イベント開催報告 04

Published on 9月 26th, 2013 | by サイエンスらいおん事務局

0

2013年9月7日 観察会「土と肥料の微妙な関係」/栃木県立博物館

宇都宮大学農学部附属農場にて、「土と肥料の微妙な関係」と題した稲の観察会が行われました。この観察会に先立って、6月1日に「生きている土~その世界を探る~」という観察会が行われており、その際に土の役割や土と土壌生物の関係について学び、田植え体験を行いました。今回の観察会はその続きとして、土のはたらきによって苗がどのように成長したのかを観察し、土の力を実感するということが目的です。
講師は前回同様、宇都宮大学農学部の平井英明先生にお世話になりました。前回植えた苗1株(米3粒から1株)から何粒のお米ができているでしょうか?実際に数えてみました。その数はなんと、1500粒!なんと元の500倍にもなったのです。しかも、これは肥料も何も加えずに土の力だけで育てた結果です。その後、1人が1年間に食べる米を作るために必要な面積を計算しました。その結果に参加者一同びっくり!
この観察会を通して、私たちの食生活を支えるためにどれほどの土地にお世話になっているかを実感することができました。

01 02
6月に植えた時には小さかった苗が…            こんなに大きく成長しました!

03 04
お米は何粒?                           1人が1年間食べる米を作るのに必要な土地は…?

 

Tags:




Comments are closed.

Back to Top ↑
  • イベントカレンダー

    2月
    10
    2018
    14:00 とちぎサイエンスらいおん第6回公... @ 帝京大学宇都宮キャンパス
    とちぎサイエンスらいおん第6回公... @ 帝京大学宇都宮キャンパス
    2月 10 @ 14:00 – 17:00
    [ポスターは間もなく掲載予定です] 第6回目を迎えるサイエンスらいおん公開シンポジウム。 今回は「深海」をテーマに、海洋研究開発機構の山本正浩氏による基調講演をはじめ、県内で活躍している方々による一般講演、会場を交えてのトークセッションなどを予定しております。 また、終了後にはロビーにて意見交換会も予定しております。奮ってご参加ください。 ■主催 とちぎサイエンスらいおん・帝京大学 ■後援(予定) 栃木県教育委員会、一般社団法人栃木県商工会議所連合会、栃木県商工会議所連合会、栃木県中小企業団体中央会、公益社団法人栃木県経済同友会、一般社団法人栃木県情報サービス産業協会、大学コンソーシアムとちぎ、公益財団法人栃木県産業振興センター、株式会社下野新聞社、株式会社とちぎテレビ、株式会社栃木放送、株式会社エフエム栃木 ■日時 2018年2月10日(土) 14:00~17:00 ■会場 帝京大学宇都宮キャンパス 地域経済学科棟大講義室 ■プログラム予定 13:30 開場 14:00 開演 ▽開会挨拶 ▽とちぎサイエンスらいおん紹介 ▽基調講演 「深海の海底温泉の世界:「地球を食べる生態系」と「生命の起源」」 国立研究開発法人 海洋研究開発機構 研究員 山本 正浩 氏 ▽ブレイクタイム ▽一般講演 「栃木県は太古に海底だった」 河野 重範 氏 (栃木県立博物館 研究員) 「微細藻類の過去と未来」 篠村 知子 氏 (帝京大学理工学部 教授) ▽トークセッション ▽閉会挨拶 17:00 終了予定・意見交換会 ■お申込み 受付開始まで、しばらくお待ちください。

    View Calendar

  • Facebookページ


  • Twitter @tochigilion


  • エンジョイ!カガク!!2013レポート

  • アーカイブ