イベント開催報告 04

Published on 9月 26th, 2013 | by サイエンスらいおん事務局

0

2013年9月7日 観察会「土と肥料の微妙な関係」/栃木県立博物館

宇都宮大学農学部附属農場にて、「土と肥料の微妙な関係」と題した稲の観察会が行われました。この観察会に先立って、6月1日に「生きている土~その世界を探る~」という観察会が行われており、その際に土の役割や土と土壌生物の関係について学び、田植え体験を行いました。今回の観察会はその続きとして、土のはたらきによって苗がどのように成長したのかを観察し、土の力を実感するということが目的です。
講師は前回同様、宇都宮大学農学部の平井英明先生にお世話になりました。前回植えた苗1株(米3粒から1株)から何粒のお米ができているでしょうか?実際に数えてみました。その数はなんと、1500粒!なんと元の500倍にもなったのです。しかも、これは肥料も何も加えずに土の力だけで育てた結果です。その後、1人が1年間に食べる米を作るために必要な面積を計算しました。その結果に参加者一同びっくり!
この観察会を通して、私たちの食生活を支えるためにどれほどの土地にお世話になっているかを実感することができました。

01 02
6月に植えた時には小さかった苗が…            こんなに大きく成長しました!

03 04
お米は何粒?                           1人が1年間食べる米を作るのに必要な土地は…?

 

Tags:




Comments are closed.

Back to Top ↑
  • イベントカレンダー

    5月
    16
    2021
    10:00 サイエンスらいおんカフェ第98回... @ オンライン開催
    サイエンスらいおんカフェ第98回... @ オンライン開催
    5月 16 @ 10:00 – 12:00
    サイエンスらいおんカフェ第98回(岡部祥太さん) @ オンライン開催 | 宇都宮市 | 栃木県 | 日本
    ■5月の話題提供者: 岡部祥太 さん(自治医科大学 医学部生理学講座 助教) PDFチラシ ▼テーマ:ロボットに心はあるのか?~対話で紡ぐソーシャルロボットの世界~ ▼5月16日(日)10:00-12:00 ▼開催場所:オンライン開催(zoom利用) ▼参加費:無料 ▼定員:30名 2021年3月13日オンライン開催の公開シンポジウム関連カフェの第6弾です。 自治医科大学では今年度、 JST-RISTEX 科学技術の倫理的・法的・社会的課題への包括的実践研究開発プロジェクト「技術構成主義」に立つ「生と死」をめぐる倫理の分析と社会的議論の啓発に向けた企画調査 というプロジェクトを実施しており、技術死生学という分野にちなんだシンポジウムを予定しております。 今回のカフェも、このプロジェクトで開催するセミナーとの共催となります。 2月にもゲストにお越しいただいた岡部祥太さん。 前回は動物実験についてのお話をいただきましたが、その後のお話の中で、ソーシャルロボットの話題にも触れ、対話もしてみたい、ということで、今回は久々に哲学対話形式で開催します。 はじめに、岡部さんから簡単にソーシャルロボットに関する話題提供をいただき、その後は対話を重ねていく予定です。 当カフェの対話と言えば、老若男女ウェルカム。 今回も、小学生から大人まで、様々な方々にご参加いただけると盛り上がるかもしれません。 哲学対話が初めての方にもはじめに説明しますので、大丈夫です! 半年にわたってお送りしてきた技術死生学関連カフェも今回で一旦ピリオドを打ちます。 (もちろん今後も取り上げる可能性はありますよ^^) 栃木県内に限らず、全国どこからでもご参加可能ですので、皆様のご参加、お待ちしています。 [紹介文文責:藤平昌寿(とちぎサイエンスらいおん客員研究員)] ▼お申込み 今回からzoomでの登録フォーム申込となります。以下のフォームからお申込みください。 http://bit.ly/lioncafe98 登録後、zoom情報がメールにて届きますので、当日はそこからアクセスしてください。 締切は当日午前8時までです。 ご質問等は info@tochigi-lion.net でも受け付けます。

    View Calendar

  • Facebookページ


  • Twitter @tochigilion


  • エンジョイ!カガク!!2013レポート

  • アーカイブ