イベント開催報告 2015-02-15 14.35.31

Published on 2月 15th, 2015 | by サイエンスらいおん事務局

0

2015年2月15日 電子顕微鏡~ミクロの世界探検~/栃木県立博物館

2/15(日)栃木県立博物館で、電子顕微鏡のイベント「電子顕微鏡~ミクロの世界探検~」が開催されました。

講座は、20分の講座、10分の休憩で全3回の発表。合計で83名が参加。
今回は久々にサイエンスらいおん事務局の斉藤がイベントに参加してみました。

2015-02-15 15.05.44 2015-02-15 14.35.45

 

 

1回目:「12万年前の海の世界」坂井広人さん

① 坂井 2015-02-15 14.44.03 2015-02-15 15.33.27
化石を調べると、その化石が何の化石かによって、当時の自然の様子がわかるそう。
ある化石を見ながら説明されていたのは、12万年前のこの化石があった場所は黒潮の流れ込む暖かい海で、海藻が生えていて、水深が深く、湾になっている場所だと分かるということでした。今回は貝の化石でしたが、その貝がどんな海に住めるのかでその当時の海の様子がわかる。なるほど~と感心^^

 

2回目:「鉱物・岩石をでっかく見てみよう!、小暮健太さん」
② 小暮 2015-02-15 15.32.38 2015-02-15 15.32.49
栃木にゆかりのある岩石ということで、大谷石を紹介。
大谷石の特徴である、耐熱、防音、軽い、等の特徴を顕微鏡で拡大しながら説明してくれました。
顕微鏡で拡大するから、その構造からどんな特徴を持つかが分かりやすい。なるほど~と感心しました^^

 

 

3回目:「サクラのタネを見てみよう!、星直斗さん」
写真 (2) 写真 (1)

サクラにもいろんな種類があり、その種を拡大しながら違いを説明してもらいました。種に寄生しているゾウムシなども見ることができました。

 

2015-02-15 15.33.06
こちらの写真は、休憩中にこっそり先生方の机を覗いた写真です。
このような素材を細かくし電子顕微鏡の台座に載せるようですね。

講座終了後、近くに座っていた小学生の男の子に話しかけてみました。
なんと、今回で5回目の参加だとか!普段から理科が好きだとのこと。とっても興味があるようです。
お父さんも一緒に参加していて、「子どもの内にいろんなものを見せてあげたいんです」と仰ってくれてました。
こうして親子で学ぶ場になってるのは嬉しいですね。一緒に同じものを見てるから、会話もはずむんでしょうね^^

この講座も次回が今年度ラスト。
3月15日(日)開催の最終回では、「参加者持込」のものを電子顕微鏡で見せてくれるとか!

さきほど、話しかけた小学生に「何を持ち込むの?」と聞いてみたところ、「まだ考え中」 だそうでした。

参加者さん達からどんなものが持ち込まれるのか、楽しみです^^

写真

Tags:




Comments are closed.

Back to Top ↑
  • イベントカレンダー

    8月
    21
    2019
    10:00 サイエンスらいおんカフェ第80回... @ ステモン陽東桜が丘教室
    サイエンスらいおんカフェ第80回... @ ステモン陽東桜が丘教室
    8月 21 @ 10:00 – 12:00
    サイエンスらいおんカフェ第80回(藤平昌寿さん) @ ステモン陽東桜が丘教室 | 宇都宮市 | 栃木県 | 日本
    ■8月の話題提供者:藤平昌寿 さん (帝京大学とちぎサイエンスらいおん客員研究員) ▼テーマ:探Q対話~カガクについてナンダカンダ~ ▼8月21日(水)10:00-12:00(9:50開場) ▼開催場所:ステモン陽東桜が丘教室(宇都宮ベルモール前) ※駐車場はございません。近隣の駐車場などをご利用ください。 ▼参加費:無料 ▼定員:10組 今回は、宇都宮でプログラミング教育を行っている「ステモン宇都宮」さんからのコラボ企画です。 らいおんカフェでも何度か哲学的対話を行ってきましたが、ステモンさんでもぜひやってみたいとのご提案があり、 不肖、私が担当させていただくことになりました。 私も哲学対話を知る前は、哲学に対してものすごくハードルの高い印象を持っていました。 高校時代の夏休みの課題に、哲学者・デカルトの方法序説という本を読んで感想文を提出する、というものがあり、 それはそれは高尚な学問であると感じておりました。 ところが、哲学対話を体験したところ、 「あ、な~んだ、こんな簡単で良いんだ。」という肩の力が抜ける感覚になりました。 と同時に、頭の中が思考でグルグル回るという感覚も味わいました。 「問い続ける」という作業が、言い換えれば、スポーツジムでの大変さと爽快感を同時に味わうような感覚になるのです。 学校の授業だけでは味わえず、社会に出てからもなかなか余裕が無い、この感覚。 「学ぶ」「考える」ということの原点を、ほんの少しだけですが、垣間見ることができます。 今回はカガクをテーマにしていますが、もちろん脱線あり、結論なしという対話ルールはそのままに、 偶然集まった参加者同士のトークと思考の探検隊、そのライブ感を味わっていただきたいと思います。 ステモンさんに素敵なチラシを作っていただきました。 子どもだけ、親子参加、大人だけ、どの参加形態でも結構です。全ての参加者が平等な立場になります。 哲学対話が初めての方も、経験ありの方も、ぜひぜひどうぞ。 皆様のお越しをお待ちしております。 [紹介文文責:藤平昌寿(帝京大学サイエンスらいおん客員研究員)] ▼お申込み 今回はステモンさんで申込受付をしております。こちらからお申込みください。

    View Calendar

  • Facebookページ


  • Twitter @tochigilion


  • エンジョイ!カガク!!2013レポート

  • アーカイブ