イベント開催報告 2014-07-20 13.27.53

Published on 7月 23rd, 2014 | by サイエンスらいおん事務局

0

2014年7月20日 電子顕微鏡~ミクロの世界探検~/栃木県立博物館

7/20(日)栃木県立博物館で、電子顕微鏡のイベント「電子顕微鏡~ミクロの世界探検~」が開催されました。

この画面に映っている編みあみの写真、何の拡大写真だと思いますか?

2014-07-20 14.00.22

これは、卵の殻を内側から見たところです(何の卵かは忘れてしまいました(^_^;))。卵って硬いのに軽いですよね。それは、こんな風に、繊維が網目状に重なってできているからだそうです。拡大して観察することで、いろいろなことが分かるんだなぁと感じました。

このイベントは、博物館に新しく電子顕微鏡が導入されたことで実現しました。以前までの電子顕微鏡はとーーーっても大きくて温度や湿度に敏感で(1年中管理が必要だったとか)起動に時間がかかったそうです。今回新しく導入された電子顕微鏡は、デスクトップPCにしてはちょっと大きいかなー程度の大きさで、持ち運びも可能なサイズ。実際、博物館1F奥のロビーに持ち出してイベントを開催していました。

2014-07-20 13.27.53 2014-07-20 13.30.14 2014-07-20 14.17.50 2014-07-20 14.16.54

最大で3万倍!の拡大ができるそうで、いろいろなものを観察することができるそうでした。今回、出てきたサンプルは、2枚貝、巻貝、有孔虫、コケ、ゴキブリ、鳥の羽(お腹の羽と翼の羽)、にぼし、ダニ、ダンゴムシ、花粉などでした。(下の拡大写真は花粉です。)

実際に、電子顕微鏡で拡大する際には、下写真のサンプルのままではなく、上の右下写真に映っているような丸い台に小さく切ったサンプルを載せて機械の中に入れます。

2014-07-20 14.13.28  2014-07-20 15.01.21

例えば、化石を電子顕微鏡で観察しながら、その化石が住んでいた時代の様子がわかるという話が聞けたり、鳥の羽を電子顕微鏡で観察すると、お腹の毛と翼の毛では、同じ鳥の毛でも構造がまったく違うという話も、実際の拡大写真を見せてもらいながら聞くことができました。

途中の休憩時間や、イベントが終わった後など、熱心に質問されてる方が何人かいて、きっとこのミクロの世界、たまらない人にはたまらないんだろうなぁと感じました。

このイベントは、今月から来年の3月まで、月に1度のペースで開催されます。毎回、違うサンプルを用意してくれるそうなので、興味のある方はぜひ参加してみて下さい。

次回、ミクロの世界探検8/17(日)のお知らせ
⇓⇓
http://www.tochigi-lion.net/archives/ai1ec_event/20140817-01

 

2014-07-20 14.22.13 2014-07-20 15.02.20

(所感&写真 らいおん事務局斉藤)

Tags:




Comments are closed.

Back to Top ↑
  • イベントカレンダー

    8月
    21
    2019
    10:00 サイエンスらいおんカフェ第80回... @ ステモン陽東桜が丘教室
    サイエンスらいおんカフェ第80回... @ ステモン陽東桜が丘教室
    8月 21 @ 10:00 – 12:00
    サイエンスらいおんカフェ第80回(藤平昌寿さん) @ ステモン陽東桜が丘教室 | 宇都宮市 | 栃木県 | 日本
    ■8月の話題提供者:藤平昌寿 さん (帝京大学とちぎサイエンスらいおん客員研究員) ▼テーマ:探Q対話~カガクについてナンダカンダ~ ▼8月21日(水)10:00-12:00(9:50開場) ▼開催場所:ステモン陽東桜が丘教室(宇都宮ベルモール前) ※駐車場はございません。近隣の駐車場などをご利用ください。 ▼参加費:無料 ▼定員:10組 今回は、宇都宮でプログラミング教育を行っている「ステモン宇都宮」さんからのコラボ企画です。 らいおんカフェでも何度か哲学的対話を行ってきましたが、ステモンさんでもぜひやってみたいとのご提案があり、 不肖、私が担当させていただくことになりました。 私も哲学対話を知る前は、哲学に対してものすごくハードルの高い印象を持っていました。 高校時代の夏休みの課題に、哲学者・デカルトの方法序説という本を読んで感想文を提出する、というものがあり、 それはそれは高尚な学問であると感じておりました。 ところが、哲学対話を体験したところ、 「あ、な~んだ、こんな簡単で良いんだ。」という肩の力が抜ける感覚になりました。 と同時に、頭の中が思考でグルグル回るという感覚も味わいました。 「問い続ける」という作業が、言い換えれば、スポーツジムでの大変さと爽快感を同時に味わうような感覚になるのです。 学校の授業だけでは味わえず、社会に出てからもなかなか余裕が無い、この感覚。 「学ぶ」「考える」ということの原点を、ほんの少しだけですが、垣間見ることができます。 今回はカガクをテーマにしていますが、もちろん脱線あり、結論なしという対話ルールはそのままに、 偶然集まった参加者同士のトークと思考の探検隊、そのライブ感を味わっていただきたいと思います。 ステモンさんに素敵なチラシを作っていただきました。 子どもだけ、親子参加、大人だけ、どの参加形態でも結構です。全ての参加者が平等な立場になります。 哲学対話が初めての方も、経験ありの方も、ぜひぜひどうぞ。 皆様のお越しをお待ちしております。 [紹介文文責:藤平昌寿(帝京大学サイエンスらいおん客員研究員)] ▼お申込み 今回はステモンさんで申込受付をしております。こちらからお申込みください。

    View Calendar

  • Facebookページ


  • Twitter @tochigilion


  • エンジョイ!カガク!!2013レポート

  • アーカイブ