イベント開催報告 DSC03736

Published on 2月 12th, 2014 | by サイエンスらいおん事務局

0

2014年2月9日 サイエンスらいおん実践講座リフレクションカフェ

サイエンスコミュニケータ育成事業として取り組んでいる「サイエンスらいおん実践講座」。講座の最終回として「リフレクションカフェ」を開催しました。

今年度のリフレクションカフェは、前半で講座受講生の成果報告、後半でワールドカフェ形式のグループディスカッションを行いました。

DSC03684

成果発表の最初は、記事作成クラス。今年度の受講生は4名でしたが、レベルの高い作品がそろいました。受講者の発表においても、サイエンスコミュニケータの重要性、わかりやすさと正確さの両立の難しさなどが大切な視点が指摘されていました。

DSC03688
DSC03694

次に映像制作クラス。最初にそれぞれの作品が上映されました。今回は2チームの作品であり、少し寂しい面がありました。ミニドキュメンタリーとして構成をすること、一つの取材先でもいろいろな映像を撮影しておき、上手に組み合わせることなどの重要性があらためて指摘されていました。

DSC03704

最後にプロデューサコース。受講者3名のうちの2名の方から、実施したイベントの概要を発表していただきました。

DSC03710

後半は、ワールドカフェ形式でのディスカッション。全体テーマは「市民によるサイエンスコミュニケーション」とし、グループ毎に「記事形式による情報発信」「動画映像による情報発信」「サイエンスイベント」のサブテーマを設けました。グループに分かれて、メンバーを入れ替えながら3ランドの討論を実施しました。

DSC02330
DSC03729
DSC03736

前日の大雪のために参加できなくなってしまった方々も多く、参加者は27名程度と少なかったですが、今年度の成果の振り返りと、今後のサイエンスコミュニケーション活動につながる有意義な意見交換ができました。

Tags:




Comments are closed.

Back to Top ↑
  • イベントカレンダー

    2月
    10
    2018
    14:00 とちぎサイエンスらいおん第6回公... @ 帝京大学宇都宮キャンパス
    とちぎサイエンスらいおん第6回公... @ 帝京大学宇都宮キャンパス
    2月 10 @ 14:00 – 17:00
    [ポスターは間もなく掲載予定です] 第6回目を迎えるサイエンスらいおん公開シンポジウム。 今回は「深海」をテーマに、海洋研究開発機構の山本正浩氏による基調講演をはじめ、県内で活躍している方々による一般講演、会場を交えてのトークセッションなどを予定しております。 また、終了後にはロビーにて意見交換会も予定しております。奮ってご参加ください。 ■主催 とちぎサイエンスらいおん・帝京大学 ■後援(予定) 栃木県教育委員会、一般社団法人栃木県商工会議所連合会、栃木県商工会議所連合会、栃木県中小企業団体中央会、公益社団法人栃木県経済同友会、一般社団法人栃木県情報サービス産業協会、大学コンソーシアムとちぎ、公益財団法人栃木県産業振興センター、株式会社下野新聞社、株式会社とちぎテレビ、株式会社栃木放送、株式会社エフエム栃木 ■日時 2018年2月10日(土) 14:00~17:00 ■会場 帝京大学宇都宮キャンパス 地域経済学科棟大講義室 ■プログラム予定 13:30 開場 14:00 開演 ▽開会挨拶 ▽とちぎサイエンスらいおん紹介 ▽基調講演 「深海の海底温泉の世界:「地球を食べる生態系」と「生命の起源」」 国立研究開発法人 海洋研究開発機構 研究員 山本 正浩 氏 ▽ブレイクタイム ▽一般講演 「栃木県は太古に海底だった」 河野 重範 氏 (栃木県立博物館 研究員) 「微細藻類の過去と未来」 篠村 知子 氏 (帝京大学理工学部 教授) ▽トークセッション ▽閉会挨拶 17:00 終了予定・意見交換会 ■お申込み 受付開始まで、しばらくお待ちください。

    View Calendar

  • Facebookページ


  • Twitter @tochigilion


  • エンジョイ!カガク!!2013レポート

  • アーカイブ