イベント開催報告 2014-07-26 14.54.41

Published on 7月 28th, 2014 | by サイエンスらいおん事務局

0

2014年7月26日 学びの社の公開講座/栃木県総合教育センター

2014年7月26日(日)、栃木県総合教育センターで、毎年夏恒例の「学びの社の公開講座」が開催されました。

全部で5つの講座が受講でき、「親子で対決!風に向かって走る、ウインドカーをつくろう!!」、「親と子の読書感想文書き方教室」、「小さな縄文土器をつくろう」、「作ってみよう立体パズル」、「映画を楽しもう♪」の5つ。

今回は、午前は「ウインドカーをつくろう!!」を視察。午後は「作ってみよう立体パズル」にお邪魔してきました。

「ウインドカーをつくろう!!」では、風車が風を受けて回転し、その回転がタイヤに伝わって走るシンプルな作りの車を作成。一度、組み立てたあと、「もっと早く走るにはどうすればいいと思いますか?」との講師の投げかけに対し、子ども達が答えながら、ウインドカー自体に工夫をしていく時間になりました。

2014-07-26 09.54.03 2014-07-26 09.54.21

ほとんどの参加者が親子で参加していて、その中でも参加しているお父さん達は、もう夢中になって車に対して工夫を凝らすべく車と向き合っていました。

2014-07-26 10.24.34 2014-07-26 10.06.03

スタッフの方とちょっと話したところ、親御さんに生涯学習の機会を提供したい目的もあるということで、大人が一緒になって夢中に取り組む姿をみて嬉しそうにされていました。

 

「作ってみよう立体パズル」は、木をレーザー加工技術で切り出して作った木枠、菱形や三角のピースを使ってモザイクアートを作る講座でした。

宇都宮大学の先生が講師で招かれており、スタッフとして宇都宮大学の学生さんも来られていました。また、講座で使った木枠やピースなども宇都宮大学のレーザー加工装置で作ったものだということでした。

2014-07-26 13.48.10 2014-07-26 13.48.31

まず木枠にどんどん菱形と三角のピースをはめていきます。それだけだと、ただパズルを完成させただけに見えましたが、そこから、例えば濃い青、薄い青、もっと薄い青と、3色を絵の具で塗っていくと、立体に見えてきます。そこから更に色を塗っていくと、ただの立方体に見えていたものが、中をくり抜いた四角い箱に見えたりと、見え方が変わっていきました。

2014-07-26 14.45.44 2014-07-26 14.54.41

ピースを並び替えたり色の塗り方を変えたりして、工夫次第でいろんな立体に見えるようになるそうで、子供たちの想像力をかき立てるおもしろい講座でした。こちらも、親も子も一緒になって作業に没頭していて、親にとっても楽しい時間になってたように感じました。

2014-07-26 14.47.10 2014-07-26 14.55.34

出来上がったパズルは、足をつけておうちで飾れる形で持ち帰れるということで、子どもたちが作ったものがおうちで飾れるっていいね~と喜ぶお母さん方の声も聞こえてきました。

(写真&所感 事務局斉藤)

 

Tags:




Comments are closed.

Back to Top ↑
  • イベントカレンダー

    7月
    11
    2020
    10:00 サイエンスらいおんカフェ第88回... @ zoom上(リモート開催)
    サイエンスらいおんカフェ第88回... @ zoom上(リモート開催)
    7月 11 @ 10:00 – 12:00
    サイエンスらいおんカフェ第88回(藤平昌寿さん) @ zoom上(リモート開催) | 宇都宮市 | 栃木県 | 日本
    ■7月の話題提供者:藤平 昌寿(ふじひら まさとし)さん (帝京大学 とちぎサイエンスらいおん客員研究員) PDFチラシ ▼テーマ:科学と社会をつなぐ対話推理ゲーム ▼7月11日(土)10:00-12:00 ▼開催場所:zoom上(リモート開催) ▼参加費:無料 ▼定員:15名 皆様、大変ご無沙汰しております。 2月のらいおんカフェ以来、新型コロナウイルスの影響により休止しておりましたが、 7月より当面、リモートで復活することになりました。 初めての試みですが、全国どこからでもご参加いただけますので、 新たな出会いや発見もできるかな?と楽しみにもしております。 さて、復帰第1弾は、対話による科学推理ゲームをリモートでご紹介、体験いたします。 今年年初に出版されました「残された酸素ボンベ」という書籍です。 表紙には 「主体的・対話的で深い学びのための科学と社会をつなぐ推理ゲームの使い方」 と副題が打たれております。 今回の案内人は不肖・わたくしが務めます。 実は2月上旬に開催されました、筆者らによるワークショップにも参加してきました。 少人数のグループに分かれ、1人が出題者、他のメンバーは回答者になります。 出題者は予め記載されている科学にまつわる問題を口頭で伝え、 それに対して回答者が疑問を次々と出題者に投げかけます。 出題者だけは答えを知っているので、その疑問に対してYes・Noで答えていくことにより、 回答者たちは答えを推理していく・・・・という対話型ゲームです。 詳しくは、カフェの場でお話いたします。 このゲームが初めての方はもちろん、既に知っている方や体験済みの方もご参加いただけます。 その方々には、グループワーク時に出題のお手伝いをお願いするかもしれません。 また、初めての方は、書籍をすぐに購入する必要はございません。 むしろ新鮮な感覚でご参加いただき、体験後にご購入いただけると、終了後もさらに楽しめます。 zoomでの開催が初めてですので、接続に不安な方もいらっしゃるかもしれません。 事前に接続テストをすることが可能です。 お申し込みの際、接続テスト希望とお書き添えください。 日時調整の上、接続確認をさせていただきます。 というわけで、お近くの方も、そうでない方も、ぜひお気軽にご参加ください。 久しぶりに皆さんにお会いできるのを楽しみにしております。 [紹介文文責:藤平昌寿(サイエンスらいおん客員研究員)] ▼お申込み 今回はメールにてお申込みください。(7/10 17時締切) (お名前・お電話番号・年齢をお書き添えください。また、携帯アドレスの場合は返信メールが届くようご設定ください。) ※zoomの事前接続テストをご希望の方は、その旨をお書き添えください。開催直前のお申込みの場合は、テストができないこともございますので、ご了承ください。 ※当日朝までに、zoomの入室URLを申込メール宛にお送りいたします。 info@tochigi-lion.net

    View Calendar

  • Facebookページ


  • Twitter @tochigilion


  • エンジョイ!カガク!!2013レポート

  • アーカイブ