イベント開催報告 2014-01-24 19.00.38

Published on 1月 27th, 2014 | by サイエンスらいおん事務局

0

2014年1月24日 サイエンスらいおんカフェ第13回(植木正明さん)

▼テーマ・・・「スカイベリー物語~とちぎのイチゴ開発の歴史とともに~」
今回のゲストは、栃木のイチゴの代名詞「とちおとめ」の後継種として期待されている「スカイベリー」の開発担当の植木さん。女峰→とちおとめ→スカイベリーと進化するイチゴの品種改良にまつわる秘話をお話いただきました。

なぜ品種改良が必要なのか? なぜ栃木がイチゴで有名に? ブランド名ってなぜ必要?これから市場に出回る新品種の話をいち早く聞くことができました。

2014-01-24 19.00.38

▼話題提供者プロフィール
栃木県農業試験場いちご研究所・開発研究室長

ウェブサイト http://www.pref.tochigi.lg.jp/g61/ichigo-kenkyusyo.html

▼日時・会場:1月24日(金)18:00-20:00「プチ・プレリ錦店」

▼参加者:10名

■今回のゲストは、栃木県農業試験場いちご研究所・開発研究室長の植木正明さん。参加者は定員通りの10名。宇都宮市プチプレリ錦店さんの2階VIPルームで開催しました。
なぜ、栃木はいちご生産が多いのか?栃木家のいちご生産量は日本一。もっというと、45年連続日本一だそうです!栃木のいちご生産が盛んになってきたのは戦後辺りから。当時は、作った苺を電車に乗って東京に売りに行くところから始まったそうです。また、栃木は冬の日照時間が長く、気候が苺の生産に適していたこと、稲作の裏作としての栽培が可能だったことなどから苺の生産量が伸びていったそうです。

■スカイベリー誕生。
とちぎの苺と言えば、女峰、とちおとめ。どちらも栃木で開発された品種です。女峰ができた背景には、「クリスマス」がとても重要な要因だそうで、というのも、クリスマスと言えば、ケーキ。ケーキと言えば、いちご(なんと苺の消費の3割はクリスマスケーキと言われているそう)。ということで、11月~12月に出荷できる品種が求められ、女峰が開発されたそうです。次に、とちおとめ。こちらが開発された理由は、女峰よりもっと果実が大きくて甘くてといったよりよい品種、ということで開発されたそう。そして、スカイベリー。こちらは、高級ブランドいちごとして開発されたそうで、特徴を羅列すると、果実が極めて大きい。食味がよく外観品質が良い。収穫量が多い。病気に強い。大果で収穫労力が軽減される。果実が硬く輸送性が良い。などが特徴です。

2014-01-24 19.23.11 2014-01-24 19.20.06
■今はまだ、一部のスーパーでしか購入ができないプレミアな品種、スカイベリー。今回は、らいおんカフェ参加者の方々の為にスカイベリーを持ってきて頂きました。やっぱり、実物はとても大きい!大きいのに、甘くておいしい!東京の売価でいうと、12個入りで、なん千円の高級苺とのこと!これ1個で牛丼が1杯食べられてしまうじゃないかとついつい計算してしまいました。他にも、珍しい苺もご紹介。ココナツやカラメルに似た強い香りの「桃燻(とうくん)」。白い苺、「初恋の香り」「雪うさぎ」。いちごも色々な品種があるようです。

2014-01-24 18.58.43
■今回のカフェは、とても質問が活発に飛び交う熱いカフェになり、開発苦労話や、実際のいちご農家さんのこと、商業ベースに乗せる苦労などまで聞くことができました。カフェが終わった後も、みなさん席を立たず、話題提供者へのさらなる質問や、私達運営側への「もっとたくさんの人に聞いてもらった方がいい!」といったご意見や「どこでどんな風に広報をしたらいいか」などの議論が始まるなど、厳しくも嬉しいご意見もたくさん頂戴し、なんだか盛りだくさんな時間になりました。今後も、たくさんの方々に新しい知識や情報を提供し、刺激になるようなイベントを開催していきたいと改めて思わされたカフェになりました。

 

 

Tags:




Comments are closed.

Back to Top ↑
  • イベントカレンダー

    10月
    30
    2021
    10:00 サイエンスらいおんカフェ第103回... @ オンライン開催
    サイエンスらいおんカフェ第103回... @ オンライン開催
    10月 30 @ 10:00 – 11:00
    サイエンスらいおんカフェ第103回(小林良彦さん) @ オンライン開催 | 宇都宮市 | 栃木県 | 日本
    ■10月の話題提供者:小林良彦 さん (大分大学 教育学部 講師) PDFチラシ ▼テーマ:ツタエルカガク2 ▼10月30日(土)10:00-11:00 ▼開催場所:オンライン開催(zoom利用) ▼参加費:無料 ▼定員:15名 ▼ゲスト略歴 栃木県市貝町生まれ。 栃木県立真岡高等学校卒業。 新潟大学にて原子核物理の研究を行い、博士(理学)を取得。 大学院生の頃から、サイエンスカフェなどの科学技術コミュニケーション活動に取り組む。 九州大学基幹教育院・特任助教を経て、 2020年9月より北海道大学科学技術コミュニケーター養成プログラム・特任助教。 2021年10月より大分大学教育学部・講師。 個人ウェブサイト:https://www.yoshikoba113.net/ 今回のゲストは、Vol.35・Vol.92にお越しいただきました小林良彦さん。 前回から約1年ぶりの再登板です。 実は小林さん、前回は北海道大学の教員として、札幌からリモート参加していただきましたが、 この10月より、九州は大分大学の教員として着任されました。 前任の北大では、サイエンスコミュニケーションど真ん中の分野でしたが、今度の大分大では、理科教育を担当されるとのこと。 大学・大学院時代の分野に回帰することになられました。 とはいえ、学部時代からサイエンスカフェに参画し、サイエンスらいおんの活動初期から色々とサポートいただいた小林さんですから、 きっと理科教育の中にも、それらを存分に取り入れていかれるのだろうと思われます。 今回はファシリテータの私も、詳しいお話をまだ伺っておりません。 前回カフェ以降の北大での活動や、今回の移動の経緯や現在の様子、そして今後の展望などを、生トーク形式でお聞きしたいと思います。 ですので、ショートバージョンとしてお送りする予定です。 「カガクをツタエル」を一貫したテーマとして活動されている小林さんの現在(いま)をぜひ聞いてみませんか? 皆様のご参加、お待ちしています。 [紹介文文責:藤平昌寿(とちぎサイエンスらいおん客員研究員)] ▼お申込み zoomでの登録フォーム申込となります。以下のフォームからお申込みください。 http://bit.ly/lioncafe103 登録後、zoom情報がメールにて届きますので、当日はそこからアクセスしてください。 締切は当日朝9時までです。 ご質問等は info@tochigi-lion.net でも受け付けます。

    View Calendar

  • Facebookページ


  • Twitter @tochigilion


  • 第8回公開シンポジウム講演ダイジェスト

  • エンジョイ!カガク!!2013レポート

  • アーカイブ