イベント開催報告 生物工学棟_DNA抽出体験_ 01

Published on 8月 26th, 2013 | by サイエンスらいおん事務局

0

2013年8月24日 第30回農業試験場公開デー/栃木県農業試験場

2013年8月24日、栃木県農業試験場にて「第30回農業試験場公開デー」が開催されました。

栃木県農業試験場は年に一度の公開デーを開催しています。今年は第30回節目の開催であり、栃木県誕生140年にもあたります。そこで、過去から現在までの農業技術の変遷や研究の進展を回顧し、将来の研究についても展望しました。昨年に引続き、事務局ではプロジェクト紹介のブース出展を行いました。

来場者は親子や家族連れなども多く、また常連客も多いとのことで、地域に根付いたイベントになっていることを実感しました。
イベントは、DNA抽出・組織培養体験・などの生物工学的なものから、水稲・花卉・果樹などの植物研究、麦わら細工や水田探検など、子どもにもわかりやすい体験まで幅広く扱っており、広大な敷地内にて飽きのこない構成となっていました。
会場は屋外でしたが、暑すぎず、雨も降らなかったので、過ごしやすいイベントでした。
農産品や食べ物の販売がやはり人気で、梨や卵はあっという間に売り切れていました。
果樹園前では、なしの新品種「おりひめ」の試食が行われ他品種との食べ比べをすることができました。
生物工学棟では震災後に試験場に導入された放射性物質測定装置を見学することができました。ここでは普段県内で生産されているイチゴや茄子、ホウレンソウなどの様々な農産物の放射能量を測定していました。
また、会場ではスタンプラリーが行われ、農業試験場の様々な知識を勉強しながら、広い敷地を巡る姿もたくさん見られました。

サイエンスらいおんパネル_02 ふれあい広場_かんぴょうむき体験

生物工学棟_DNA抽出体験_ 01 生物工学棟_放射性物質測定装置の紹介_01

田んぼの生き物探検隊_01 果樹園前_なし新品種「おりひめ」

Tags:




Comments are closed.

Back to Top ↑
  • イベントカレンダー

    2月
    10
    2018
    14:00 とちぎサイエンスらいおん第6回公... @ 帝京大学宇都宮キャンパス
    とちぎサイエンスらいおん第6回公... @ 帝京大学宇都宮キャンパス
    2月 10 @ 14:00 – 17:00
    [ポスターは間もなく掲載予定です] 第6回目を迎えるサイエンスらいおん公開シンポジウム。 今回は「深海」をテーマに、海洋研究開発機構の山本正浩氏による基調講演をはじめ、県内で活躍している方々による一般講演、会場を交えてのトークセッションなどを予定しております。 また、終了後にはロビーにて意見交換会も予定しております。奮ってご参加ください。 ■主催 とちぎサイエンスらいおん・帝京大学 ■後援(予定) 栃木県教育委員会、一般社団法人栃木県商工会議所連合会、栃木県商工会議所連合会、栃木県中小企業団体中央会、公益社団法人栃木県経済同友会、一般社団法人栃木県情報サービス産業協会、大学コンソーシアムとちぎ、公益財団法人栃木県産業振興センター、株式会社下野新聞社、株式会社とちぎテレビ、株式会社栃木放送、株式会社エフエム栃木 ■日時 2018年2月10日(土) 14:00~17:00 ■会場 帝京大学宇都宮キャンパス 地域経済学科棟大講義室 ■プログラム予定 13:30 開場 14:00 開演 ▽開会挨拶 ▽とちぎサイエンスらいおん紹介 ▽基調講演 「深海の海底温泉の世界:「地球を食べる生態系」と「生命の起源」」 国立研究開発法人 海洋研究開発機構 研究員 山本 正浩 氏 ▽ブレイクタイム ▽一般講演 「栃木県は太古に海底だった」 河野 重範 氏 (栃木県立博物館 研究員) 「微細藻類の過去と未来」 篠村 知子 氏 (帝京大学理工学部 教授) ▽トークセッション ▽閉会挨拶 17:00 終了予定・意見交換会 ■お申込み 受付開始まで、しばらくお待ちください。

    View Calendar

  • Facebookページ


  • Twitter @tochigilion


  • エンジョイ!カガク!!2013レポート

  • アーカイブ