イベント開催報告 DSC03751

Published on 3月 24th, 2014 | by サイエンスらいおん事務局

0

2014年3月20日 サイエンスらいおんカフェ第15回(関根久さん)

 ■3月の話題提供者:関根 久さん
(帝京大学 理工学部 ヒューマン情報システム学科 教授)

テーマ・・・「ヒトとロボットが共存する社会」
今回のサイエンスらいおんカフェは久々に帝京大学に戻り、学内の学生ホールで開催しました。
あいにくの天気で参加者は4名ほどでしたが、ロボットの実演などもありとても楽しいカフェになりました。

DSC03752 1606975_726858690679477_1294426629_n

ゲストは、帝京大学教授の関根久さん。元々は科学技術庁で超電導の研究をされていましたが、現在はロボット研究を中心に活動されています。
「スズメバチを駆除するために、ハシゴを登る等身大の人型ロボット」で、多数のテレビ出演をされているので、ご存知の方も多いかと思います。
今回は、そのロボットの実演は勿論、なぜロボットを研究するに至ったのか、将来はどんな研究をしていきたいのかなどをお話いただきました。

今回紹介して頂いたロボットは人間と同じサイズ程もある「人形ロボットモヒカン君」、そして体長30cm程で様々な動きをしてくれるロボットを実際に拝見させて頂きました。
モヒカン君は音声認識で私たちの投げかけた言葉に対し、返事をしてくれたり、3m程もあるハシゴを一人で登り、スズメバチの巣にピンポイントで殺虫剤を噴射したりすることができるロボットでした。体重は15kg程しかない為、ハシゴをスムーズに登ることができるそうです。スズメバチ駆除ロボットを作るにあたり体重を軽くすることがポイントになったとおっしゃっていました。また帝京大学宇都宮キャンパスでは鳥人間コンテストに出場をしていて、コンテストでは機体を軽くすることがポイントになり、その考えからロボットを作る時に重量を軽くする感覚を教わったそうです。このロボットは人間のパートナーとして話相手、遊び相手、時には人間に代わって危険な場所で活躍してくれるように育ててきたヒューマロイドロボットだと関根先生がおっしゃっていました。

DSC03761 DSC03768

今回カフェに参加し、実際にロボットに触ったり・動かしたり・話しかけたりして見て、ロボットを身近に感じることができました。また、関根先生がとても楽しく研究をされていることが伝わってきました。今後も私たちに夢を与えるような研究を続けていってくれたらと思います。

最後に…関根先生楽しい時間を提供して頂きありがとうございました。

 

 

 

 

 

Tags:




Comments are closed.

Back to Top ↑
  • イベントカレンダー

    7月
    1
    2017
    16:00 サイエンスらいおんカフェ第55回... @ 下野新聞NewsCafe
    サイエンスらいおんカフェ第55回... @ 下野新聞NewsCafe
    7月 1 @ 16:00 – 17:30
    サイエンスらいおんカフェ第55回(丹羽孝仁さん) @ 下野新聞NewsCafe | 宇都宮市 | 栃木県 | 日本
    ■7月の話題提供者:丹羽 孝仁(にわ たかひと)さん (帝京大学経済学部地域経済学科 講師) PDFチラシ ▼テーマ:社会を科学する~地域をデータで見る~ ▼7月1日(土)16:00-17:30 ▼開催場所:下野新聞NewsCafe ▼参加費:無料(1ドリンクオーダー制) ▼定員:15名 ▼ゲスト略歴 2007年03月 東北大学理学部 地圏環境科学科 卒業 2010年10月 Chulalongkorn大学(タイ)経済学部 客員研究員(〜2011年09月) 2012年03月 東北大学大学院理学研究科地学専攻 博士課程後期 修了 2012年04月 (有)マっぷ仙台M96 GIS室研究員(〜2014年04月) 2012年04月 東北福祉大学 非常勤講師(〜2014年03月) 2012年04月 東北学院大学経済学部 非常勤講師(〜2014年03月) 2012年10月 仙台徳洲看護専門学校 非常勤講師(〜2014年03月) 2014年04月 神戸大学経済学部 研究員(〜2015年03月) 2014年05月 うつのみや市政研究センター 専門研究嘱託員(〜2017年03月) 2014年10月 埼玉大学教育学部 非常勤講師(〜2015年03月) 2015年04月 埼玉大学教育機構 非常勤講師(〜2016年03月) 2015年04月 宇都宮共和大学シティライフ学部 非常勤講師(〜2016年03月) 2016年04月 帝京大学経済学部地域経済学科 非常勤講師(〜2017年03月) 2016年04月 宇都宮大学国際学部 非常勤講師(〜2016年09月) 2017年04月 現職 今回は社会科学シリーズ第2弾。 ゲストは前回同様、この春に帝京大学宇都宮キャンパスに着任されました丹羽孝仁さんです。 もともとは理学部で地学を先行していた丹羽さん。 地学から地理学、そして経済学へと興味・関心を持たれ、 現在では、経済地理学という分野を中心に活動されています。 今回のテーマでもある「データで地域を見る」。 例えば、地理情報システム(GIS)は、地図上に様々なデータを乗せたり重ね合わせたりして、 それぞれの地域を特徴を捉えたり、今後のまちづくりなどに活かしたりします。 また、最近マスコミなどでも話題の地域経済分析システム(RESAS)なども、 データで地域を見るツールの一つです。 今後は、ビックデータなどと連動しながら、より俯瞰的に地域を見るという見方もどんどん出てくるでしょう。 そのような地域を見ることについてのお話を中心に、 地学から経済学まで幅広く興味を持つようになったお話なども聴けるかもしれません。 どうぞご参加ください! [紹介文文責:藤平昌寿(サイエンスらいおん事務局)] ▼お申込み 「こくちーず」でのお申込みとなります。 こちらからお申し込みください。(こくちーずからの返信メールが届けば申込完了です。) 締切は6月29日24時までです。 こくちーずが使えない場合は、メールにてお申込みください。 (お名前・お電話番号・年齢をお書き添えください。また、携帯アドレスの場合は返信メールが届くようご設定ください。) info@tochigi-lion.net

    View Calendar

  • Facebookページ


  • Twitter @tochigilion


  • エンジョイ!カガク!!2013レポート

  • アーカイブ