実践講座 作品 記事クラス渡辺さんWEB教材

Published on 1月 23rd, 2014 | by サイエンスらいおん事務局

0

 「四季成り」研究に力ー課題は食味の向上ー

サイエンスらいおん実践講座 レポータコース 記事作成クラス 第2期生(平成25年度受講)
渡辺采香さんの作品です。

PDFファイルでもご覧いただけます。
渡辺 采香さんの作品

 

とちおとめの後継品種、スカイベリーを開発した県農業試験場いちご研究所(栃木市大塚町)が、一年中収穫できる四季成り性イチゴの開発に力を入れている。実現には長い年月を要するが、関係者は課題の「食味」を備えた四季成り性イチゴが文字通り実を結べば「生産量日本一の栃木のイチゴをさらにけん引してくれる」と期待を寄せている。
同研究所によると、市場に流通している一般のイチゴのほとんどは一季成り性である。一季成り性は自然条件では5~6月に実を付けるが、促成栽培により12月のクリスマスシーズンから翌春まで収穫できる。
しかし夏に収穫することは難しく、7~9月の空白期はほとんどが輸入で賄われるという。
一方、四季成り性イチゴは一年中いつでも花を付け、収穫することができる。ただ四季成り性の研究の歴史は一季成り性に比べて浅く「食味や輸送性などの果実品質が一季成り性に追い付いていない」と、同研究所の植木正明特別研究員は話す。
同研究所は2009年、最初の四季成り性イチゴ「とちひとみ」を、11年にはその改良種「なつおとめ」を品種登録。植木さんによると「食味の面でとちおとめに及ばない」ため、引き続き研究に取り組んでいる。
品種開発において、多くのイチゴを有する同研究所はさまざまな組み合わせを試せるため優位に立つ。さらに近年、遺伝子の並び方の違いを目印としたDNAマーカーの技術開発が進み、育種が効率的にできるようになってきた。
とはいえ、新しい品種を開発するには約1万株から一つ一つ味を確かめて選抜するなど「少なくとも7年はかかる」(同研究所)。植木さんは「10年後を目標に何とか一季成り性相当の食味を出し、一年中収穫できる夢のイチゴを誕生させたい」と意気込みを語った。




Comments are closed.

Back to Top ↑
  • イベントカレンダー

    3月
    26
    2019
    08:30 サイエンスらいおんカフェ第75回... @ 帝京大学宇都宮キャンパス
    サイエンスらいおんカフェ第75回... @ 帝京大学宇都宮キャンパス
    3月 26 @ 08:30 – 17:30
    サイエンスらいおんカフェ第75回(女子中学生のための理系企業見学会) @ 帝京大学宇都宮キャンパス | 宇都宮市 | 栃木県 | 日本
    3月のらいおんカフェは、帝京大学宇都宮キャンパスが展開している「女子中高生の理系進路選択支援プログラム」とのコラボ企画です。 本プログラムは、サイエンスらいおんが初期3年間支援を受けていた(独法)科学技術振興機構による支援プログラムです。 女子中高生を対象に様々な企画を展開しておりますが、今回は「女子中高生のための理系企業見学会」を開催します。 栃木県内の企業を訪問したり、ランチをしながら様々な交流を予定しております。 参加は女子中高生と保護者・教員限定となりますが、普段とは違う雰囲気でお楽しみいただければと思います。 今回のお申込は当プログラム事務局が担当いたします。 詳細はチラシをご覧いただき、お申込はこちらからお願いいたします。  
    3月
    30
    2019
    13:00 鹿沼 算数を楽しむ ―「ハト目返し... @ 鹿沼市民情報センター 1F 研修室
    鹿沼 算数を楽しむ ―「ハト目返し... @ 鹿沼市民情報センター 1F 研修室
    3月 30 @ 13:00 – 15:00
    鹿沼 算数を楽しむ ―「ハト目返し」を作ってみよう― @ 鹿沼市民情報センター 1F 研修室 | 鹿沼市 | 栃木県 | 日本
    [PDFチラシ] 【鹿沼 算数を楽しむ ― 「ハト目返し」を作ってみよう ―】 「ハト目返し」,昔の子供たちは楽しく遊んでいたようですが,最近あまり見かけません.算数で楽しい体験をしませんか? 日本の文化に触れながら,図形の問題を考えます.何ができるか,「自分で考えること」で,いろいろな形を作ることができるかもしれません.みんなで話し合い,考え,そして算数で楽しみましょう.「ハト目返し」を知らないなら大歓迎です.もしかすると鹿沼は日光を作った文化の残っている町,彫刻や絵画の中におもしろい算数があるかもしれません.みんなで探したいですね. ■日 時 平成31年3月30日(土) 午後1:00 ~ 3:00 終了予定 (開場12:45) ■場 所 鹿沼市民情報センター 1F 研修室 鹿沼市文化橋町1982-18 電話(0289)63-8300 駐車場あり ■参加費 無料 ※事前連絡不要(当日会場においでください) ■対 象 小学生と保護者 (一緒に算数を楽しみましょう) ■準備するもの 筆記用具 ■講師 渡辺 信(生涯学習数学研究所) 福田 千枝子(帝京大学)  垣花 京子(筑波学院大学) ■主催 生涯学習数学研究所 ■後援 鹿沼市教育委員会 【保護者の皆様へ】 鹿沼で「算数を楽しむ」会を始めて,今年で14年目を迎えます.毎年桜の咲くころに鹿沼の皆様とお会いできることが楽しくなりました.今回も春休みに,また,鹿沼の皆様と算数を楽しむことができることを楽しみにしています.小学校で好きだった算数が,中学・高校と進むにつれて嫌いになるのでは問題です.お子様方に算数を楽しく学ぶきっかけを作りたい,学校で算数が楽しくなって欲しいと思ってはじめた会です.今回は,古くから日本の文化の中にある「ハト目返し」を取り上げ,その中にある算数を探してみます.手を動かし,頭を使い実際に作業を行いながら算数を理解しようと思います.作業をしながら算数を理解することができて,算数を学ぶ動機付けになったらよいと思っています.お子さまと一緒に参加してください.そして一緒にやることによって,算数の話題を通して話をする機会がうまれます.保護者の皆様の積極的な参加をお待ちしています.

    View Calendar

  • Facebookページ


  • Twitter @tochigilion


  • エンジョイ!カガク!!2013レポート

  • アーカイブ