イベント開催報告 0DSC03197

Published on 9月 27th, 2013 | by サイエンスらいおん事務局

0

2013年9月21日 サイエンスらいおんカフェ第9回(堀口祐司さん)

▼テーマ・・・「栃木から世界へ羽ばたく歯科タービン技術って何?」
みなさん、歯医者は好きですか? あの歯を削る音が苦手という方も多いかもしれません。 今回は、その削る器具の中、特にタービンと呼ばれる回転部分で、 国内は勿論、海外にも評価の高い、鹿沼市にある「株式会社ナカニシ」の堀口さんがゲストでした。 1秒間に7000回転もするようなものや、音の出ないギア式、歯科以外でも外科や工業用にも使われるタービンなど、 その開発の歴史や最先端のお話ししていただきました。

▼話題提供者プロフィール
(株式会社ナカニシ 品質保証部 品質保証課 栃木県立衛生福祉大学校非常勤講師)
ウェブサイト http://www.nsk-nakanishi.co.jp

▼日時・会場:9月21日(土)14:00-16:00 「サンセットロースターコーヒー」
▼参加者:6名

■今回のゲストは株式会社ナカニシ、品質保証部の堀口さん。
最先端技術で世界の歯科医療を支える歯科業界世界ナンバー1シェアを誇る企業さんから、社内でも“神の手”と呼ばれる品質検査技術を持つ堀口さんをお招きしてのサイエンスカフェでした。
今回は、ナカニシさんがまだまだ地方の小さい工場から、世界ナンバー1に致るまでのお話や、歯科業界の裏話などをお話ししていただきました。
0DSC03202 0DSC01153

■ナカニシのコア技術となっているタービンの現物を持ってきていただきました。
速7000回転、分速40万回転を可能にするエアータービン。世界中の歯科治療の現場活躍している製品です。
0DSC03191 0DSC01157
0DSC03211 0DSC03207

■現社長が3代目。堀口さんが先代の2代目社長に誘われナカニシに入ってから、27年。鹿沼の小さな町工場だったナカニシが、世界各国に拠点を持つグローバル企業に成長するまでのストーリーをお話ししていただきました。
「もう、海外に売り込むしかない。」その時、どうして海外に進出することになったのか。
「心臓が止まりそうだ。」生産する製品の85%以上を内製化。その設備投資を巡っての先代と現社長との葛藤の中、先代がぼやいた言葉。もの凄いスピードで新しいことに挑戦していく中、社内で起こる様々な葛藤。その現場にいた方のお話は、とても興奮されられます。
0DSC03192 0DSC03206

■社内の若手向けに開催する勉強会、「ナカニシ大学」
その大学の講義で使うこの歯の模型は堀口さんの手作りだそうです。それにしてもリアルでした。ただ、正確にはちょっと構造が本物と違っているそうで、その辺はご愛嬌。
0DSC03200 0DSC03197

■ナカニシが貢献してきた歯科医療の現場のお話
日本の歯科治療と世界(特にヨーロッパ)の歯科治療の違いもお聞きしました。また、参加者の方々からの歯科治療に関する質問にも「ここだけの話ですが、、。」なんて言いながらもお話してくれました。
世界最先端の技術と、それが企業の中でどう活かされているかを、企業の成長を追いかけながら聞くことができました。今回の参加者は、6名。関係者含めて10名くらい。人数が少ないからこそできる膝を突き合わせた科学談義の時間となりました。

■最後に・・・
堀口さん、参加者の皆さん、ありがとうございました。
今回からプチリニューアルされて開催されましたらいおんカフェ。 参加の皆様とゲストがより身近にお話できるようになりました。是非、足をお運びください。

 

 

 

Tags:




Comments are closed.

Back to Top ↑
  • イベントカレンダー

    10月
    30
    2021
    10:00 サイエンスらいおんカフェ第103回... @ オンライン開催
    サイエンスらいおんカフェ第103回... @ オンライン開催
    10月 30 @ 10:00 – 11:00
    サイエンスらいおんカフェ第103回(小林良彦さん) @ オンライン開催 | 宇都宮市 | 栃木県 | 日本
    ■10月の話題提供者:小林良彦 さん (大分大学 教育学部 講師) PDFチラシ ▼テーマ:ツタエルカガク2 ▼10月30日(土)10:00-11:00 ▼開催場所:オンライン開催(zoom利用) ▼参加費:無料 ▼定員:15名 ▼ゲスト略歴 栃木県市貝町生まれ。 栃木県立真岡高等学校卒業。 新潟大学にて原子核物理の研究を行い、博士(理学)を取得。 大学院生の頃から、サイエンスカフェなどの科学技術コミュニケーション活動に取り組む。 九州大学基幹教育院・特任助教を経て、 2020年9月より北海道大学科学技術コミュニケーター養成プログラム・特任助教。 2021年10月より大分大学教育学部・講師。 個人ウェブサイト:https://www.yoshikoba113.net/ 今回のゲストは、Vol.35・Vol.92にお越しいただきました小林良彦さん。 前回から約1年ぶりの再登板です。 実は小林さん、前回は北海道大学の教員として、札幌からリモート参加していただきましたが、 この10月より、九州は大分大学の教員として着任されました。 前任の北大では、サイエンスコミュニケーションど真ん中の分野でしたが、今度の大分大では、理科教育を担当されるとのこと。 大学・大学院時代の分野に回帰することになられました。 とはいえ、学部時代からサイエンスカフェに参画し、サイエンスらいおんの活動初期から色々とサポートいただいた小林さんですから、 きっと理科教育の中にも、それらを存分に取り入れていかれるのだろうと思われます。 今回はファシリテータの私も、詳しいお話をまだ伺っておりません。 前回カフェ以降の北大での活動や、今回の移動の経緯や現在の様子、そして今後の展望などを、生トーク形式でお聞きしたいと思います。 ですので、ショートバージョンとしてお送りする予定です。 「カガクをツタエル」を一貫したテーマとして活動されている小林さんの現在(いま)をぜひ聞いてみませんか? 皆様のご参加、お待ちしています。 [紹介文文責:藤平昌寿(とちぎサイエンスらいおん客員研究員)] ▼お申込み zoomでの登録フォーム申込となります。以下のフォームからお申込みください。 http://bit.ly/lioncafe103 登録後、zoom情報がメールにて届きますので、当日はそこからアクセスしてください。 締切は当日朝9時までです。 ご質問等は info@tochigi-lion.net でも受け付けます。

    View Calendar

  • Facebookページ


  • Twitter @tochigilion


  • 第8回公開シンポジウム講演ダイジェスト

  • エンジョイ!カガク!!2013レポート

  • アーカイブ