イベント開催報告 2013-08-31 11.59.51

Published on 9月 1st, 2013 | by サイエンスらいおん事務局

0

2013年8月31日 「プラザのつどい」とちぎ産業創造プラザ開設10周年記念事業/プログラムライブラリ

※本イベントは、プログラムライブラリを利用して実施されました。

8月31日の日曜日、宇都宮市ゆいの杜にある、とちぎ産業創造プラザで開設10周年を記念したイベント「プラザのつどい」が開催されました。
燃料電池自動車、電気自動車の展示・試乗ブース、RC飛行艇のデモ飛行ブース、航空宇宙関係模型の展示ブースなど、様々なブースが出展する中「ロボットを動かしてみよう」のブースは、サイエンスらいおんプロジェクトの「プログラムライブラリ」から提供していたため、ちょっと覗いてきました。
ブースを覗いてみると、子供たちがロボットに群がり、興味津々。リモコンで動く、蜘蛛型ロボット。タブレット端末を指でなぞって転がす、ボール型ロボット。カメラが搭載されていて、ロボット視点の映像をタブレットで見ながら操縦できる、戦車型ロボット。親子で一緒になってわいわいしながらロボットを動かしていました。目をキラキラさせながらロボットを操る子ども達を見ながら、こうした中から未来の科学者が出てくるんだろうなぁと、しみじみ感じました。
他にも、未来の技術を思わせるたくさんのブースがあり、来場した親子や地域の方々にとって、科学をとっても身近に感じられる数少ない機会となったようでした。

2013-08-31 11.51.28 2013-08-31 11.59.37

2013-08-31 11.59.51 2013-08-31 11.53.13

 

 

Tags:




Comments are closed.

Back to Top ↑
  • イベントカレンダー

    2月
    10
    2018
    14:00 とちぎサイエンスらいおん第6回公... @ 帝京大学宇都宮キャンパス
    とちぎサイエンスらいおん第6回公... @ 帝京大学宇都宮キャンパス
    2月 10 @ 14:00 – 17:00
    [ポスターは間もなく掲載予定です] 第6回目を迎えるサイエンスらいおん公開シンポジウム。 今回は「深海」をテーマに、海洋研究開発機構の山本正浩氏による基調講演をはじめ、県内で活躍している方々による一般講演、会場を交えてのトークセッションなどを予定しております。 また、終了後にはロビーにて意見交換会も予定しております。奮ってご参加ください。 ■主催 とちぎサイエンスらいおん・帝京大学 ■後援(予定) 栃木県教育委員会、一般社団法人栃木県商工会議所連合会、栃木県商工会議所連合会、栃木県中小企業団体中央会、公益社団法人栃木県経済同友会、一般社団法人栃木県情報サービス産業協会、大学コンソーシアムとちぎ、公益財団法人栃木県産業振興センター、株式会社下野新聞社、株式会社とちぎテレビ、株式会社栃木放送、株式会社エフエム栃木 ■日時 2018年2月10日(土) 14:00~17:00 ■会場 帝京大学宇都宮キャンパス 地域経済学科棟大講義室 ■プログラム予定 13:30 開場 14:00 開演 ▽開会挨拶 ▽とちぎサイエンスらいおん紹介 ▽基調講演 「深海の海底温泉の世界:「地球を食べる生態系」と「生命の起源」」 国立研究開発法人 海洋研究開発機構 研究員 山本 正浩 氏 ▽ブレイクタイム ▽一般講演 「栃木県は太古に海底だった」 河野 重範 氏 (栃木県立博物館 研究員) 「微細藻類の過去と未来」 篠村 知子 氏 (帝京大学理工学部 教授) ▽トークセッション ▽閉会挨拶 17:00 終了予定・意見交換会 ■お申込み 受付開始まで、しばらくお待ちください。

    View Calendar

  • Facebookページ


  • Twitter @tochigilion


  • エンジョイ!カガク!!2013レポート

  • アーカイブ