イベント開催報告 2014-11-29 11.07.44

Published on 12月 11th, 2014 | by サイエンスらいおん事務局

0

2014年11月29日~30日 科学フェスティバル/栃木県子ども総合科学館

2014年11月29日~30日の2日間、栃木県こども総合科学館で科学フェスティバルが開催されました。

このイベントは、科学館スタッフはもちろん、県内の3大学(宇都宮大学、白鴎大学、帝京大学)の学生たちが子どもたちが楽しめる企画を出展。

空はあいにくの雨模様でしたが、2日間とも、たくさんの来場者で賑わいました。
DSC_0023 DSC_0022

 

初日の29日には、サイエンスらいおんプログラムライブラリの一環として、帝京大学の「生物研究部」有志の学生たちが「ぶんぶんゴマを作ろう」という工作教室を出展。
2014-11-29 12.02.50 2014-11-29 11.59.56
2014-11-29 11.58.16 2014-11-29 11.58.06
これは10分ほどで簡単にできあがるけれど、文字通りぶんぶん回すにはテクニックが必要とのこと。工作エリアの横には、ぶんぶん回す指導をするスタッフがちゃんといて、参加した子どもたちは「回せた!」と喜んでいました。これ、けっこう楽しいみたいで、科学館のあちこちで、このコマをブンブン回す子どもたちを見かけました(笑)。

 

30日には、サイエンスらいおん実践講座のプロデューサクラス受講生が仲間を引き連れ「こども科学実験ブース」を出展しました。

あの話題の”はやぶさ”の帰還を、磁石と鉄球で模倣した「おかえりHAYABUSAスイングバイ」
2014-11-30 14.28.24 2014-11-30 13.31.28
この実験はとても難しく、なかなか成功しません(笑)ですが、はまる人ははまってしまう中毒性があり、うまくいくまでずーっと鉄球を転がし続けていました。

「ネバッベッタッ スライムをつくろう」
2014-11-30 13.30.20   2014-11-30 13.57.51
文字通り、写真の通り、スライムをつくる実験です。これが子ども達に大人気!終始大行列。好きな色のスライムを作ってたくさんの子ども達が持ち帰りました。

「舞い上がれ 電気クラゲ」
DSC_0017
これは、静電気を利用してビニールで作ったクラゲを舞い上がらせる実験。ただ、この日は残念なことに会場には人が多く湿気が高かった為、ほとんどクラゲは宙を舞いませんでした(´;ω;`)

 

他にも、白鴎大学生の「骨の形を見て何の動物かを当てるクイズ」のブース、宇都宮大学生の「種の形を紙で工作してどのように種が飛んでいくかの実験」ブースなど様々な企画が子供たちを楽しませていました。

DSC_0027 DSC_0026
DSC_0022 DSC_0028

 

普段できないことを経験できるこうしたイベントは、子ども達にとって大変貴重だと感じた2日間になりました。

(事務局 斉藤)

Tags:




Comments are closed.

Back to Top ↑
  • イベントカレンダー

    4月
    4
    2020
    13:00 【開催中止】鹿沼 算数を楽しむ ―... @ 鹿沼市民情報センター 1F 研修室
    【開催中止】鹿沼 算数を楽しむ ―... @ 鹿沼市民情報センター 1F 研修室
    4月 4 @ 13:00 – 15:00
    【開催中止】鹿沼 算数を楽しむ ―いろいろな紙テープの輪を切ってみよう― @ 鹿沼市民情報センター 1F 研修室 | 鹿沼市 | 栃木県 | 日本
    【開催中止】新型コロナウィルスの影響により、開催中止となりました。 【鹿沼 算数を楽しむ ― いろいろな紙テープの輪を切ってみよう ―】 紙テープで作った「いろいろな輪を切る」ことは、小学校の教科書に「メビウスの輪」や「つないだ2つの輪」を切る問題が出ています。もっといろいろなつなぎ方をした紙テープの輪を切ってみたらどうなるでしょう? 算数では自分で考えて、その考えたことを試してみることによって楽しい体験をすることができます。今回は、図形の問題を考えますが、何ができるか,「自分で考えること」と「実際にやってみたこと」に違いがあるかもしれません。みんなで話し合い,考え,そして算数で楽しみましょう. ■日 時 2020年4月4日(土) 午後1:00 ~ 3:00 終了予定 (開場12:45) ■場 所 鹿沼市民情報センター 1F 研修室 鹿沼市文化橋町1982-18 電話(0289)63-8300 駐車場あり ■参加費 無料 ※事前連絡不要(当日会場においでください) ■対 象 小学生と保護者 (一緒に算数・図形を楽しみましょう) ■準備するもの 筆記用具 ■講師 渡辺 信(生涯学習数学研究所) 福田 千枝子(帝京大学)  垣花 京子(筑波学院大学) ■主催 生涯学習数学研究所 ■後援 鹿沼市教育委員会 【保護者の皆様へ】 鹿沼で「算数を楽しむ」会を始めて,今年で15年目を迎えます.毎年桜の咲くころに鹿沼の皆様とお会いできることが楽しくなりました.今回は春休みの前になりましたが,鹿沼の皆様と算数を楽しむことができることを楽しみにしています.小学校で好きだった算数が,中学・高校と進むにつれて嫌いになるのでは問題です.お子様方に算数を楽しく学ぶきっかけを作りたい,学校で算数が楽しくなって欲しいと思ってはじめた会です.今回は,教科書に出てくる「メビウスの帯」を取り上げ,その中にあるこの種の性質を探してみます.手を動かし,頭を使い実際に作業を行いながら算数を理解しようと思います.作業をしながら算数を理解することができて,算数を学ぶ動機付けになったらよいと思っています.お子さまと一緒に参加してください.そして一緒にやることによって,算数の話題を通して話をする機会がうまれます.保護者の皆様の積極的な参加をお待ちしています.

    View Calendar

  • Facebookページ


  • Twitter @tochigilion


  • エンジョイ!カガク!!2013レポート

  • アーカイブ