イベント開催報告 image1

Published on 12月 16th, 2015 | by サイエンスらいおん事務局

0

2015年12月12日 サイエンスらいおんカフェ第36回(蓮田裕一さん)

※事前の広報内容はこちらです。

満3年を迎えましたサイエンスらいおんカフェ。
下野新聞NewsCafeを会場に、帝京大学の蓮田裕一さんをお迎えして開催しました。

蓮田さんは、昨年まで栃木県立宇都宮工業高校の教員をされており、WROというロボットコンテストの日本大会・世界大会に何度もチームを出場させている先生として、その方面では有名な先生です。
この春から帝京大学の教授に就任され、大学部門でも初出場で日本大会を突破、11月に世界大会に出場してきました。
サイエンスカフェ36-チラシ

ですが、今回のテーマは「観察」。サブタイトルには「カゲロウ」の文字。何だか「???」な雰囲気ですね。
カフェの参加者には、科学に興味ある小学生やロボット・プログラミングに興味のある中学生も参加しました。
image1

お話は、蓮田さんが大学時代に見た新聞記事からスタートしました。
蓮田さんの在籍は工学部の機械系。ですが、新聞記事で見た「カゲロウが橋を埋め尽くし、多重衝突事故が起きた。」という記事から、「何でこんなことが起こるんだろう?」という疑問が出て、やがて年間350日ぐらい川に観察に行く生活が始まります。

農学部や生物サークルにもしょっちゅう顔を出し、専門の学生より観察に夢中になり、農学系の教員に「キミは一体何者なんだ!?」と聞かれることもしばしばあったという蓮田さん。
やがて、初めての学会発表を生物系で行うことに。

大学卒業後、高校教員や大学助手などをする傍ら、教え子を学生科学賞出展に挑戦させる中で、観察の自動化のためにロボットを制作するところからロボットのへ道がようやく始まります。
その後、WROへの挑戦など、後半は映像も交えながら、裏話などもたくさんお話いただきました。

蓮田さんの論文集も閲覧しましたが、約半分は生物・農学系、残り半分が工学系です。
ですが、蓮田さんは「僕自身にとって、工学も農学も生物学もほとんど変わりがない。」とおっしゃっていたのが、印象的です。
不思議だと思ったことであれば、何でもとことん観察する。これが蓮田さんの原点のようです。

蓮田さんのこれからのご活躍を期待しつつ、幕を閉じました。

[おまけ]会場の下野新聞NewsCafeではフクロウの展示がありました。
image2 image3

【レポート:藤平昌寿(帝京大学サイエンスらいおん事務局)】

 

Tags:




Comments are closed.

Back to Top ↑
  • イベントカレンダー

    3月
    26
    2019
    08:30 サイエンスらいおんカフェ第75回... @ 帝京大学宇都宮キャンパス
    サイエンスらいおんカフェ第75回... @ 帝京大学宇都宮キャンパス
    3月 26 @ 08:30 – 17:30
    サイエンスらいおんカフェ第75回(女子中学生のための理系企業見学会) @ 帝京大学宇都宮キャンパス | 宇都宮市 | 栃木県 | 日本
    3月のらいおんカフェは、帝京大学宇都宮キャンパスが展開している「女子中高生の理系進路選択支援プログラム」とのコラボ企画です。 本プログラムは、サイエンスらいおんが初期3年間支援を受けていた(独法)科学技術振興機構による支援プログラムです。 女子中高生を対象に様々な企画を展開しておりますが、今回は「女子中高生のための理系企業見学会」を開催します。 栃木県内の企業を訪問したり、ランチをしながら様々な交流を予定しております。 参加は女子中高生と保護者・教員限定となりますが、普段とは違う雰囲気でお楽しみいただければと思います。 今回のお申込は当プログラム事務局が担当いたします。 詳細はチラシをご覧いただき、お申込はこちらからお願いいたします。  
    3月
    30
    2019
    13:00 鹿沼 算数を楽しむ ―「ハト目返し... @ 鹿沼市民情報センター 1F 研修室
    鹿沼 算数を楽しむ ―「ハト目返し... @ 鹿沼市民情報センター 1F 研修室
    3月 30 @ 13:00 – 15:00
    鹿沼 算数を楽しむ ―「ハト目返し」を作ってみよう― @ 鹿沼市民情報センター 1F 研修室 | 鹿沼市 | 栃木県 | 日本
    [PDFチラシ] 【鹿沼 算数を楽しむ ― 「ハト目返し」を作ってみよう ―】 「ハト目返し」,昔の子供たちは楽しく遊んでいたようですが,最近あまり見かけません.算数で楽しい体験をしませんか? 日本の文化に触れながら,図形の問題を考えます.何ができるか,「自分で考えること」で,いろいろな形を作ることができるかもしれません.みんなで話し合い,考え,そして算数で楽しみましょう.「ハト目返し」を知らないなら大歓迎です.もしかすると鹿沼は日光を作った文化の残っている町,彫刻や絵画の中におもしろい算数があるかもしれません.みんなで探したいですね. ■日 時 平成31年3月30日(土) 午後1:00 ~ 3:00 終了予定 (開場12:45) ■場 所 鹿沼市民情報センター 1F 研修室 鹿沼市文化橋町1982-18 電話(0289)63-8300 駐車場あり ■参加費 無料 ※事前連絡不要(当日会場においでください) ■対 象 小学生と保護者 (一緒に算数を楽しみましょう) ■準備するもの 筆記用具 ■講師 渡辺 信(生涯学習数学研究所) 福田 千枝子(帝京大学)  垣花 京子(筑波学院大学) ■主催 生涯学習数学研究所 ■後援 鹿沼市教育委員会 【保護者の皆様へ】 鹿沼で「算数を楽しむ」会を始めて,今年で14年目を迎えます.毎年桜の咲くころに鹿沼の皆様とお会いできることが楽しくなりました.今回も春休みに,また,鹿沼の皆様と算数を楽しむことができることを楽しみにしています.小学校で好きだった算数が,中学・高校と進むにつれて嫌いになるのでは問題です.お子様方に算数を楽しく学ぶきっかけを作りたい,学校で算数が楽しくなって欲しいと思ってはじめた会です.今回は,古くから日本の文化の中にある「ハト目返し」を取り上げ,その中にある算数を探してみます.手を動かし,頭を使い実際に作業を行いながら算数を理解しようと思います.作業をしながら算数を理解することができて,算数を学ぶ動機付けになったらよいと思っています.お子さまと一緒に参加してください.そして一緒にやることによって,算数の話題を通して話をする機会がうまれます.保護者の皆様の積極的な参加をお待ちしています.

    View Calendar

  • Facebookページ


  • Twitter @tochigilion


  • エンジョイ!カガク!!2013レポート

  • アーカイブ