過去のお知らせ lion-sympo

Published on 10月 21st, 2012 | by サイエンスらいおん事務局

0

サイエンスらいおん発足記念 公開シンポジウムを開催します

2012年7月に発足した「とちぎサイエンスらいおんプロジェクト」は、栃木県内において、「科学技術コミュニケーションネットワークの構築」、 「科学技術イベントの開催」、「科学技術プログラムの提供」、「サイエンスコミュニケータの育成」を重点に活動しています。

その発足を記念し、第1回目のシンポジウムを開催いたしますので、皆様ふるってご参加ください。
入場は無料です。※下部のフォームよりお申し込みください。

 

【日時】
平成 24 年 11 月 23 日(金・祝)14:00~16:40
【場所】
帝京大学宇都宮キャンパス 地域経済学科棟 大講義室

<招待講演>
「粘菌に学ぶネットワークと情報処理」
公立はこだて未来大学 システム情報科学部
教授 中垣 俊之

演者プロフィール:
公立はこだて未来大学教授。専門は複雑系知能科学。「粘菌が迷路の最短経路を解く」、「粘菌が関東圏の鉄道網を設計する」という論文 で話題を呼ぶ。2008年、イグ・ノーベル賞(認知科学賞)受賞(写真)。2009年、NHKテレビ「爆笑問題のニッポンの教養」に出演。

<パネルディスカッション>
「市民参加型の科学技術イベントとコミュニケーションネットワークの構築」
パネリスト:
公立はこだて未来大学 システム情報科学部 教授 中垣 俊之
下野新聞社 くらし文化部 デスク 早川 茂樹
栃木県総合教育センター 研究調査部 主幹 大森 亮一
株式会社バンテック 専務取締役 鈴木 大介
宇都宮大学 工学部 教授 横田 和隆
帝京大学 理工学部 准教授 渡辺 博芳
司会 :
帝京大学 理工学部 教授 井口 義夫

<プログラム>
13:30〜 開場
14:00〜 開会挨拶 (帝京大学 理工学部長 増井 浩昭)
14:05〜 招待講演:「粘菌に学ぶネットワークと情報処理」
(公立はこだて未来大学 システム情報科学部 教授 中垣 俊之)
15:15〜 プロジェクト説明
(帝京大学 理工学部 准教授 渡辺 博芳)
15:30〜 パネルディスカッション:
「市民参加型の科学技術イベントとコミュニケーションネットワークの構築」
16:35〜 閉会挨拶(栃木県総合教育センター 所長 金井 正)
16:40     終了予定

<実施体制>
主催:帝京大学
後援(予定):栃木県教育委員会、一般社団法人栃木県商工会議所連合会、栃木県商工会連合会、栃木県中小企業団体中央会、 公益社団法人栃木県経済同友会、栃木県情報サービス産業協会、大学コンソーシアムとちぎ、公益財団法人栃木県産業振興センター、 株式会社下野新聞社、株式会社とちぎテレビ、株式会社栃木放送、株式会社エフエム栃木

<参加お申込みはこちらから>




Comments are closed.

Back to Top ↑
  • イベントカレンダー

    7月
    11
    2020
    10:00 サイエンスらいおんカフェ第88回... @ zoom上(リモート開催)
    サイエンスらいおんカフェ第88回... @ zoom上(リモート開催)
    7月 11 @ 10:00 – 12:00
    サイエンスらいおんカフェ第88回(藤平昌寿さん) @ zoom上(リモート開催) | 宇都宮市 | 栃木県 | 日本
    ■7月の話題提供者:藤平 昌寿(ふじひら まさとし)さん (帝京大学 とちぎサイエンスらいおん客員研究員) PDFチラシ ▼テーマ:科学と社会をつなぐ対話推理ゲーム ▼7月11日(土)10:00-12:00 ▼開催場所:zoom上(リモート開催) ▼参加費:無料 ▼定員:15名 皆様、大変ご無沙汰しております。 2月のらいおんカフェ以来、新型コロナウイルスの影響により休止しておりましたが、 7月より当面、リモートで復活することになりました。 初めての試みですが、全国どこからでもご参加いただけますので、 新たな出会いや発見もできるかな?と楽しみにもしております。 さて、復帰第1弾は、対話による科学推理ゲームをリモートでご紹介、体験いたします。 今年年初に出版されました「残された酸素ボンベ」という書籍です。 表紙には 「主体的・対話的で深い学びのための科学と社会をつなぐ推理ゲームの使い方」 と副題が打たれております。 今回の案内人は不肖・わたくしが務めます。 実は2月上旬に開催されました、筆者らによるワークショップにも参加してきました。 少人数のグループに分かれ、1人が出題者、他のメンバーは回答者になります。 出題者は予め記載されている科学にまつわる問題を口頭で伝え、 それに対して回答者が疑問を次々と出題者に投げかけます。 出題者だけは答えを知っているので、その疑問に対してYes・Noで答えていくことにより、 回答者たちは答えを推理していく・・・・という対話型ゲームです。 詳しくは、カフェの場でお話いたします。 このゲームが初めての方はもちろん、既に知っている方や体験済みの方もご参加いただけます。 その方々には、グループワーク時に出題のお手伝いをお願いするかもしれません。 また、初めての方は、書籍をすぐに購入する必要はございません。 むしろ新鮮な感覚でご参加いただき、体験後にご購入いただけると、終了後もさらに楽しめます。 zoomでの開催が初めてですので、接続に不安な方もいらっしゃるかもしれません。 事前に接続テストをすることが可能です。 お申し込みの際、接続テスト希望とお書き添えください。 日時調整の上、接続確認をさせていただきます。 というわけで、お近くの方も、そうでない方も、ぜひお気軽にご参加ください。 久しぶりに皆さんにお会いできるのを楽しみにしております。 [紹介文文責:藤平昌寿(サイエンスらいおん客員研究員)] ▼お申込み 今回はメールにてお申込みください。(7/10 17時締切) (お名前・お電話番号・年齢をお書き添えください。また、携帯アドレスの場合は返信メールが届くようご設定ください。) ※zoomの事前接続テストをご希望の方は、その旨をお書き添えください。開催直前のお申込みの場合は、テストができないこともございますので、ご了承ください。 ※当日朝までに、zoomの入室URLを申込メール宛にお送りいたします。 info@tochigi-lion.net

    View Calendar

  • Facebookページ


  • Twitter @tochigilion


  • エンジョイ!カガク!!2013レポート

  • アーカイブ