イベント開催報告

Published on 6月 30th, 2015 | by サイエンスらいおん事務局

0

2015年6月27日 サイエンスらいおんカフェ第30回(深田陽平さん)

※事前の広報内容はこちらです。

らいおんカフェも皆様のおかげをもちまして、30回の節目を迎えることが出来ました!(パチパチ・・・)

今回のゲストは、博士課程在籍中の若手研究者、深田陽平(ふかたようへい)さん。
(「ふかだ」さんではなく、「ふかた」さんです。「濁らないんです!」とご本人は強調されておりました^^)

テーマは「ミヤコタナゴ」。

ミヤコタナゴは国の天然記念物の魚で、絶滅危惧種にも指定されている希少種。
もともと関東周辺ぐらいでしか見られない魚でしたが、天然の生息数は減少してきました。
そんな中、栃木県は全国で唯一、ミヤコタナゴの指定保護区があるという、珍しい県なんですね。

前半では、ミヤコタナゴとはどのような魚なのか?という生態的特徴や、減少してきた背景など、興味深いお話が続きました。

また、「セルビン」と呼ばれる、生息数調査に使われる器具も実際に見せていただきました。

後半は、深田さんが興味ある「環境学習」について、ミヤコタナゴを利用した実例をいくつかご紹介いただきました。

参加者には、研究の仲間なども集まり、ディスカッションも大いに盛り上がりました!
終了後にも別のお店で更に盛り上がりました。

深田さんは今後、DNA解析などを利用して、環境や生態に負荷をかけずに生態調査を行う方法の開発に取り組みたい、と抱負を述べていました。
ただでさえ少ない生息数の希少種やその生態環境を極力壊さずにリサーチできる手法が確立できれば、保全活動にもよりよい効果が出るかも知れません。

栃木県内の新聞などのメディアでは時々目にする「ミヤコタナゴ」の文字。
その実態や実際のお話に触れることにより、その重みと熱意を感じることができた、貴重なカフェでした。
深田さんには、研究が進んだ際にまたお越しいただきたいですね。
サイエンスカフェ30-チラシ

Tags:




Comments are closed.

Back to Top ↑
  • イベントカレンダー

    10月
    26
    2019
    15:00 サイエンスらいおんカフェ第82回... @ 帝京大学宇都宮キャンパス
    サイエンスらいおんカフェ第82回... @ 帝京大学宇都宮キャンパス
    10月 26 @ 15:00 – 16:30
    サイエンスらいおんカフェ第82回(森忍さん) @ 帝京大学宇都宮キャンパス | 宇都宮市 | 栃木県 | 日本
    ■10月の話題提供者:森 忍 さん (企業研究員・医学博士) サイエンスカフェ82チラシPDF ▼テーマ:対話カフェ~「美しさ」って何だろう?~ ▼10月26日(土)15:00-16:30 ▼開催場所:帝京大学宇都宮キャンパス本部棟2号館201教室 ▼参加費:無料 ▼定員:10名 今回のらいおんカフェは、森忍さんがゲストです。 何度からいおんカフェに参加されている森さん、実は某企業で生物関連の研究員をされています。 絵画などの芸術にも通じている森さんは、研究・開発を通して「美しさとは何だろう?」という疑問に直面することも多いそうです。カフェの打合せの中で、ぜひ色々な方の考える「美」について対話してみたい、という話が持ち上がり、今回のテーマとなりました。 前半では、森さん自身のこれまでの生い立ちや経験、美しさについて、などの話題提供をいただき、後半は、対話形式でゲスト・参加者それぞれの美や美しさについて、ゆるりとお話できれば・・・という予定です。 私自身も分野は違えど、芸術という分野にも関わる立場があるので、今回のカフェも非常に楽しみです。 森さんもぜひ様々な立場の方々とお話したいと希望されています。 土曜午後のひととき、初めての方も、常連の方も、お久しぶりの方も、奮ってご参加ください。 [紹介文文責:藤平昌寿(帝京大学サイエンスらいおん客員研究員)] ▼お申込み 今回はメールにてお申込みください。(10/25 17時締切) (お名前・お電話番号・年齢をお書き添えください。また、携帯アドレスの場合は返信メールが届くようご設定ください。) info@tochigi-lion.net

    View Calendar

  • Facebookページ


  • Twitter @tochigilion


  • エンジョイ!カガク!!2013レポート

  • アーカイブ