イベント開催報告

Published on 2月 23rd, 2015 | by サイエンスらいおん事務局

0

2015年2月15日 サイエンスらいおんカフェ第26回(蓑田裕美さん)

※事前の広報内容はこちらです。
※今回、写真データの不都合により、現場の写真がほとんどありません。ご了承ください。

今回のらいおんカフェは、1週間前に終了した第3回公開シンポジウムのテーマと連動して設定しました。
科学技術コミュニケーション・・・と聞くと、なかなかハードル高そう、と感じてしまう方もいらっしゃるかも知れませんが、
そのハードルをグンと下げる効果があるものの一つに「サイエンスカフェ」があります。

らいおんカフェもサイエンスカフェとして開催されていますが、
私たちの先輩格でもある東京のサイエンスカフェ「WEcafe(ウィーカフェ)」(webサイトブログ)を主宰している、
国立科学博物館認定サイエンスコミュニケータの蓑田裕美(みのだひろみ)さんが今回のゲスト。

蓑田さんは大学院在学中に、国立科学博物館サイエンスコミュニケータ養成実践講座を受講し、認定サイエンスコミュニケータとなりました。
WEcafeのスタッフとしてサイエンスカフェの運営に携わる一方、本業でも資生堂の研究広報として活躍されています。

というわけで、今回はズバリ「サイエンスカフェ」をテーマとして、サイエンスカフェって何だろう?という方から、カフェの常連さんまで、
また、遠くは福島や千葉や新潟(!)からも、幅広い方々に参加いただきました。

蓑田さんのカフェは、開会前から始まっています。受付を終えられて席に着いた参加者を順番に回り、
「今日、担当します、蓑田です~」
「どちらからいらっしゃったんですか?」
「カフェは初めてですか?」
などと、いきなりコミュニケーションを取られます。
ここである程度の参加層と雰囲気を掴みながら、俗に言う「アイスブレーク」を兼ねて、話がどんどん盛り上がります。

開会前にすっかり会場も暖まって、さて開会。
といってもいきなり本題には入らず、参加者同士の相互理解を進めるために、参加者の自己紹介タイム。
通常ですと、冒頭の自己紹介は、何となくぎこちなく機械的に進むものですが、
既に半分ほど氷が解けている所に、相槌やキャッチボールをうまく使いこなす蓑田さんのおかげで、
皆さん、滑らかに次から次へと話が出てきます。

そして話題提供。
前半は「サイエンスカフェとは何なのか?」「カフェを運営するコツとは?」などを軸とした、様々なノウハウと実例のお話。
後半は様々なコミュニケーションにも応用できそうな「ファシリテーションのコツ」や、「長く続けるコツ」など。
「話題提供は○○分で十分」
「ラジオのパーソナリティは参考になる」
などなど、参加した方にはよく分かる情報を、たくさんお話しいただきました。

終了後は久々に呑み会も開催。
ほとんどの参加者が引き続きご参加いただき、大いに盛り上がったカフェでした。
ご参加の皆様、ありがとうございました。

今回も、宇都宮市東図書館のご協力により、関連書籍の閲覧・貸出が行われました。

Tags:




Comments are closed.

Back to Top ↑
  • イベントカレンダー

    3月
    26
    2019
    08:30 サイエンスらいおんカフェ第75回... @ 帝京大学宇都宮キャンパス
    サイエンスらいおんカフェ第75回... @ 帝京大学宇都宮キャンパス
    3月 26 @ 08:30 – 17:30
    サイエンスらいおんカフェ第75回(女子中学生のための理系企業見学会) @ 帝京大学宇都宮キャンパス | 宇都宮市 | 栃木県 | 日本
    3月のらいおんカフェは、帝京大学宇都宮キャンパスが展開している「女子中高生の理系進路選択支援プログラム」とのコラボ企画です。 本プログラムは、サイエンスらいおんが初期3年間支援を受けていた(独法)科学技術振興機構による支援プログラムです。 女子中高生を対象に様々な企画を展開しておりますが、今回は「女子中高生のための理系企業見学会」を開催します。 栃木県内の企業を訪問したり、ランチをしながら様々な交流を予定しております。 参加は女子中高生と保護者・教員限定となりますが、普段とは違う雰囲気でお楽しみいただければと思います。 今回のお申込は当プログラム事務局が担当いたします。 詳細はチラシをご覧いただき、お申込はこちらからお願いいたします。  
    3月
    30
    2019
    13:00 鹿沼 算数を楽しむ ―「ハト目返し... @ 鹿沼市民情報センター 1F 研修室
    鹿沼 算数を楽しむ ―「ハト目返し... @ 鹿沼市民情報センター 1F 研修室
    3月 30 @ 13:00 – 15:00
    鹿沼 算数を楽しむ ―「ハト目返し」を作ってみよう― @ 鹿沼市民情報センター 1F 研修室 | 鹿沼市 | 栃木県 | 日本
    [PDFチラシ] 【鹿沼 算数を楽しむ ― 「ハト目返し」を作ってみよう ―】 「ハト目返し」,昔の子供たちは楽しく遊んでいたようですが,最近あまり見かけません.算数で楽しい体験をしませんか? 日本の文化に触れながら,図形の問題を考えます.何ができるか,「自分で考えること」で,いろいろな形を作ることができるかもしれません.みんなで話し合い,考え,そして算数で楽しみましょう.「ハト目返し」を知らないなら大歓迎です.もしかすると鹿沼は日光を作った文化の残っている町,彫刻や絵画の中におもしろい算数があるかもしれません.みんなで探したいですね. ■日 時 平成31年3月30日(土) 午後1:00 ~ 3:00 終了予定 (開場12:45) ■場 所 鹿沼市民情報センター 1F 研修室 鹿沼市文化橋町1982-18 電話(0289)63-8300 駐車場あり ■参加費 無料 ※事前連絡不要(当日会場においでください) ■対 象 小学生と保護者 (一緒に算数を楽しみましょう) ■準備するもの 筆記用具 ■講師 渡辺 信(生涯学習数学研究所) 福田 千枝子(帝京大学)  垣花 京子(筑波学院大学) ■主催 生涯学習数学研究所 ■後援 鹿沼市教育委員会 【保護者の皆様へ】 鹿沼で「算数を楽しむ」会を始めて,今年で14年目を迎えます.毎年桜の咲くころに鹿沼の皆様とお会いできることが楽しくなりました.今回も春休みに,また,鹿沼の皆様と算数を楽しむことができることを楽しみにしています.小学校で好きだった算数が,中学・高校と進むにつれて嫌いになるのでは問題です.お子様方に算数を楽しく学ぶきっかけを作りたい,学校で算数が楽しくなって欲しいと思ってはじめた会です.今回は,古くから日本の文化の中にある「ハト目返し」を取り上げ,その中にある算数を探してみます.手を動かし,頭を使い実際に作業を行いながら算数を理解しようと思います.作業をしながら算数を理解することができて,算数を学ぶ動機付けになったらよいと思っています.お子さまと一緒に参加してください.そして一緒にやることによって,算数の話題を通して話をする機会がうまれます.保護者の皆様の積極的な参加をお待ちしています.

    View Calendar

  • Facebookページ


  • Twitter @tochigilion


  • エンジョイ!カガク!!2013レポート

  • アーカイブ