イベント開催報告 2014-04-05 11.49.44

Published on 4月 8th, 2014 | by サイエンスらいおん事務局

0

2014年4月5日 こども科学実験教室@さくらフェスタ2014/宇都宮大学工学部

2014年4月5日。さくらの名所でもある宇都宮大学陽東キャンパス(工学部)で、今年もさくらの開花時期に合わせて「さくらフェスタ2014」が開催されました。
今回、そのフェスタ中に、校舎の一角をお借りして、サイエンスらいおんこども科学実験教室を出展しました。

2014-04-05 13.01.50 DSC_0540

出展したのは、以下の3つの実験。

1.「ネオジム磁石の実験」。とても強力なネオジム磁石が引き合い衝突する力を利用して、鉄球を飛ばす的当てを行いました。的には点数をつけ、高得点者をホワイトボードに書き出すと、高得点を狙って子ども達が大騒ぎ。

2014-04-05 15.33.45 2014-04-05 15.33.59 2014-04-05 14.19.18_

2.「空飛ぶ電気くらげ」では、荷造り用の紐(素材:ポリプロピレン)を細かく裂いてくらげを作り、静電気で浮かせました。スタッフに入ってくれた帝京大学2年鈴木君が見事にくらげを浮かすデモンストレーションを見せると、「ああ!テレビでみたことある!」などの声が上がり、子ども達もワイワイとくらげの浮遊にチャレンジ。

2014-04-05 10.57.26 2014-04-05 11.49.44 2014-04-05 15.30.30

3.「スイングバイの実験」では、磁石の磁力を星(火星、木星)の重力に見立て、鉄球を惑星探査機はやぶさに見立てて、はやぶさの帰還を模倣しました。 一見、地味なこのはやぶさの帰還の実験。しかし、うまく二つの星(磁石)を経由してはやぶさ(鉄球)を地球に戻すのが難しく、はまってしまう子は何度となくもくもくと鉄球を転がし続けていました。

2014-04-05 11.34.18 2014-04-05 11.50.23 2014-04-05 15.31.24

午前中、曇っていたし風も強かったせいか、フェスタ会場はもちろん僕らのブースには特に人が来ませんでしたが、一度人が来始めるとそのワイワイした様子にたくさんの人が足を止めてくれるように。

それぞれの実験を延々とやり続ける子どもが現れたりと、今回の出展は大盛況でした。

アンケートを見ると、「とても楽しかった」「またやりたい」と全員が回答。また、「磁石があんなにくっつくんだっておどろきでした!」などと新たな発見に喜ぶコメントももらうことができました。

実験の内容をさらに充実させ種類を増やし、仕組みの分かるパネルなんかも用意したりしながら、子ども達が「カガク」や「自然」に触れる機会を増やすことで、考える力を身に着け、自然を大切にする心を育てる一端を担っていきたい。そう、改めて思わせてもらえたブース出展になりました。

2014-04-05 13.00.42 2014-04-05 13.00.49 DSC_0541

(事務局:斉藤)

 

Tags:




Comments are closed.

Back to Top ↑
  • イベントカレンダー

    10月
    30
    2021
    10:00 サイエンスらいおんカフェ第103回... @ オンライン開催
    サイエンスらいおんカフェ第103回... @ オンライン開催
    10月 30 @ 10:00 – 11:00
    サイエンスらいおんカフェ第103回(小林良彦さん) @ オンライン開催 | 宇都宮市 | 栃木県 | 日本
    ■10月の話題提供者:小林良彦 さん (大分大学 教育学部 講師) PDFチラシ ▼テーマ:ツタエルカガク2 ▼10月30日(土)10:00-11:00 ▼開催場所:オンライン開催(zoom利用) ▼参加費:無料 ▼定員:15名 ▼ゲスト略歴 栃木県市貝町生まれ。 栃木県立真岡高等学校卒業。 新潟大学にて原子核物理の研究を行い、博士(理学)を取得。 大学院生の頃から、サイエンスカフェなどの科学技術コミュニケーション活動に取り組む。 九州大学基幹教育院・特任助教を経て、 2020年9月より北海道大学科学技術コミュニケーター養成プログラム・特任助教。 2021年10月より大分大学教育学部・講師。 個人ウェブサイト:https://www.yoshikoba113.net/ 今回のゲストは、Vol.35・Vol.92にお越しいただきました小林良彦さん。 前回から約1年ぶりの再登板です。 実は小林さん、前回は北海道大学の教員として、札幌からリモート参加していただきましたが、 この10月より、九州は大分大学の教員として着任されました。 前任の北大では、サイエンスコミュニケーションど真ん中の分野でしたが、今度の大分大では、理科教育を担当されるとのこと。 大学・大学院時代の分野に回帰することになられました。 とはいえ、学部時代からサイエンスカフェに参画し、サイエンスらいおんの活動初期から色々とサポートいただいた小林さんですから、 きっと理科教育の中にも、それらを存分に取り入れていかれるのだろうと思われます。 今回はファシリテータの私も、詳しいお話をまだ伺っておりません。 前回カフェ以降の北大での活動や、今回の移動の経緯や現在の様子、そして今後の展望などを、生トーク形式でお聞きしたいと思います。 ですので、ショートバージョンとしてお送りする予定です。 「カガクをツタエル」を一貫したテーマとして活動されている小林さんの現在(いま)をぜひ聞いてみませんか? 皆様のご参加、お待ちしています。 [紹介文文責:藤平昌寿(とちぎサイエンスらいおん客員研究員)] ▼お申込み zoomでの登録フォーム申込となります。以下のフォームからお申込みください。 http://bit.ly/lioncafe103 登録後、zoom情報がメールにて届きますので、当日はそこからアクセスしてください。 締切は当日朝9時までです。 ご質問等は info@tochigi-lion.net でも受け付けます。

    View Calendar

  • Facebookページ


  • Twitter @tochigilion


  • 第8回公開シンポジウム講演ダイジェスト

  • エンジョイ!カガク!!2013レポート

  • アーカイブ