イベント開催報告 2013-11-16 11.13.25

Published on 11月 18th, 2013 | by サイエンスらいおん事務局

0

2013年11月16日 自然系講座「火山灰は宝石箱」/栃木県立博物館

11月16日(土)に栃木県立博物館の自然系講座、「火山灰は宝石箱」に参加してきました。
参加者は親子連れがすべてで、未就学児から小学生とその親御さん計21名でした。
2013-11-16 11.25.09

宝石と鉱物の違い、どんなものを宝石と呼ぶのか、実はルビーとサファイアは同じ鉱物からできているなど、宝石の原石や実際の宝石を眺めながら教わりました。
参加している子ども達も、初めて触る宝石やダイヤモンドの原石に興味津々でした。
2013-11-16 11.13.25 2013-11-16 11.13.49
2013-11-16 11.14.03 2013-11-16 11.14.13

火山灰の中に鉱物が含まれていることを教わったり、火山が噴火する仕組みを炭酸飲料水などをモチーフに勉強しました。宝石や火山などについて教わった後は、火山灰をきれいに洗って、顕微鏡で覗いてみました。
手元にはプリントが配られており、用意された3種類の火山灰がプリント中のどの火山灰かを探す観察タイムがスタートしました。
2013-11-16 10.04.29 2013-11-16 10.00.26
2013-11-16 10.49.35 2013-11-16 11.11.53

「火山灰は宝石箱」という名の通りの画をレンズ越しに眺めながら、「きれーい!」「すごーい!」という感嘆の声を小学生も親御さんも挙げていました。
2013-11-16 11.21.18 2013-11-16 11.26.39

学校の教室とはまた違う、博物館の一室。サンプルもたくさん見て触れて説明が聞ける時間。大人でも楽しい時間です。子どもは尚更でしょう。子ども達はこうした活動を通して、自然や身の回りのモノに興味を持ち始めるんだろうと感じました。博物館では年間を通してこのようなイベントが開催されています。是非お子様に自然科学を体験させてあげて下さい!!

 

 

 

Tags:




Comments are closed.

Back to Top ↑
  • イベントカレンダー

    2月
    10
    2018
    14:00 とちぎサイエンスらいおん第6回公... @ 帝京大学宇都宮キャンパス
    とちぎサイエンスらいおん第6回公... @ 帝京大学宇都宮キャンパス
    2月 10 @ 14:00 – 17:00
    [ポスターは間もなく掲載予定です] 第6回目を迎えるサイエンスらいおん公開シンポジウム。 今回は「深海」をテーマに、海洋研究開発機構の山本正浩氏による基調講演をはじめ、県内で活躍している方々による一般講演、会場を交えてのトークセッションなどを予定しております。 また、終了後にはロビーにて意見交換会も予定しております。奮ってご参加ください。 ■主催 とちぎサイエンスらいおん・帝京大学 ■後援(予定) 栃木県教育委員会、一般社団法人栃木県商工会議所連合会、栃木県商工会議所連合会、栃木県中小企業団体中央会、公益社団法人栃木県経済同友会、一般社団法人栃木県情報サービス産業協会、大学コンソーシアムとちぎ、公益財団法人栃木県産業振興センター、株式会社下野新聞社、株式会社とちぎテレビ、株式会社栃木放送、株式会社エフエム栃木 ■日時 2018年2月10日(土) 14:00~17:00 ■会場 帝京大学宇都宮キャンパス 地域経済学科棟大講義室 ■プログラム予定 13:30 開場 14:00 開演 ▽開会挨拶 ▽とちぎサイエンスらいおん紹介 ▽基調講演 「深海の海底温泉の世界:「地球を食べる生態系」と「生命の起源」」 国立研究開発法人 海洋研究開発機構 研究員 山本 正浩 氏 ▽ブレイクタイム ▽一般講演 「栃木県は太古に海底だった」 河野 重範 氏 (栃木県立博物館 研究員) 「微細藻類の過去と未来」 篠村 知子 氏 (帝京大学理工学部 教授) ▽トークセッション ▽閉会挨拶 17:00 終了予定・意見交換会 ■お申込み 受付開始まで、しばらくお待ちください。

    View Calendar

  • Facebookページ


  • Twitter @tochigilion


  • エンジョイ!カガク!!2013レポート

  • アーカイブ