イベント開催報告 DSC_0032

Published on 2月 8th, 2015 | by サイエンスらいおん事務局

0

2015年2月7日 学びの杜の公開講座/栃木県総合教育センター

平成27年2月7日、栃木県総合教育センターで「学びの杜の公開講座」が開催されました。
午前午後と合わせて、6つの講座がありました。チラシはこちら

ここでは、「たまねぎの皮で草木染めをしよう」と「プログラムでロボットを動かそう」の2講座をご紹介。

「たまねぎの皮で草木染めをしよう」
では、小学生やもっと小さいお子さん達がワイワイと楽しく作業を進めていました。ビー玉などをつかって布の染まる部分と染まらない部分を作りますが、参加者それぞれ自由な発想で大小あるビー玉を包んでいきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA  IMG_5257  OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして、実際に染める作業。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA
※たまねぎの皮で白い布が染まる仕組み ⇒ 去年の開催報告から

お母さん方はさすがに色々と工夫したようで様々な模様を作っていました。染め上がった布をお互いに見ながら、「あああ、すごく綺麗にできたじゃないですか~」などと賑やかにお披露目会^^

そして、脱水機にかけて、アイロンで綺麗に伸ばします。

IMG_5277 IMG_5285

そして、完成がこちら!

IMG_5282

とっても綺麗に染まりました♪

「はじめてアイロン使った~」という子がいたり、お母さんの分までアイロン掛けする子がいたり、アイロン掛けだけでも子ども達の様子は様々。

最後に、子ども達に感想を聞くと「楽しかった~」「ビー玉が落ちて転がったのが面白かった」「アイロンで手が疲れたけど、おもしろかった」「綺麗にできた」などの声を聞くことができました。

 

「プログラムでロボットを動かそう」

LEGOの提供する教育教材で、ドラッグ&ドロップ等の直感的な操作でプログラミングができ、ロボットを動かせるようになるというものを使った講座。なんだか凄かったですw LEGO教育教材のサイトはこちら

とにかく参加者の子ども達は真剣。宇都宮大学の学生さん達がサポートについてくれてたのもあるんでしょうが、手順通りにプログラムを組み、ロボットを動かしていました。

DSC_0002 DSC_0030 DSC_0032 DSC_0034

 

センサーも付いてるようで、例えば「壁にぶつかる前に停止」、「黒い線にそって進む」などもプログラミングしていました。私はそんな高性能なのかとびっくり。

DSC_0043  DSC_0069

思ったように動かないときには、プログラムコードを見直して修正し、そのコードをロボットに再ダウンロードして、スイッチON。
「お。できた!」と、考えながらの作業。

黙々と作業しては、ロボットの動きを確認の繰り返し。意外と静かな講座風景でしたが、子ども達の心の中はとってもエキサイティングだったんじゃないかと思います^^

最後に、感想を聞くと「楽しかった」「難しかった」などの声を聞けました。「壁にぶつかってウインウインいうのが楽しかった」というユニークな感想をくれた子もいました。彼は天才かもしれません^^

こうした中から、未来のロボット技術者が現れるのかもしれないなと感じました。

 

Tags:




Comments are closed.

Back to Top ↑
  • イベントカレンダー

    7月
    11
    2020
    10:00 サイエンスらいおんカフェ第88回... @ zoom上(リモート開催)
    サイエンスらいおんカフェ第88回... @ zoom上(リモート開催)
    7月 11 @ 10:00 – 12:00
    サイエンスらいおんカフェ第88回(藤平昌寿さん) @ zoom上(リモート開催) | 宇都宮市 | 栃木県 | 日本
    ■7月の話題提供者:藤平 昌寿(ふじひら まさとし)さん (帝京大学 とちぎサイエンスらいおん客員研究員) PDFチラシ ▼テーマ:科学と社会をつなぐ対話推理ゲーム ▼7月11日(土)10:00-12:00 ▼開催場所:zoom上(リモート開催) ▼参加費:無料 ▼定員:15名 皆様、大変ご無沙汰しております。 2月のらいおんカフェ以来、新型コロナウイルスの影響により休止しておりましたが、 7月より当面、リモートで復活することになりました。 初めての試みですが、全国どこからでもご参加いただけますので、 新たな出会いや発見もできるかな?と楽しみにもしております。 さて、復帰第1弾は、対話による科学推理ゲームをリモートでご紹介、体験いたします。 今年年初に出版されました「残された酸素ボンベ」という書籍です。 表紙には 「主体的・対話的で深い学びのための科学と社会をつなぐ推理ゲームの使い方」 と副題が打たれております。 今回の案内人は不肖・わたくしが務めます。 実は2月上旬に開催されました、筆者らによるワークショップにも参加してきました。 少人数のグループに分かれ、1人が出題者、他のメンバーは回答者になります。 出題者は予め記載されている科学にまつわる問題を口頭で伝え、 それに対して回答者が疑問を次々と出題者に投げかけます。 出題者だけは答えを知っているので、その疑問に対してYes・Noで答えていくことにより、 回答者たちは答えを推理していく・・・・という対話型ゲームです。 詳しくは、カフェの場でお話いたします。 このゲームが初めての方はもちろん、既に知っている方や体験済みの方もご参加いただけます。 その方々には、グループワーク時に出題のお手伝いをお願いするかもしれません。 また、初めての方は、書籍をすぐに購入する必要はございません。 むしろ新鮮な感覚でご参加いただき、体験後にご購入いただけると、終了後もさらに楽しめます。 zoomでの開催が初めてですので、接続に不安な方もいらっしゃるかもしれません。 事前に接続テストをすることが可能です。 お申し込みの際、接続テスト希望とお書き添えください。 日時調整の上、接続確認をさせていただきます。 というわけで、お近くの方も、そうでない方も、ぜひお気軽にご参加ください。 久しぶりに皆さんにお会いできるのを楽しみにしております。 [紹介文文責:藤平昌寿(サイエンスらいおん客員研究員)] ▼お申込み 今回はメールにてお申込みください。(7/10 17時締切) (お名前・お電話番号・年齢をお書き添えください。また、携帯アドレスの場合は返信メールが届くようご設定ください。) ※zoomの事前接続テストをご希望の方は、その旨をお書き添えください。開催直前のお申込みの場合は、テストができないこともございますので、ご了承ください。 ※当日朝までに、zoomの入室URLを申込メール宛にお送りいたします。 info@tochigi-lion.net

    View Calendar

  • Facebookページ


  • Twitter @tochigilion


  • エンジョイ!カガク!!2013レポート

  • アーカイブ