イベント開催報告 2

Published on 10月 21st, 2013 | by サイエンスらいおん事務局

0

2013年10月18日 サイエンスらいおんカフェ第10回(大橋伸一さん)

▼テーマ・・・「土づくりから始まる自然環境農法と共生」
 農業において、土や水、光などの管理は当然欠かせません。その中でも「土」に着目をしているのが、今回のゲスト、株式会社バイオ・グリーンの大橋さん。土中に存在する微生物と土・作物を敢えて共生させながら、安全な作物・収量増などを実現するために、日々、研究をされております。

▼話題提供者プロフィール
株式会社バイオ・グリーン会長
ウェブサイト http://www.biogreen.jp/company/kaisha.html

▼日時・会場:10月18日(金)18:00-20:00「プチ・プレリ錦店」
▼参加者:10名

■今回のゲストは、自然環境農法で有名な大橋さん((株)バイオグリーン会長、NPO法人自然環境農法研究会理事長)。参加者は定員通りの10名。宇都宮市プチプレリ錦店さんの2階VIPルームで開催しました。
1

■自然環境農法とは、アープ・トーマス・オルガ菌の働きを利用した土づくりが基本になる農法。トーマス菌によって土が変わる。サラサラ、フワフワ、団粒構造な土になる。サラフワな土だから、作物の主根だけでなく毛細根もしっかり根を張り、土のいい微量な栄養素を吸ってくれる。根がしっかり張れば、病気にも強くなる。などなど。
なぜ、土づくりが大切なのか。どうしてそういう土ができるのか。農薬って何?なぜ農薬を減らしていけるのか。そもそもトーマス菌って何?そのトーマス菌がなぜ土にいいのか。参加者の様々な疑問に笑顔で答えて頂きました。
2

■今まさに農業に取りくんでおられる方、これから農業をはじめる方、バイオ研究されている大学教授、企業の研究員の方、小学生、みなさん楽しくも真剣な雰囲気。
3

■話題は戦後から現在までの日本の農業の歴史の話に。実は日本にトーマス菌を持ち込んだのはGHQのマッカーサー、それを化学農法を推進したい日本政府が断った歴史があるとか(マッカーサーの回想記に記載があるそう)。
大橋さんがトーマス菌や自然環境農法に出会ったのち、これらを推進するに当たっての風当たりは、国や農家さんなどから相当強かったそうです。それでも確固たる覚悟のもと、美味しくて安全な作物が日本中で作られるようになるためやり続けてきたことなどもお話して頂きました。
4

■カフェの最後の頃には、実際に自然環境農法を取り入れている栃木県をはじめ全国の農家さんの事例を紹介。
例えば、いちご農家さん一反部(いったんぶ:農地面積の単位)の収穫量は平均で4.3tほど。うまい人でも5t。それが自然環境農法を取り入れたあとに、7.5tになった人がいるそう(これは栃木県内の農家さんの事例で、みなさん農家さんの名前を聞いてメモをとっていました)。
また、高級デパートに果物を卸せる農家さん、テレビで紹介されるような農家さんなどに大橋さんの指導先がたくさんあるようでした。
これからの日本で、ますます大切になっていく農業。その農業の未来って明るいなと思えたり、たくさんの農家さんがどんどん元気になってく様子が聞けたり、その理由をたくさん聞けたエキサイティングな時間になりました。
5

<カフェのその後>
あの日参加した方が、その次の日に大橋さんのところへ遊びに行っていたり、仲間を連れて農法の勉強に行った方がいたようです。そういう後日談が聞けるって嬉しいなぁと思いました。

 

 

 

 

Tags:




Comments are closed.

Back to Top ↑
  • イベントカレンダー

    7月
    1
    2017
    16:00 サイエンスらいおんカフェ第55回... @ 下野新聞NewsCafe
    サイエンスらいおんカフェ第55回... @ 下野新聞NewsCafe
    7月 1 @ 16:00 – 17:30
    サイエンスらいおんカフェ第55回(丹羽孝仁さん) @ 下野新聞NewsCafe | 宇都宮市 | 栃木県 | 日本
    ■7月の話題提供者:丹羽 孝仁(にわ たかひと)さん (帝京大学経済学部地域経済学科 講師) PDFチラシ ▼テーマ:社会を科学する~地域をデータで見る~ ▼7月1日(土)16:00-17:30 ▼開催場所:下野新聞NewsCafe ▼参加費:無料(1ドリンクオーダー制) ▼定員:15名 ▼ゲスト略歴 2007年03月 東北大学理学部 地圏環境科学科 卒業 2010年10月 Chulalongkorn大学(タイ)経済学部 客員研究員(〜2011年09月) 2012年03月 東北大学大学院理学研究科地学専攻 博士課程後期 修了 2012年04月 (有)マっぷ仙台M96 GIS室研究員(〜2014年04月) 2012年04月 東北福祉大学 非常勤講師(〜2014年03月) 2012年04月 東北学院大学経済学部 非常勤講師(〜2014年03月) 2012年10月 仙台徳洲看護専門学校 非常勤講師(〜2014年03月) 2014年04月 神戸大学経済学部 研究員(〜2015年03月) 2014年05月 うつのみや市政研究センター 専門研究嘱託員(〜2017年03月) 2014年10月 埼玉大学教育学部 非常勤講師(〜2015年03月) 2015年04月 埼玉大学教育機構 非常勤講師(〜2016年03月) 2015年04月 宇都宮共和大学シティライフ学部 非常勤講師(〜2016年03月) 2016年04月 帝京大学経済学部地域経済学科 非常勤講師(〜2017年03月) 2016年04月 宇都宮大学国際学部 非常勤講師(〜2016年09月) 2017年04月 現職 今回は社会科学シリーズ第2弾。 ゲストは前回同様、この春に帝京大学宇都宮キャンパスに着任されました丹羽孝仁さんです。 もともとは理学部で地学を先行していた丹羽さん。 地学から地理学、そして経済学へと興味・関心を持たれ、 現在では、経済地理学という分野を中心に活動されています。 今回のテーマでもある「データで地域を見る」。 例えば、地理情報システム(GIS)は、地図上に様々なデータを乗せたり重ね合わせたりして、 それぞれの地域を特徴を捉えたり、今後のまちづくりなどに活かしたりします。 また、最近マスコミなどでも話題の地域経済分析システム(RESAS)なども、 データで地域を見るツールの一つです。 今後は、ビックデータなどと連動しながら、より俯瞰的に地域を見るという見方もどんどん出てくるでしょう。 そのような地域を見ることについてのお話を中心に、 地学から経済学まで幅広く興味を持つようになったお話なども聴けるかもしれません。 どうぞご参加ください! [紹介文文責:藤平昌寿(サイエンスらいおん事務局)] ▼お申込み 「こくちーず」でのお申込みとなります。 こちらからお申し込みください。(こくちーずからの返信メールが届けば申込完了です。) 締切は6月29日24時までです。 こくちーずが使えない場合は、メールにてお申込みください。 (お名前・お電話番号・年齢をお書き添えください。また、携帯アドレスの場合は返信メールが届くようご設定ください。) info@tochigi-lion.net

    View Calendar

  • Facebookページ


  • Twitter @tochigilion


  • エンジョイ!カガク!!2013レポート

  • アーカイブ