イベント開催報告

Published on 2月 23rd, 2015 | by サイエンスらいおん事務局

0

2015年2月15日 サイエンスらいおんカフェ第26回(蓑田裕美さん)

※事前の広報内容はこちらです。
※今回、写真データの不都合により、現場の写真がほとんどありません。ご了承ください。

今回のらいおんカフェは、1週間前に終了した第3回公開シンポジウムのテーマと連動して設定しました。
科学技術コミュニケーション・・・と聞くと、なかなかハードル高そう、と感じてしまう方もいらっしゃるかも知れませんが、
そのハードルをグンと下げる効果があるものの一つに「サイエンスカフェ」があります。

らいおんカフェもサイエンスカフェとして開催されていますが、
私たちの先輩格でもある東京のサイエンスカフェ「WEcafe(ウィーカフェ)」(webサイトブログ)を主宰している、
国立科学博物館認定サイエンスコミュニケータの蓑田裕美(みのだひろみ)さんが今回のゲスト。

蓑田さんは大学院在学中に、国立科学博物館サイエンスコミュニケータ養成実践講座を受講し、認定サイエンスコミュニケータとなりました。
WEcafeのスタッフとしてサイエンスカフェの運営に携わる一方、本業でも資生堂の研究広報として活躍されています。

というわけで、今回はズバリ「サイエンスカフェ」をテーマとして、サイエンスカフェって何だろう?という方から、カフェの常連さんまで、
また、遠くは福島や千葉や新潟(!)からも、幅広い方々に参加いただきました。

蓑田さんのカフェは、開会前から始まっています。受付を終えられて席に着いた参加者を順番に回り、
「今日、担当します、蓑田です~」
「どちらからいらっしゃったんですか?」
「カフェは初めてですか?」
などと、いきなりコミュニケーションを取られます。
ここである程度の参加層と雰囲気を掴みながら、俗に言う「アイスブレーク」を兼ねて、話がどんどん盛り上がります。

開会前にすっかり会場も暖まって、さて開会。
といってもいきなり本題には入らず、参加者同士の相互理解を進めるために、参加者の自己紹介タイム。
通常ですと、冒頭の自己紹介は、何となくぎこちなく機械的に進むものですが、
既に半分ほど氷が解けている所に、相槌やキャッチボールをうまく使いこなす蓑田さんのおかげで、
皆さん、滑らかに次から次へと話が出てきます。

そして話題提供。
前半は「サイエンスカフェとは何なのか?」「カフェを運営するコツとは?」などを軸とした、様々なノウハウと実例のお話。
後半は様々なコミュニケーションにも応用できそうな「ファシリテーションのコツ」や、「長く続けるコツ」など。
「話題提供は○○分で十分」
「ラジオのパーソナリティは参考になる」
などなど、参加した方にはよく分かる情報を、たくさんお話しいただきました。

終了後は久々に呑み会も開催。
ほとんどの参加者が引き続きご参加いただき、大いに盛り上がったカフェでした。
ご参加の皆様、ありがとうございました。

今回も、宇都宮市東図書館のご協力により、関連書籍の閲覧・貸出が行われました。

Tags:




Comments are closed.

Back to Top ↑
  • イベントカレンダー

    7月
    11
    2020
    10:00 サイエンスらいおんカフェ第88回... @ zoom上(リモート開催)
    サイエンスらいおんカフェ第88回... @ zoom上(リモート開催)
    7月 11 @ 10:00 – 12:00
    サイエンスらいおんカフェ第88回(藤平昌寿さん) @ zoom上(リモート開催) | 宇都宮市 | 栃木県 | 日本
    ■7月の話題提供者:藤平 昌寿(ふじひら まさとし)さん (帝京大学 とちぎサイエンスらいおん客員研究員) PDFチラシ ▼テーマ:科学と社会をつなぐ対話推理ゲーム ▼7月11日(土)10:00-12:00 ▼開催場所:zoom上(リモート開催) ▼参加費:無料 ▼定員:15名 皆様、大変ご無沙汰しております。 2月のらいおんカフェ以来、新型コロナウイルスの影響により休止しておりましたが、 7月より当面、リモートで復活することになりました。 初めての試みですが、全国どこからでもご参加いただけますので、 新たな出会いや発見もできるかな?と楽しみにもしております。 さて、復帰第1弾は、対話による科学推理ゲームをリモートでご紹介、体験いたします。 今年年初に出版されました「残された酸素ボンベ」という書籍です。 表紙には 「主体的・対話的で深い学びのための科学と社会をつなぐ推理ゲームの使い方」 と副題が打たれております。 今回の案内人は不肖・わたくしが務めます。 実は2月上旬に開催されました、筆者らによるワークショップにも参加してきました。 少人数のグループに分かれ、1人が出題者、他のメンバーは回答者になります。 出題者は予め記載されている科学にまつわる問題を口頭で伝え、 それに対して回答者が疑問を次々と出題者に投げかけます。 出題者だけは答えを知っているので、その疑問に対してYes・Noで答えていくことにより、 回答者たちは答えを推理していく・・・・という対話型ゲームです。 詳しくは、カフェの場でお話いたします。 このゲームが初めての方はもちろん、既に知っている方や体験済みの方もご参加いただけます。 その方々には、グループワーク時に出題のお手伝いをお願いするかもしれません。 また、初めての方は、書籍をすぐに購入する必要はございません。 むしろ新鮮な感覚でご参加いただき、体験後にご購入いただけると、終了後もさらに楽しめます。 zoomでの開催が初めてですので、接続に不安な方もいらっしゃるかもしれません。 事前に接続テストをすることが可能です。 お申し込みの際、接続テスト希望とお書き添えください。 日時調整の上、接続確認をさせていただきます。 というわけで、お近くの方も、そうでない方も、ぜひお気軽にご参加ください。 久しぶりに皆さんにお会いできるのを楽しみにしております。 [紹介文文責:藤平昌寿(サイエンスらいおん客員研究員)] ▼お申込み 今回はメールにてお申込みください。(7/10 17時締切) (お名前・お電話番号・年齢をお書き添えください。また、携帯アドレスの場合は返信メールが届くようご設定ください。) ※zoomの事前接続テストをご希望の方は、その旨をお書き添えください。開催直前のお申込みの場合は、テストができないこともございますので、ご了承ください。 ※当日朝までに、zoomの入室URLを申込メール宛にお送りいたします。 info@tochigi-lion.net

    View Calendar

  • Facebookページ


  • Twitter @tochigilion


  • エンジョイ!カガク!!2013レポート

  • アーカイブ