イベント開催報告 2014-01-24 19.00.38

Published on 1月 27th, 2014 | by サイエンスらいおん事務局

0

2014年1月24日 サイエンスらいおんカフェ第13回(植木正明さん)

▼テーマ・・・「スカイベリー物語~とちぎのイチゴ開発の歴史とともに~」
今回のゲストは、栃木のイチゴの代名詞「とちおとめ」の後継種として期待されている「スカイベリー」の開発担当の植木さん。女峰→とちおとめ→スカイベリーと進化するイチゴの品種改良にまつわる秘話をお話いただきました。

なぜ品種改良が必要なのか? なぜ栃木がイチゴで有名に? ブランド名ってなぜ必要?これから市場に出回る新品種の話をいち早く聞くことができました。

2014-01-24 19.00.38

▼話題提供者プロフィール
栃木県農業試験場いちご研究所・開発研究室長

ウェブサイト http://www.pref.tochigi.lg.jp/g61/ichigo-kenkyusyo.html

▼日時・会場:1月24日(金)18:00-20:00「プチ・プレリ錦店」

▼参加者:10名

■今回のゲストは、栃木県農業試験場いちご研究所・開発研究室長の植木正明さん。参加者は定員通りの10名。宇都宮市プチプレリ錦店さんの2階VIPルームで開催しました。
なぜ、栃木はいちご生産が多いのか?栃木家のいちご生産量は日本一。もっというと、45年連続日本一だそうです!栃木のいちご生産が盛んになってきたのは戦後辺りから。当時は、作った苺を電車に乗って東京に売りに行くところから始まったそうです。また、栃木は冬の日照時間が長く、気候が苺の生産に適していたこと、稲作の裏作としての栽培が可能だったことなどから苺の生産量が伸びていったそうです。

■スカイベリー誕生。
とちぎの苺と言えば、女峰、とちおとめ。どちらも栃木で開発された品種です。女峰ができた背景には、「クリスマス」がとても重要な要因だそうで、というのも、クリスマスと言えば、ケーキ。ケーキと言えば、いちご(なんと苺の消費の3割はクリスマスケーキと言われているそう)。ということで、11月~12月に出荷できる品種が求められ、女峰が開発されたそうです。次に、とちおとめ。こちらが開発された理由は、女峰よりもっと果実が大きくて甘くてといったよりよい品種、ということで開発されたそう。そして、スカイベリー。こちらは、高級ブランドいちごとして開発されたそうで、特徴を羅列すると、果実が極めて大きい。食味がよく外観品質が良い。収穫量が多い。病気に強い。大果で収穫労力が軽減される。果実が硬く輸送性が良い。などが特徴です。

2014-01-24 19.23.11 2014-01-24 19.20.06
■今はまだ、一部のスーパーでしか購入ができないプレミアな品種、スカイベリー。今回は、らいおんカフェ参加者の方々の為にスカイベリーを持ってきて頂きました。やっぱり、実物はとても大きい!大きいのに、甘くておいしい!東京の売価でいうと、12個入りで、なん千円の高級苺とのこと!これ1個で牛丼が1杯食べられてしまうじゃないかとついつい計算してしまいました。他にも、珍しい苺もご紹介。ココナツやカラメルに似た強い香りの「桃燻(とうくん)」。白い苺、「初恋の香り」「雪うさぎ」。いちごも色々な品種があるようです。

2014-01-24 18.58.43
■今回のカフェは、とても質問が活発に飛び交う熱いカフェになり、開発苦労話や、実際のいちご農家さんのこと、商業ベースに乗せる苦労などまで聞くことができました。カフェが終わった後も、みなさん席を立たず、話題提供者へのさらなる質問や、私達運営側への「もっとたくさんの人に聞いてもらった方がいい!」といったご意見や「どこでどんな風に広報をしたらいいか」などの議論が始まるなど、厳しくも嬉しいご意見もたくさん頂戴し、なんだか盛りだくさんな時間になりました。今後も、たくさんの方々に新しい知識や情報を提供し、刺激になるようなイベントを開催していきたいと改めて思わされたカフェになりました。

 

 

Tags:




Comments are closed.

Back to Top ↑
  • イベントカレンダー

    7月
    11
    2020
    10:00 サイエンスらいおんカフェ第88回... @ zoom上(リモート開催)
    サイエンスらいおんカフェ第88回... @ zoom上(リモート開催)
    7月 11 @ 10:00 – 12:00
    サイエンスらいおんカフェ第88回(藤平昌寿さん) @ zoom上(リモート開催) | 宇都宮市 | 栃木県 | 日本
    ■7月の話題提供者:藤平 昌寿(ふじひら まさとし)さん (帝京大学 とちぎサイエンスらいおん客員研究員) PDFチラシ ▼テーマ:科学と社会をつなぐ対話推理ゲーム ▼7月11日(土)10:00-12:00 ▼開催場所:zoom上(リモート開催) ▼参加費:無料 ▼定員:15名 皆様、大変ご無沙汰しております。 2月のらいおんカフェ以来、新型コロナウイルスの影響により休止しておりましたが、 7月より当面、リモートで復活することになりました。 初めての試みですが、全国どこからでもご参加いただけますので、 新たな出会いや発見もできるかな?と楽しみにもしております。 さて、復帰第1弾は、対話による科学推理ゲームをリモートでご紹介、体験いたします。 今年年初に出版されました「残された酸素ボンベ」という書籍です。 表紙には 「主体的・対話的で深い学びのための科学と社会をつなぐ推理ゲームの使い方」 と副題が打たれております。 今回の案内人は不肖・わたくしが務めます。 実は2月上旬に開催されました、筆者らによるワークショップにも参加してきました。 少人数のグループに分かれ、1人が出題者、他のメンバーは回答者になります。 出題者は予め記載されている科学にまつわる問題を口頭で伝え、 それに対して回答者が疑問を次々と出題者に投げかけます。 出題者だけは答えを知っているので、その疑問に対してYes・Noで答えていくことにより、 回答者たちは答えを推理していく・・・・という対話型ゲームです。 詳しくは、カフェの場でお話いたします。 このゲームが初めての方はもちろん、既に知っている方や体験済みの方もご参加いただけます。 その方々には、グループワーク時に出題のお手伝いをお願いするかもしれません。 また、初めての方は、書籍をすぐに購入する必要はございません。 むしろ新鮮な感覚でご参加いただき、体験後にご購入いただけると、終了後もさらに楽しめます。 zoomでの開催が初めてですので、接続に不安な方もいらっしゃるかもしれません。 事前に接続テストをすることが可能です。 お申し込みの際、接続テスト希望とお書き添えください。 日時調整の上、接続確認をさせていただきます。 というわけで、お近くの方も、そうでない方も、ぜひお気軽にご参加ください。 久しぶりに皆さんにお会いできるのを楽しみにしております。 [紹介文文責:藤平昌寿(サイエンスらいおん客員研究員)] ▼お申込み 今回はメールにてお申込みください。(7/10 17時締切) (お名前・お電話番号・年齢をお書き添えください。また、携帯アドレスの場合は返信メールが届くようご設定ください。) ※zoomの事前接続テストをご希望の方は、その旨をお書き添えください。開催直前のお申込みの場合は、テストができないこともございますので、ご了承ください。 ※当日朝までに、zoomの入室URLを申込メール宛にお送りいたします。 info@tochigi-lion.net

    View Calendar

  • Facebookページ


  • Twitter @tochigilion


  • エンジョイ!カガク!!2013レポート

  • アーカイブ