イベント開催報告 2015-02-15 14.35.31

Published on 2月 15th, 2015 | by サイエンスらいおん事務局

0

2015年2月15日 電子顕微鏡~ミクロの世界探検~/栃木県立博物館

2/15(日)栃木県立博物館で、電子顕微鏡のイベント「電子顕微鏡~ミクロの世界探検~」が開催されました。

講座は、20分の講座、10分の休憩で全3回の発表。合計で83名が参加。
今回は久々にサイエンスらいおん事務局の斉藤がイベントに参加してみました。

2015-02-15 15.05.44 2015-02-15 14.35.45

 

 

1回目:「12万年前の海の世界」坂井広人さん

① 坂井 2015-02-15 14.44.03 2015-02-15 15.33.27
化石を調べると、その化石が何の化石かによって、当時の自然の様子がわかるそう。
ある化石を見ながら説明されていたのは、12万年前のこの化石があった場所は黒潮の流れ込む暖かい海で、海藻が生えていて、水深が深く、湾になっている場所だと分かるということでした。今回は貝の化石でしたが、その貝がどんな海に住めるのかでその当時の海の様子がわかる。なるほど~と感心^^

 

2回目:「鉱物・岩石をでっかく見てみよう!、小暮健太さん」
② 小暮 2015-02-15 15.32.38 2015-02-15 15.32.49
栃木にゆかりのある岩石ということで、大谷石を紹介。
大谷石の特徴である、耐熱、防音、軽い、等の特徴を顕微鏡で拡大しながら説明してくれました。
顕微鏡で拡大するから、その構造からどんな特徴を持つかが分かりやすい。なるほど~と感心しました^^

 

 

3回目:「サクラのタネを見てみよう!、星直斗さん」
写真 (2) 写真 (1)

サクラにもいろんな種類があり、その種を拡大しながら違いを説明してもらいました。種に寄生しているゾウムシなども見ることができました。

 

2015-02-15 15.33.06
こちらの写真は、休憩中にこっそり先生方の机を覗いた写真です。
このような素材を細かくし電子顕微鏡の台座に載せるようですね。

講座終了後、近くに座っていた小学生の男の子に話しかけてみました。
なんと、今回で5回目の参加だとか!普段から理科が好きだとのこと。とっても興味があるようです。
お父さんも一緒に参加していて、「子どもの内にいろんなものを見せてあげたいんです」と仰ってくれてました。
こうして親子で学ぶ場になってるのは嬉しいですね。一緒に同じものを見てるから、会話もはずむんでしょうね^^

この講座も次回が今年度ラスト。
3月15日(日)開催の最終回では、「参加者持込」のものを電子顕微鏡で見せてくれるとか!

さきほど、話しかけた小学生に「何を持ち込むの?」と聞いてみたところ、「まだ考え中」 だそうでした。

参加者さん達からどんなものが持ち込まれるのか、楽しみです^^

写真

Tags:




Comments are closed.

Back to Top ↑
  • イベントカレンダー

    7月
    11
    2020
    10:00 サイエンスらいおんカフェ第88回... @ zoom上(リモート開催)
    サイエンスらいおんカフェ第88回... @ zoom上(リモート開催)
    7月 11 @ 10:00 – 12:00
    サイエンスらいおんカフェ第88回(藤平昌寿さん) @ zoom上(リモート開催) | 宇都宮市 | 栃木県 | 日本
    ■7月の話題提供者:藤平 昌寿(ふじひら まさとし)さん (帝京大学 とちぎサイエンスらいおん客員研究員) PDFチラシ ▼テーマ:科学と社会をつなぐ対話推理ゲーム ▼7月11日(土)10:00-12:00 ▼開催場所:zoom上(リモート開催) ▼参加費:無料 ▼定員:15名 皆様、大変ご無沙汰しております。 2月のらいおんカフェ以来、新型コロナウイルスの影響により休止しておりましたが、 7月より当面、リモートで復活することになりました。 初めての試みですが、全国どこからでもご参加いただけますので、 新たな出会いや発見もできるかな?と楽しみにもしております。 さて、復帰第1弾は、対話による科学推理ゲームをリモートでご紹介、体験いたします。 今年年初に出版されました「残された酸素ボンベ」という書籍です。 表紙には 「主体的・対話的で深い学びのための科学と社会をつなぐ推理ゲームの使い方」 と副題が打たれております。 今回の案内人は不肖・わたくしが務めます。 実は2月上旬に開催されました、筆者らによるワークショップにも参加してきました。 少人数のグループに分かれ、1人が出題者、他のメンバーは回答者になります。 出題者は予め記載されている科学にまつわる問題を口頭で伝え、 それに対して回答者が疑問を次々と出題者に投げかけます。 出題者だけは答えを知っているので、その疑問に対してYes・Noで答えていくことにより、 回答者たちは答えを推理していく・・・・という対話型ゲームです。 詳しくは、カフェの場でお話いたします。 このゲームが初めての方はもちろん、既に知っている方や体験済みの方もご参加いただけます。 その方々には、グループワーク時に出題のお手伝いをお願いするかもしれません。 また、初めての方は、書籍をすぐに購入する必要はございません。 むしろ新鮮な感覚でご参加いただき、体験後にご購入いただけると、終了後もさらに楽しめます。 zoomでの開催が初めてですので、接続に不安な方もいらっしゃるかもしれません。 事前に接続テストをすることが可能です。 お申し込みの際、接続テスト希望とお書き添えください。 日時調整の上、接続確認をさせていただきます。 というわけで、お近くの方も、そうでない方も、ぜひお気軽にご参加ください。 久しぶりに皆さんにお会いできるのを楽しみにしております。 [紹介文文責:藤平昌寿(サイエンスらいおん客員研究員)] ▼お申込み 今回はメールにてお申込みください。(7/10 17時締切) (お名前・お電話番号・年齢をお書き添えください。また、携帯アドレスの場合は返信メールが届くようご設定ください。) ※zoomの事前接続テストをご希望の方は、その旨をお書き添えください。開催直前のお申込みの場合は、テストができないこともございますので、ご了承ください。 ※当日朝までに、zoomの入室URLを申込メール宛にお送りいたします。 info@tochigi-lion.net

    View Calendar

  • Facebookページ


  • Twitter @tochigilion


  • エンジョイ!カガク!!2013レポート

  • アーカイブ