思いますよ。これらの作品の一部を解説していただきました。シュールなものから真面目なものまで、栗原さんの守備範囲はかなり広いです。

■休憩・体験タイム
休憩の時間に、イグ・ノーベル賞を受賞した「スピーチ・ジャマー」の体験。スピーチ・ジャマーは、しゃべっている人に対して、自分の発した声を微妙に遅らせてから返し、「絶妙に」発声を邪魔させる装置。イメージ的には、体育館や校庭でマイクで話しているような感じです。今回はPC+ヘッドホン形式でしたが、本当はガン(銃)型形式で黙らせたい相手に向けて、指向性スピーカで本人に音を返すようになっています。最初は固かった参加者の皆さんも、この体験タイムで驚きと笑いが続々発生!
下の写真は、ジャマーされる前後の様子です。真面目に原稿を読んでいると、栗原さんがJamming ON!! ヘッドホンから自分の声が微妙に遅れて流れ、見事にしゃべれなくなります。
 

■後半
後半は、イグ・ノーベル賞の歴史や授賞式の様子をお話いただきました。授賞式では本物のノーベル賞受賞者がプレゼンターだったり、記念スピーチでちょっとスベったりした話など、受賞者ならではのエピソードが満載でした。
 

■ディスカッションタイム
サイエンスカフェの最後はミニディスカッションタイムを設けています。今回のお題は「今年のイグ・ノーベル賞を受賞するためのブレインストーミング」。グループ毎に10分ほど話し合い、その後、発表をしました。なかなか面白いご意見もありましたよ。

■最後に・・・
というわけで、第1回は無事終了。栗原さん、参加者の皆さん、ありがとうございました。次回参加される方もいらっしゃり、今後がますます楽しみです。

 

Tags:




Comments are closed.

Back to Top ↑
  • イベントカレンダー

    3月
    26
    2019
    08:30 サイエンスらいおんカフェ第75回... @ 帝京大学宇都宮キャンパス
    サイエンスらいおんカフェ第75回... @ 帝京大学宇都宮キャンパス
    3月 26 @ 08:30 – 17:30
    サイエンスらいおんカフェ第75回(女子中学生のための理系企業見学会) @ 帝京大学宇都宮キャンパス | 宇都宮市 | 栃木県 | 日本
    3月のらいおんカフェは、帝京大学宇都宮キャンパスが展開している「女子中高生の理系進路選択支援プログラム」とのコラボ企画です。 本プログラムは、サイエンスらいおんが初期3年間支援を受けていた(独法)科学技術振興機構による支援プログラムです。 女子中高生を対象に様々な企画を展開しておりますが、今回は「女子中高生のための理系企業見学会」を開催します。 栃木県内の企業を訪問したり、ランチをしながら様々な交流を予定しております。 参加は女子中高生と保護者・教員限定となりますが、普段とは違う雰囲気でお楽しみいただければと思います。 今回のお申込は当プログラム事務局が担当いたします。 詳細はチラシをご覧いただき、お申込はこちらからお願いいたします。  
    3月
    30
    2019
    13:00 鹿沼 算数を楽しむ ―「ハト目返し... @ 鹿沼市民情報センター 1F 研修室
    鹿沼 算数を楽しむ ―「ハト目返し... @ 鹿沼市民情報センター 1F 研修室
    3月 30 @ 13:00 – 15:00
    鹿沼 算数を楽しむ ―「ハト目返し」を作ってみよう― @ 鹿沼市民情報センター 1F 研修室 | 鹿沼市 | 栃木県 | 日本
    [PDFチラシ] 【鹿沼 算数を楽しむ ― 「ハト目返し」を作ってみよう ―】 「ハト目返し」,昔の子供たちは楽しく遊んでいたようですが,最近あまり見かけません.算数で楽しい体験をしませんか? 日本の文化に触れながら,図形の問題を考えます.何ができるか,「自分で考えること」で,いろいろな形を作ることができるかもしれません.みんなで話し合い,考え,そして算数で楽しみましょう.「ハト目返し」を知らないなら大歓迎です.もしかすると鹿沼は日光を作った文化の残っている町,彫刻や絵画の中におもしろい算数があるかもしれません.みんなで探したいですね. ■日 時 平成31年3月30日(土) 午後1:00 ~ 3:00 終了予定 (開場12:45) ■場 所 鹿沼市民情報センター 1F 研修室 鹿沼市文化橋町1982-18 電話(0289)63-8300 駐車場あり ■参加費 無料 ※事前連絡不要(当日会場においでください) ■対 象 小学生と保護者 (一緒に算数を楽しみましょう) ■準備するもの 筆記用具 ■講師 渡辺 信(生涯学習数学研究所) 福田 千枝子(帝京大学)  垣花 京子(筑波学院大学) ■主催 生涯学習数学研究所 ■後援 鹿沼市教育委員会 【保護者の皆様へ】 鹿沼で「算数を楽しむ」会を始めて,今年で14年目を迎えます.毎年桜の咲くころに鹿沼の皆様とお会いできることが楽しくなりました.今回も春休みに,また,鹿沼の皆様と算数を楽しむことができることを楽しみにしています.小学校で好きだった算数が,中学・高校と進むにつれて嫌いになるのでは問題です.お子様方に算数を楽しく学ぶきっかけを作りたい,学校で算数が楽しくなって欲しいと思ってはじめた会です.今回は,古くから日本の文化の中にある「ハト目返し」を取り上げ,その中にある算数を探してみます.手を動かし,頭を使い実際に作業を行いながら算数を理解しようと思います.作業をしながら算数を理解することができて,算数を学ぶ動機付けになったらよいと思っています.お子さまと一緒に参加してください.そして一緒にやることによって,算数の話題を通して話をする機会がうまれます.保護者の皆様の積極的な参加をお待ちしています.

    View Calendar

  • Facebookページ


  • Twitter @tochigilion


  • エンジョイ!カガク!!2013レポート

  • アーカイブ