イベント開催報告 2014-11-29 11.07.44

Published on 12月 11th, 2014 | by サイエンスらいおん事務局

0

2014年11月29日~30日 科学フェスティバル/栃木県子ども総合科学館

2014年11月29日~30日の2日間、栃木県こども総合科学館で科学フェスティバルが開催されました。

このイベントは、科学館スタッフはもちろん、県内の3大学(宇都宮大学、白鴎大学、帝京大学)の学生たちが子どもたちが楽しめる企画を出展。

空はあいにくの雨模様でしたが、2日間とも、たくさんの来場者で賑わいました。
DSC_0023 DSC_0022

 

初日の29日には、サイエンスらいおんプログラムライブラリの一環として、帝京大学の「生物研究部」有志の学生たちが「ぶんぶんゴマを作ろう」という工作教室を出展。
2014-11-29 12.02.50 2014-11-29 11.59.56
2014-11-29 11.58.16 2014-11-29 11.58.06
これは10分ほどで簡単にできあがるけれど、文字通りぶんぶん回すにはテクニックが必要とのこと。工作エリアの横には、ぶんぶん回す指導をするスタッフがちゃんといて、参加した子どもたちは「回せた!」と喜んでいました。これ、けっこう楽しいみたいで、科学館のあちこちで、このコマをブンブン回す子どもたちを見かけました(笑)。

 

30日には、サイエンスらいおん実践講座のプロデューサクラス受講生が仲間を引き連れ「こども科学実験ブース」を出展しました。

あの話題の”はやぶさ”の帰還を、磁石と鉄球で模倣した「おかえりHAYABUSAスイングバイ」
2014-11-30 14.28.24 2014-11-30 13.31.28
この実験はとても難しく、なかなか成功しません(笑)ですが、はまる人ははまってしまう中毒性があり、うまくいくまでずーっと鉄球を転がし続けていました。

「ネバッベッタッ スライムをつくろう」
2014-11-30 13.30.20   2014-11-30 13.57.51
文字通り、写真の通り、スライムをつくる実験です。これが子ども達に大人気!終始大行列。好きな色のスライムを作ってたくさんの子ども達が持ち帰りました。

「舞い上がれ 電気クラゲ」
DSC_0017
これは、静電気を利用してビニールで作ったクラゲを舞い上がらせる実験。ただ、この日は残念なことに会場には人が多く湿気が高かった為、ほとんどクラゲは宙を舞いませんでした(´;ω;`)

 

他にも、白鴎大学生の「骨の形を見て何の動物かを当てるクイズ」のブース、宇都宮大学生の「種の形を紙で工作してどのように種が飛んでいくかの実験」ブースなど様々な企画が子供たちを楽しませていました。

DSC_0027 DSC_0026
DSC_0022 DSC_0028

 

普段できないことを経験できるこうしたイベントは、子ども達にとって大変貴重だと感じた2日間になりました。

(事務局 斉藤)

Tags:




Comments are closed.

Back to Top ↑
  • イベントカレンダー

    8月
    21
    2019
    10:00 サイエンスらいおんカフェ第80回... @ ステモン陽東桜が丘教室
    サイエンスらいおんカフェ第80回... @ ステモン陽東桜が丘教室
    8月 21 @ 10:00 – 12:00
    サイエンスらいおんカフェ第80回(藤平昌寿さん) @ ステモン陽東桜が丘教室 | 宇都宮市 | 栃木県 | 日本
    ■8月の話題提供者:藤平昌寿 さん (帝京大学とちぎサイエンスらいおん客員研究員) ▼テーマ:探Q対話~カガクについてナンダカンダ~ ▼8月21日(水)10:00-12:00(9:50開場) ▼開催場所:ステモン陽東桜が丘教室(宇都宮ベルモール前) ※駐車場はございません。近隣の駐車場などをご利用ください。 ▼参加費:無料 ▼定員:10組 今回は、宇都宮でプログラミング教育を行っている「ステモン宇都宮」さんからのコラボ企画です。 らいおんカフェでも何度か哲学的対話を行ってきましたが、ステモンさんでもぜひやってみたいとのご提案があり、 不肖、私が担当させていただくことになりました。 私も哲学対話を知る前は、哲学に対してものすごくハードルの高い印象を持っていました。 高校時代の夏休みの課題に、哲学者・デカルトの方法序説という本を読んで感想文を提出する、というものがあり、 それはそれは高尚な学問であると感じておりました。 ところが、哲学対話を体験したところ、 「あ、な~んだ、こんな簡単で良いんだ。」という肩の力が抜ける感覚になりました。 と同時に、頭の中が思考でグルグル回るという感覚も味わいました。 「問い続ける」という作業が、言い換えれば、スポーツジムでの大変さと爽快感を同時に味わうような感覚になるのです。 学校の授業だけでは味わえず、社会に出てからもなかなか余裕が無い、この感覚。 「学ぶ」「考える」ということの原点を、ほんの少しだけですが、垣間見ることができます。 今回はカガクをテーマにしていますが、もちろん脱線あり、結論なしという対話ルールはそのままに、 偶然集まった参加者同士のトークと思考の探検隊、そのライブ感を味わっていただきたいと思います。 ステモンさんに素敵なチラシを作っていただきました。 子どもだけ、親子参加、大人だけ、どの参加形態でも結構です。全ての参加者が平等な立場になります。 哲学対話が初めての方も、経験ありの方も、ぜひぜひどうぞ。 皆様のお越しをお待ちしております。 [紹介文文責:藤平昌寿(帝京大学サイエンスらいおん客員研究員)] ▼お申込み 今回はステモンさんで申込受付をしております。こちらからお申込みください。

    View Calendar

  • Facebookページ


  • Twitter @tochigilion


  • エンジョイ!カガク!!2013レポート

  • アーカイブ