イベント開催報告 image1

Published on 12月 16th, 2015 | by サイエンスらいおん事務局

0

2015年12月12日 サイエンスらいおんカフェ第36回(蓮田裕一さん)

※事前の広報内容はこちらです。

満3年を迎えましたサイエンスらいおんカフェ。
下野新聞NewsCafeを会場に、帝京大学の蓮田裕一さんをお迎えして開催しました。

蓮田さんは、昨年まで栃木県立宇都宮工業高校の教員をされており、WROというロボットコンテストの日本大会・世界大会に何度もチームを出場させている先生として、その方面では有名な先生です。
この春から帝京大学の教授に就任され、大学部門でも初出場で日本大会を突破、11月に世界大会に出場してきました。
サイエンスカフェ36-チラシ

ですが、今回のテーマは「観察」。サブタイトルには「カゲロウ」の文字。何だか「???」な雰囲気ですね。
カフェの参加者には、科学に興味ある小学生やロボット・プログラミングに興味のある中学生も参加しました。
image1

お話は、蓮田さんが大学時代に見た新聞記事からスタートしました。
蓮田さんの在籍は工学部の機械系。ですが、新聞記事で見た「カゲロウが橋を埋め尽くし、多重衝突事故が起きた。」という記事から、「何でこんなことが起こるんだろう?」という疑問が出て、やがて年間350日ぐらい川に観察に行く生活が始まります。

農学部や生物サークルにもしょっちゅう顔を出し、専門の学生より観察に夢中になり、農学系の教員に「キミは一体何者なんだ!?」と聞かれることもしばしばあったという蓮田さん。
やがて、初めての学会発表を生物系で行うことに。

大学卒業後、高校教員や大学助手などをする傍ら、教え子を学生科学賞出展に挑戦させる中で、観察の自動化のためにロボットを制作するところからロボットのへ道がようやく始まります。
その後、WROへの挑戦など、後半は映像も交えながら、裏話などもたくさんお話いただきました。

蓮田さんの論文集も閲覧しましたが、約半分は生物・農学系、残り半分が工学系です。
ですが、蓮田さんは「僕自身にとって、工学も農学も生物学もほとんど変わりがない。」とおっしゃっていたのが、印象的です。
不思議だと思ったことであれば、何でもとことん観察する。これが蓮田さんの原点のようです。

蓮田さんのこれからのご活躍を期待しつつ、幕を閉じました。

[おまけ]会場の下野新聞NewsCafeではフクロウの展示がありました。
image2 image3

【レポート:藤平昌寿(帝京大学サイエンスらいおん事務局)】

 

Tags:




Comments are closed.

Back to Top ↑
  • イベントカレンダー

    2月
    9
    2019
    14:00 とちぎサイエンスらいおん第7回公... @ 帝京大学宇都宮キャンパス
    とちぎサイエンスらいおん第7回公... @ 帝京大学宇都宮キャンパス
    2月 9 @ 14:00 – 16:40
    とちぎサイエンスらいおん第7回公開シンポジウム「スポーツの科学」 @ 帝京大学宇都宮キャンパス | 宇都宮市 | 栃木県 | 日本
    PDFチラシはこちら 事前申込は2/8 16:00で締め切りますが、当日参加も可能ですので、直接会場にご来場ください。 第7回目を迎えるサイエンスらいおん公開シンポジウム。 今回は「スポーツ」をテーマに、県内で活躍している方々による4講演を予定しております。 また、今回は、トークセッションを実施しない代わりに、終了後のロビーでの意見交換会(軽食付・どなたでも参加可能)でゲストや来場者とのトークが可能です。奮ってご参加ください。 ■主催 とちぎサイエンスらいおん・帝京大学 ■後援 栃木県教育委員会、一般社団法人栃木県商工会議所連合会、栃木県商工会議所連合会、栃木県中小企業団体中央会、公益社団法人栃木県経済同友会、一般社団法人栃木県情報サービス産業協会、大学コンソーシアムとちぎ、公益財団法人栃木県産業振興センター、株式会社下野新聞社、株式会社とちぎテレビ、株式会社栃木放送、株式会社エフエム栃木、公益財団法人栃木県体育協会 ■日時 2019年2月9日(土) 14:00~16:40 ■会場 帝京大学宇都宮キャンパス 地域経済学科棟大講義室 ■プログラム予定 13:30 開場 14:00 開演 ▽開会挨拶 ▽とちぎサイエンスらいおん紹介 ▽講演 「とちぎ国体へ向けたとちぎ未来アスリートプロジェクト」 岡田 仁史 氏(栃木県教育委員会事務局 スポーツ振興課 競技力向上対策室) 「バイオメカニクス的視点からみた走・跳・投の発達」 藤井 宏明 氏(帝京大学 医療技術学部柔道整復学科 講師) ▽ブレイクタイム ▽講演 「2020 東京オリンピックに向けたボート競技の強化戦略」 長畑 芳仁 氏(帝京大学 医療技術学部柔道整復学科 講師) 「栄養・食事情とのつきあい方~食のリテラシーを高めよう~」 野口 律奈 氏( 帝京平成大学 健康メディカル学部健康栄養学科 准教授) ▽閉会挨拶 16:40 終了予定・意見交換会(登壇者・参加者と直接お話いただけます) ■お申込み 「こくちーず」でのお申込みとなります。 こちらからお申し込みください。(こくちーずからの返信メールが届けば申込完了です。) 締切は2月8日16時です。これ以降は申込は出来ませんが、当日直接参加も可能です。 こくちーずが使えない場合は、メールにてお申込みください。 info@tochigi-lion.net

    View Calendar

  • Facebookページ


  • Twitter @tochigilion


  • エンジョイ!カガク!!2013レポート

  • アーカイブ