イベント開催報告 IMG_7671

Published on 7月 20th, 2013 | by サイエンスらいおん事務局

0

2013年7月15日 サイエンスらいおんカフェ第7回(大久保達弘さん)

▼テーマ・・・「栃木の里山林の放射性物質による汚染のいま」
里山科学センター長として中山間地の里山の研究をされている大久保先生。原発事故により、里山における放射能汚染のモニタリングや除染の方法についての研究も開始。
ご自身が森林学の道に進まれた経緯や汚染・除染の今などをお話しいただきました。

 

▼話題提供者プロフィール
(宇都宮大学農学部教授・附属里山科学センター長)

1959年東京生まれ。 宇都宮大学農学部林学科卒業、東京大学大学院農学系研究科林学専攻修士課程修了、 宇都宮大学助手、同講師、同准教授を経て2007年6月より現職。 2005年米国イェール大学林学・環境学専門大学院訪問准教授。
専門は森林生態学、育林学。 日本のブナ林とアジアの熱帯山地林でブナ科樹木の分布と森林動態を、また栃木県東部の那珂川流域、アジア地域のボルネオ島の湿潤熱帯、北タイの季節熱帯山地、中国南部の石灰岩山地にて 里山林の利用が植物多様性の維持に及ぼす影響を調査研究。
2008-2010年国連生物多様性条約第10回締約国会議(CBD-COP10)に向けた 国連大学高等研究所里山里海サブグローバル評価(SGA)関東中部クラスター共同議長を務めた。
著書に「那珂川流域の里山とその恵み-里山生態系評価サイトレポート-」(編著)、 「日本樹木誌(イヌブナ)」、「中国山岳地帯の森林環境と伝統社会」、「Tropical Forest Diversity and Dynamism: Findings from a Network of Large-Scale Forest Dynamics Plots」、「The future of satoyama, satoumi and cities, Satoyama-satoumi ecosystem and human well-being: Socio-ecological production landscapes of Japan」(共著)など。

 

▼日時・会場:7月15日(月)15:00-17:00 「下野新聞NewsCafe」
▼参加者:10名
■今回のカフェは・・・
今回のらいおんカフェは5月のゲスト、飯郷雅之さんと同じ宇都宮大学農学部から、大久保達弘さんがゲスト。会場は2月にも使わせていただいた下野新聞NewsCafe。程よいスペースが心地良い会場です。
IMG_7661 IMG_7663

■大久保さん
宇都宮大学で教鞭を執る他、里山科学センター長も務められ、また、最近では里山・森林と放射線についての調査なども行っています。
IMG_7666 IMG_7654

■「私の森と里山」
前半は、大久保さんの生い立ちと森林との関わりを中心に、様々なエピソードをお話しいただきました。
IMG_7659 IMG_7658

■「栃木の里山林の放射性物質による汚染のいま」
後半は、東日本大震災と原発事故による、県内の里山・森林の汚染状況などについてお話しいただきました。
IMG_7671 IMG_7672

■最後に・・・
大久保さん、参加者の皆さん、ありがとうございました。次回も学外でのカフェを開催予定です。
カフェでゆっくりとお茶を飲みながらのサイエンスお茶会!!皆さんも気軽に参加してみてください。

 

 

Tags:




Comments are closed.

Back to Top ↑
  • イベントカレンダー

    3月
    26
    2019
    08:30 サイエンスらいおんカフェ第75回... @ 帝京大学宇都宮キャンパス
    サイエンスらいおんカフェ第75回... @ 帝京大学宇都宮キャンパス
    3月 26 @ 08:30 – 17:30
    サイエンスらいおんカフェ第75回(女子中学生のための理系企業見学会) @ 帝京大学宇都宮キャンパス | 宇都宮市 | 栃木県 | 日本
    3月のらいおんカフェは、帝京大学宇都宮キャンパスが展開している「女子中高生の理系進路選択支援プログラム」とのコラボ企画です。 本プログラムは、サイエンスらいおんが初期3年間支援を受けていた(独法)科学技術振興機構による支援プログラムです。 女子中高生を対象に様々な企画を展開しておりますが、今回は「女子中高生のための理系企業見学会」を開催します。 栃木県内の企業を訪問したり、ランチをしながら様々な交流を予定しております。 参加は女子中高生と保護者・教員限定となりますが、普段とは違う雰囲気でお楽しみいただければと思います。 今回のお申込は当プログラム事務局が担当いたします。 詳細はチラシをご覧いただき、お申込はこちらからお願いいたします。  
    3月
    30
    2019
    13:00 鹿沼 算数を楽しむ ―「ハト目返し... @ 鹿沼市民情報センター 1F 研修室
    鹿沼 算数を楽しむ ―「ハト目返し... @ 鹿沼市民情報センター 1F 研修室
    3月 30 @ 13:00 – 15:00
    鹿沼 算数を楽しむ ―「ハト目返し」を作ってみよう― @ 鹿沼市民情報センター 1F 研修室 | 鹿沼市 | 栃木県 | 日本
    [PDFチラシ] 【鹿沼 算数を楽しむ ― 「ハト目返し」を作ってみよう ―】 「ハト目返し」,昔の子供たちは楽しく遊んでいたようですが,最近あまり見かけません.算数で楽しい体験をしませんか? 日本の文化に触れながら,図形の問題を考えます.何ができるか,「自分で考えること」で,いろいろな形を作ることができるかもしれません.みんなで話し合い,考え,そして算数で楽しみましょう.「ハト目返し」を知らないなら大歓迎です.もしかすると鹿沼は日光を作った文化の残っている町,彫刻や絵画の中におもしろい算数があるかもしれません.みんなで探したいですね. ■日 時 平成31年3月30日(土) 午後1:00 ~ 3:00 終了予定 (開場12:45) ■場 所 鹿沼市民情報センター 1F 研修室 鹿沼市文化橋町1982-18 電話(0289)63-8300 駐車場あり ■参加費 無料 ※事前連絡不要(当日会場においでください) ■対 象 小学生と保護者 (一緒に算数を楽しみましょう) ■準備するもの 筆記用具 ■講師 渡辺 信(生涯学習数学研究所) 福田 千枝子(帝京大学)  垣花 京子(筑波学院大学) ■主催 生涯学習数学研究所 ■後援 鹿沼市教育委員会 【保護者の皆様へ】 鹿沼で「算数を楽しむ」会を始めて,今年で14年目を迎えます.毎年桜の咲くころに鹿沼の皆様とお会いできることが楽しくなりました.今回も春休みに,また,鹿沼の皆様と算数を楽しむことができることを楽しみにしています.小学校で好きだった算数が,中学・高校と進むにつれて嫌いになるのでは問題です.お子様方に算数を楽しく学ぶきっかけを作りたい,学校で算数が楽しくなって欲しいと思ってはじめた会です.今回は,古くから日本の文化の中にある「ハト目返し」を取り上げ,その中にある算数を探してみます.手を動かし,頭を使い実際に作業を行いながら算数を理解しようと思います.作業をしながら算数を理解することができて,算数を学ぶ動機付けになったらよいと思っています.お子さまと一緒に参加してください.そして一緒にやることによって,算数の話題を通して話をする機会がうまれます.保護者の皆様の積極的な参加をお待ちしています.

    View Calendar

  • Facebookページ


  • Twitter @tochigilion


  • エンジョイ!カガク!!2013レポート

  • アーカイブ