実践講座 作品 記事クラス平松さんWEB教材

Published on 1月 23rd, 2014 | by サイエンスらいおん事務局

0

研究進む「時間医療」ー体内時計と病気に着目ー

サイエンスらいおん実践講座 レポータコース 記事作成クラス 第2期生(平成25年度受講)
平松舞さんの作品です。

PDFファイルでもご覧いただけます。
平松 舞さんの作品

 

ヒトの体には、昼夜の変化を感じ取り、リズムを刻む体内時計が備わっている。飛行機の旅で、いわゆる「時差ぼけ」が生じたりするのはこのためだ。体内時計をコントロールしているのが時計遺伝子だという。病気を発症しやすい時刻もわかってきており、体内時計、時計遺伝子に注目した投薬の在り方など「時間医療」の研究が進む。朝型、夜型など、一人ひとり異なる体内時計のパターンを簡便に調べることも可能になりつつある。
脳の体内時計に詳しい独協医大の渡辺和人准教授によると、心筋梗塞、脳梗塞などの血管系の病気は、血圧が上昇する午前中に起こりやすく、最近はがん細胞の分裂する時刻もわかってきたという。
渡辺准教授は「ヒトの全ての細胞には、リズムを刻む時計遺伝子と呼ばれるものがある。時計遺伝子のリズムと病気の発症する時刻は深く関係している」と解説する。
この関係に着目したのが「時間医療」で、治療効果が大きく、副作用が少ない時刻を狙って投薬するための研究開発などが進められている。
東京大大学院医学研究科の上田泰己教授は「最適な投薬時刻を決めるには、朝型、夜型など個々人の体内時刻を調べる必要がある」と話す。体内時刻を調べるにはこれまで、多くの時間と手間を要していたが「日本では、ヒトの血液中の物質やひげの遺伝子などから、簡単に調べることができる先駆的な方法の開発が進んでいる」とも。
上田教授の研究グループは2012年、ヒトの血液から体内時計の時刻を決める方法を発表した。同教授によると時計遺伝子に焦点を当てた薬の開発研究も進められている。
時間医療が身近になる日は遠くないようだ。

 

 




Comments are closed.

Back to Top ↑
  • イベントカレンダー

    7月
    1
    2017
    16:00 サイエンスらいおんカフェ第55回... @ 下野新聞NewsCafe
    サイエンスらいおんカフェ第55回... @ 下野新聞NewsCafe
    7月 1 @ 16:00 – 17:30
    サイエンスらいおんカフェ第55回(丹羽孝仁さん) @ 下野新聞NewsCafe | 宇都宮市 | 栃木県 | 日本
    ■7月の話題提供者:丹羽 孝仁(にわ たかひと)さん (帝京大学経済学部地域経済学科 講師) PDFチラシ ▼テーマ:社会を科学する~地域をデータで見る~ ▼7月1日(土)16:00-17:30 ▼開催場所:下野新聞NewsCafe ▼参加費:無料(1ドリンクオーダー制) ▼定員:15名 ▼ゲスト略歴 2007年03月 東北大学理学部 地圏環境科学科 卒業 2010年10月 Chulalongkorn大学(タイ)経済学部 客員研究員(〜2011年09月) 2012年03月 東北大学大学院理学研究科地学専攻 博士課程後期 修了 2012年04月 (有)マっぷ仙台M96 GIS室研究員(〜2014年04月) 2012年04月 東北福祉大学 非常勤講師(〜2014年03月) 2012年04月 東北学院大学経済学部 非常勤講師(〜2014年03月) 2012年10月 仙台徳洲看護専門学校 非常勤講師(〜2014年03月) 2014年04月 神戸大学経済学部 研究員(〜2015年03月) 2014年05月 うつのみや市政研究センター 専門研究嘱託員(〜2017年03月) 2014年10月 埼玉大学教育学部 非常勤講師(〜2015年03月) 2015年04月 埼玉大学教育機構 非常勤講師(〜2016年03月) 2015年04月 宇都宮共和大学シティライフ学部 非常勤講師(〜2016年03月) 2016年04月 帝京大学経済学部地域経済学科 非常勤講師(〜2017年03月) 2016年04月 宇都宮大学国際学部 非常勤講師(〜2016年09月) 2017年04月 現職 今回は社会科学シリーズ第2弾。 ゲストは前回同様、この春に帝京大学宇都宮キャンパスに着任されました丹羽孝仁さんです。 もともとは理学部で地学を先行していた丹羽さん。 地学から地理学、そして経済学へと興味・関心を持たれ、 現在では、経済地理学という分野を中心に活動されています。 今回のテーマでもある「データで地域を見る」。 例えば、地理情報システム(GIS)は、地図上に様々なデータを乗せたり重ね合わせたりして、 それぞれの地域を特徴を捉えたり、今後のまちづくりなどに活かしたりします。 また、最近マスコミなどでも話題の地域経済分析システム(RESAS)なども、 データで地域を見るツールの一つです。 今後は、ビックデータなどと連動しながら、より俯瞰的に地域を見るという見方もどんどん出てくるでしょう。 そのような地域を見ることについてのお話を中心に、 地学から経済学まで幅広く興味を持つようになったお話なども聴けるかもしれません。 どうぞご参加ください! [紹介文文責:藤平昌寿(サイエンスらいおん事務局)] ▼お申込み 「こくちーず」でのお申込みとなります。 こちらからお申し込みください。(こくちーずからの返信メールが届けば申込完了です。) 締切は6月29日24時までです。 こくちーずが使えない場合は、メールにてお申込みください。 (お名前・お電話番号・年齢をお書き添えください。また、携帯アドレスの場合は返信メールが届くようご設定ください。) info@tochigi-lion.net

    View Calendar

  • Facebookページ


  • Twitter @tochigilion


  • エンジョイ!カガク!!2013レポート

  • アーカイブ