実践講座 作品 記事クラス横瀬さんWEB教材

Published on 1月 23rd, 2014 | by サイエンスらいおん事務局

0

裸眼で自然に真の3Dを追及ーフォトニック結晶など応用ー

サイエンスらいおん実践講座 レポータコース 記事作成クラス 第2期生(平成25年度受講)
横瀬うららさんの作品です。
この作品は、最優秀賞作品として、2014年1月21日の下野新聞に掲載されました。

PDFファイルでもご覧いただけます。
横瀬うららさんの作品

 

近年、映像が立体的に見られる三次元(3D)映画が注目されている。しかし現行の3D映像は視覚情報が正しく入力されず、めまいや吐き気を引き起こすことがあるといわれる。こうした課題を克服し「真の」3D映像を実現しようと、帝京大理工学部ヒューマン情報システム学科の近藤直樹講師はフォトニック結晶などに注目した研究を進めている。
近藤講師によると、ヒトの立体視には4要素がある。左右の眼で見る像の差異により生じる「両眼視差」、両眼の視線が注視点と成す角度からなる「輻輳」(ふくそう)、対象物との相対的な運動により像の変化が生じる「運動視差」、そして眼球内の凸レンズ機能を果たす水晶体による「焦点調節(ピント合わせ)」だ。
専用メガネで見る3D映像は、このうち両眼視差のみを利用。このため視覚から得られる「奥行き」の情報が一致せず、3D酔いと呼ばれる症状を引き起こす一因と考えられている。
「立体視の要素を全て満たせば、裸眼で自然な立体映像を見ることができる」と近藤講師。そこで注目したのがフォトニック結晶を画素に応用したディスプレイと、波長を連続に変えることのできる光源(波長可変レーザー)だ。
フォトニック結晶は、屈折率の異なる材料が周期的に並ぶナノ構造体で、内部の光の進み方を人工的に制御することなどが可能という。この結晶を使ったデスプレイと同レーザーを組み合わせることで多方向への光の放射の制御が可能になり、広い視野角に合わせた多数の映像を表示できるため、どこから見ても自然な立体映像が構築できるというアイデアだ。
可視光領域での開発に課題はあるものの、個々の理論は実証済み。「実現されれば遺跡建造物の映像再生や医療・娯楽分野への展開も期待される。より速く、より多くを求める欲求は尽きず、それも一つの技術の使い道。一方で文化的にも貢献しうる技術応用の提案が重要」と近藤講師は語る。
思い描いた光景が文字通り「目に浮かぶ」。そんな未来はそう遠くないのかもしれない。

 

 

 

 

 




Comments are closed.

Back to Top ↑
  • イベントカレンダー

    12月
    22
    2018
    10:00 サイエンスらいおんカフェ第72回... @ 帝京大学宇都宮キャンパス
    サイエンスらいおんカフェ第72回... @ 帝京大学宇都宮キャンパス
    12月 22 @ 10:00 – 12:30
    サイエンスらいおんカフェ第72回(オープンカフェ) @ 帝京大学宇都宮キャンパス | 宇都宮市 | 栃木県 | 日本
    12月のらいおんカフェはオープンカフェで開催します。 帝京大学宇都宮キャンパスで開催される「第3回ロボット技術教育シンポジウム」とコラボいたします。 帝京大学では「WRO Japan 北関東」などのロボット技術教育の活動を行っており、 栃木県内外で活動する方々の学術発表の場として開催されています。 今回はNPO法人WRO Japan理事・事務局長 渡辺登氏の基調講演からスタートし、 その後、各地からの発表者による事例発表・ポスター発表などが予定されております。 当日参加も可能ですが、予稿集に限りがございますので、ぜひ事前にお申し込みください。 今回のお申込はシンポジウム事務局が担当いたします。 詳細・お申込はこちらからお願いいたします。  

    View Calendar

  • Facebookページ


  • Twitter @tochigilion


  • エンジョイ!カガク!!2013レポート

  • アーカイブ