イベント開催報告 IMG_5103

Published on 2月 10th, 2015 | by サイエンスらいおん事務局

0

2015年2月8日 第3回とちぎサイエンスらいおん公開シンポジウム「科学技術コミュニケーション」

2015年2月8日(日)に第3回とちぎサイエンスらいおん公開シンポジウムが帝京大学宇都宮キャンパスで開催されました。
今回のシンポジウムはサイエンスらいおんプロジェクト3ヵ年の総まとめとして「科学技術コミュニケーション」をテーマに開催し、約70名の方にご参加頂きました。

IMG_5123 IMG_5096

 

 

 

記念講演では、講師である渡辺政隆氏が体調不良で欠席ということで、代理としてお越し頂いた小川義和氏にお話し頂きました。
渡辺先生、小川先生のお二人は日本にサイエンスコミュニケーションを広めようと志し一緒に活動をしている仲間だそうで、講演の中で見せて頂いた写真の中にはお二人で映ってらっしゃる写真もありました。

IMG_5101 IMG_5103

高校1年生への質問 「30歳になったときに科学技術系の仕事に就いてると思いますか?」
すごくおもしろい質問ですよね。講演の中の最初の話題です。
世界各国の子ども達がどう答えたかのデータがありました。

日本人の場合、YESと答えたのは、なんと10%以下!!(一番高かったのはコロンビアで50%弱)
つまり、日本の高校生は、「科学技術は将来に結びつかない。」と思っているのが分かります。
日本人は、年を経るごとに科学技術への興味がなくなっている。その理由は何なのか。そんな話題から、講演がスタートしました。

講演の中では、上記したようなサイエンスコミュニケーションの背景にあるものや定義、必要性、可能性、活動の例などをお話し頂き、最後には「これからの社会に必要な能力」、「社会を生き抜く知恵」を身に付ける為のひとつとしてサイエンスコミュニケーションがあると締めくくられました。

 

講演の後には、「サイエンスコミュニケーション活動における話題提供」ということで、様々な機関から具体的な活動例をお話し頂きました。
その後の休憩を兼ねたポスターセッションでは、各機関の活動紹介ポスターを見ながら、各機関の方と参加者の方などが盛り上がっていました。
IMG_5116  IMG_5120

 

休憩&ポスターセッションの後は、「科学技術コミュニケーションが地域社会に根付くために」と題したパネルディスカッション。
ここでも、「なぜ大人になると科学への興味がなくなっていくのか」についての議論が交わされました。
パネラーのみならず、参加者の側からも積極的に意見が出ているのが印象的でした。
IMG_5126 IMG_5127

シンポジウムの最後には「とちぎサイエンスらいおんの今後」として、今後も形を変えつつも続いていくことを発表し、締めくくりとなりました。

シンポジウム終了後、ロビーにて軽食と飲み物を囲んで交流会を開催。
きっと普段は交わらないであろう方たちが、和気あいあいと盛り上がっている様子がたくさん見られました。
(写真は残念ながら無し。スタッフも参加者の方々と盛り上がってしまったのか、誰も撮っておらず。。)

今回、JST3ヵ年の支援中としては最後のシンポジウムでしたが、産官学でこんなに盛り上がって議論を交わしたり、仲良くなったりする場というのはすごく珍しいのだろうなと感じました。
そういった意味では、今までにはない新しいコミュニケーションが生まれたと感じます。また、こうした繋がりから新しい企画が生まれることで、サイエンスらいおんが目指し、今シンポジウムでもテーマにした「科学技術コミュニケーション」の推進が拡大していくだろうと感じました。

今後も、どんどん新しい人、新しい機関が繋がっていく場として、サイエンスらいおんが活躍していくと思うと楽しみです。

Tags:




Comments are closed.

Back to Top ↑
  • イベントカレンダー

    3月
    30
    2019
    13:00 鹿沼 算数を楽しむ ―「ハト目返し... @ 鹿沼市民情報センター 1F 研修室
    鹿沼 算数を楽しむ ―「ハト目返し... @ 鹿沼市民情報センター 1F 研修室
    3月 30 @ 13:00 – 15:00
    鹿沼 算数を楽しむ ―「ハト目返し」を作ってみよう― @ 鹿沼市民情報センター 1F 研修室 | 鹿沼市 | 栃木県 | 日本
    [PDFチラシ] 【鹿沼 算数を楽しむ ― 「ハト目返し」を作ってみよう ―】 「ハト目返し」,昔の子供たちは楽しく遊んでいたようですが,最近あまり見かけません.算数で楽しい体験をしませんか? 日本の文化に触れながら,図形の問題を考えます.何ができるか,「自分で考えること」で,いろいろな形を作ることができるかもしれません.みんなで話し合い,考え,そして算数で楽しみましょう.「ハト目返し」を知らないなら大歓迎です.もしかすると鹿沼は日光を作った文化の残っている町,彫刻や絵画の中におもしろい算数があるかもしれません.みんなで探したいですね. ■日 時 平成31年3月30日(土) 午後1:00 ~ 3:00 終了予定 (開場12:45) ■場 所 鹿沼市民情報センター 1F 研修室 鹿沼市文化橋町1982-18 電話(0289)63-8300 駐車場あり ■参加費 無料 ※事前連絡不要(当日会場においでください) ■対 象 小学生と保護者 (一緒に算数を楽しみましょう) ■準備するもの 筆記用具 ■講師 渡辺 信(生涯学習数学研究所) 福田 千枝子(帝京大学)  垣花 京子(筑波学院大学) ■主催 生涯学習数学研究所 ■後援 鹿沼市教育委員会 【保護者の皆様へ】 鹿沼で「算数を楽しむ」会を始めて,今年で14年目を迎えます.毎年桜の咲くころに鹿沼の皆様とお会いできることが楽しくなりました.今回も春休みに,また,鹿沼の皆様と算数を楽しむことができることを楽しみにしています.小学校で好きだった算数が,中学・高校と進むにつれて嫌いになるのでは問題です.お子様方に算数を楽しく学ぶきっかけを作りたい,学校で算数が楽しくなって欲しいと思ってはじめた会です.今回は,古くから日本の文化の中にある「ハト目返し」を取り上げ,その中にある算数を探してみます.手を動かし,頭を使い実際に作業を行いながら算数を理解しようと思います.作業をしながら算数を理解することができて,算数を学ぶ動機付けになったらよいと思っています.お子さまと一緒に参加してください.そして一緒にやることによって,算数の話題を通して話をする機会がうまれます.保護者の皆様の積極的な参加をお待ちしています.

    View Calendar

  • Facebookページ


  • Twitter @tochigilion


  • エンジョイ!カガク!!2013レポート

  • アーカイブ