イベント開催報告

Published on 3月 4th, 2016 | by サイエンスらいおん事務局

0

2016年2月27日 第4回とちぎサイエンスらいおん公開シンポジウム「宇宙の探索」

2016年2月27日(土)に第4回とちぎサイエンスらいおん公開シンポジウムが帝京大学宇都宮キャンパスで開催されました。
今回のシンポジウムは、市民の関心も高い「宇宙の探索」をテーマに開催し、100名を超える皆さまにご参加頂きました。

   

今回はロビーでもお楽しみいただけるよう、「帝京大学航空宇宙工学科」「日本宇宙少年団宇都宮分団」「帝京大学天文部」による展示と、「宇都宮市立東図書館」による関連書籍の閲覧・貸出を行いました。

  

帝京大学・冲永佳史学長からの開会挨拶と、帝京大学・渡辺博芳教授によるサイエンスらいおんの活動紹介。

 

招待講演では、JAXA名誉教授で、元赤外線天文衛星「あかり」プロジェクトマネージャの村上浩さんにお話いただきました。
演台とスクリーンを行ったり来たりしながら、身振り交えて、とても楽しそうに宇宙のお話をしてくださいました。

   

休憩を兼ねて、コーヒーブレイクを25分ほど取りました。
展示物を見ながら、登壇者・参加者が自由に交流できるオープンカフェ的な場として、大変良い効果がありました。
コーヒーがあっという間に無くなるほどの盛況ぶりでした。

後半の初めは一般講演。まず始めは、宇都宮大学教育学部教授の堀田直巳さん。
宇宙線とは何か? 富士山より高いチベットで観測する理由とは?
専門的な話も交えて、お話いただきました。

   

続いて、日本宇宙少年団宇都宮分団分団長の佐藤洋さん。
宇宙に沢山ある人工衛星の状況や衛星から飛んでくる電波など、実際の音声も出しながら解説いただきました。
また、2013年に開催されたARISSスクールコンタクトについても触れました。(佐藤さんはこの時のオペレーターを務めています。)

  

一般講演最後は、帝京大学航空宇宙工学科講師の河村政昭さん。
2014年に打ち上げられたTeikyoSat-3のお話、そして現在進められている次期衛星の開発など、将来への希望をお話いただきました。

   

シンポジウム最後は、トークセッション。
進行役の帝京大学・井口義夫教授と本日の登壇者を交えて、コーヒーブレイク中にいただいた質問用紙を基にお話を展開されました。
質問コーナーでは小学校低学年の女の子から「JAXAに就職するにはどうしたら良いですか?」という可愛い質問も飛び出しました。
栃木県総合教育センター・長野誠所長による閉会挨拶で、シンポジウムは幕を閉じました。

 

しかし、ここで終わらないのがシンポジウム。
展示のあるロビーに会場を移しての意見交換会。
コーヒーブレイク同様、多くの皆さまとの更に密な交流が行われました。

 

ご参加いただきました皆様、誠にありがとうございました。
また次回のシンポジウムをお楽しみに!!

Tags:




Comments are closed.

Back to Top ↑
  • イベントカレンダー

    3月
    30
    2019
    13:00 鹿沼 算数を楽しむ ―「ハト目返し... @ 鹿沼市民情報センター 1F 研修室
    鹿沼 算数を楽しむ ―「ハト目返し... @ 鹿沼市民情報センター 1F 研修室
    3月 30 @ 13:00 – 15:00
    鹿沼 算数を楽しむ ―「ハト目返し」を作ってみよう― @ 鹿沼市民情報センター 1F 研修室 | 鹿沼市 | 栃木県 | 日本
    [PDFチラシ] 【鹿沼 算数を楽しむ ― 「ハト目返し」を作ってみよう ―】 「ハト目返し」,昔の子供たちは楽しく遊んでいたようですが,最近あまり見かけません.算数で楽しい体験をしませんか? 日本の文化に触れながら,図形の問題を考えます.何ができるか,「自分で考えること」で,いろいろな形を作ることができるかもしれません.みんなで話し合い,考え,そして算数で楽しみましょう.「ハト目返し」を知らないなら大歓迎です.もしかすると鹿沼は日光を作った文化の残っている町,彫刻や絵画の中におもしろい算数があるかもしれません.みんなで探したいですね. ■日 時 平成31年3月30日(土) 午後1:00 ~ 3:00 終了予定 (開場12:45) ■場 所 鹿沼市民情報センター 1F 研修室 鹿沼市文化橋町1982-18 電話(0289)63-8300 駐車場あり ■参加費 無料 ※事前連絡不要(当日会場においでください) ■対 象 小学生と保護者 (一緒に算数を楽しみましょう) ■準備するもの 筆記用具 ■講師 渡辺 信(生涯学習数学研究所) 福田 千枝子(帝京大学)  垣花 京子(筑波学院大学) ■主催 生涯学習数学研究所 ■後援 鹿沼市教育委員会 【保護者の皆様へ】 鹿沼で「算数を楽しむ」会を始めて,今年で14年目を迎えます.毎年桜の咲くころに鹿沼の皆様とお会いできることが楽しくなりました.今回も春休みに,また,鹿沼の皆様と算数を楽しむことができることを楽しみにしています.小学校で好きだった算数が,中学・高校と進むにつれて嫌いになるのでは問題です.お子様方に算数を楽しく学ぶきっかけを作りたい,学校で算数が楽しくなって欲しいと思ってはじめた会です.今回は,古くから日本の文化の中にある「ハト目返し」を取り上げ,その中にある算数を探してみます.手を動かし,頭を使い実際に作業を行いながら算数を理解しようと思います.作業をしながら算数を理解することができて,算数を学ぶ動機付けになったらよいと思っています.お子さまと一緒に参加してください.そして一緒にやることによって,算数の話題を通して話をする機会がうまれます.保護者の皆様の積極的な参加をお待ちしています.

    View Calendar

  • Facebookページ


  • Twitter @tochigilion


  • エンジョイ!カガク!!2013レポート

  • アーカイブ